logo

トリンプ・インターナショナル・ジャパンと出店契約を締結 2016年12月5日(月)より、『豌豆公主(ワンドウ)』にて商品販売を開始

Inagora株式会社 2016年12月05日 17時07分
From PR TIMES

リンク

 中国向け越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を運営する、Inagora(インアゴーラ)株式会社(代表取締役:翁 永飆 所在地:東京都港区 以下「インアゴーラ」)と、日本の人気下着ブランド「AMO’S STYLE by Triumph」を展開するトリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社(代表取締役社長:土居健人 所在地:東京都 中央区 以下「トリンプ」)は、出店契約を締結し、2016年12月5日(月)より、『豌豆公主(ワンドウ)』にて商品の販売を開始したことをお知らせいたします。



 中国展開が初となる「AMO’S STYLE by Triumph」は、SPA型の直営店スタイルをとっており、消費者のニーズをタイムリーに把握し、店頭商品に反映させることで、日本国内でのブランド価値を高めてきました。この度の中国展開にあたり、中国の消費者の最新のニーズを把握しているだけでなく、1つ1つの商品の良さをコンテンツを活用して多角的に紹介しながら販売できる『豌豆公主(ワンドウ)』のサービスを高く評価いただき、出店契約を締結する運びとなりました。

 『豌豆公主(ワンドウ)』は日本の商品に特化した中国向けの越境ECプラットフォームであり、初期費用や固定費が無料のため、低コストで出店できるのが特徴です。『豌豆公主(ワンドウ)』によって、中国で既に人気のアイテムから、中国ユーザーの認知度が低い商品まで、アプリ内のSNS機能(プリンセストーク)やコンテンツを通じて、より浸透させていくことができます。中国向けのコンテンツ制作や物流などは『豌豆公主(ワンドウ)』が全て代行するため、日本の売り手側は商品とその情報を提供するだけで、巨大な中国のマーケットに進出することが可能となります。また、中国の大手ECプラットフォーム「淘宝」「小紅書(RED)」「考拉(Kaola)」等の他社チャネルとの連携も行っているため、「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」に商品情報を登録し出店するだけで、『豌豆公主(ワンドウ)』のみならず複数のプラットフォームを通じて中国国内へ展開することも可能となります。

 2016年12月5日(月)より『豌豆公主(ワンドウ)』の様々なコンテンツ PGC(※1) やUGC(※2)を通じて、約1000SKUの商品を季節やライフスタイルに合わせて提案し、ユーザーの満足度の極大化を図るともに、将来的に扱い品目の増加を目指します。
※1:編集部によるトピックス=企業HPやブランド紹介ページ、編集部制作の記事・動画コンテンツ等  
※2:ユーザーによるコメント=ユーザー口コミ情報、サンプリング結果等

 インアゴーラは、今後も良質な日本企画“商品”と日本のライフスタイル“情報”を提供し続けることで、No.1の越境ECプラットフォームとなることを目指しております。

■「AMO’S STYLE by Triumph」について
 どんな時も、いくつになっても、可愛く輝く私でいたいから。好きなテイストやライフスタイルが変わっても、自分らしい魅力を大切に、それを毎日楽しんでいられる私でいたい。AMO’S STYLE by Triumphは、デザインだけでなく素材や機能性にまでこだわりの詰まった、デイリーから特別な日まで楽しめる充実のラインナップ。気分やなりたい自分に合わせて、ファッションアイテム感覚で選べます。下着メーカー・トリンプならではのたしかな品質で、オシャレを賢く楽しむ女心を満たします。

■『豌豆公主(ワンドウ)』について
中国ユーザー向け唯一の日本商品特化型ショッピングアプリとして2015年8月のリリース以来、流通総額を急成長させております。取り扱い商品数は中国で既に人気のアイテムから中国ユーザーの認知度が低い商品まで約10,000商品で、多岐にわたったカテゴリの商品を取り揃えております。中国ユーザーに日本商品や企業ブランドの魅力を伝え、日本のライフスタイルを提案する多角的なコンテンツ(PGC※1)や、アプリ内のSNS機能(UGC※2 =プリンセストーク)を通じて拡散できる点が特徴です。
※1:編集部によるトピックス=企業HPやブランド紹介ページ、編集部制作の記事・動画コンテンツ等
※2:ユーザーによるコメント=ユーザー口コミ情報、サンプリング結果等

■中国向け越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」について
 日本企業と中国の消費者を直接結ぶB to B to Cの越境ECプラットフォームで、日本企業が海外進出時に悩む全ての課題となる「情報の越境」「物流の越境」「決済の越境」すべてを解決する、ワンストップソリューション型プラットフォームです。
 日本企業と中国人ユーザー双方の様々な需要を柔軟に汲みとるため、日本企業と「出店」「仕入れ」「独占販売」の3モデルにて提携し、いずれも当社が初期費用・固定費ゼロで中国ユーザー向けに商品の翻訳、物流、決済、マーケティング、顧客対応などの全作業を代行するため、日本企業は当社の日本国内倉庫に商品を配送するだけで、巨大な中国市場に進出することができます。また、当社は中国大手ECプラットフォーム「淘宝」「小紅書(RED)」「京東(JD.com)」「考拉(Kaola)」等と業務提携をしているため、日本企業が当社と契約するだけで、『豌豆公主(ワンドウ)』以外のユーザーに対しても、自社ブランドと商品を効率的に訴求することも可能です。

▼ビジネスモデル図

[画像: リンク ]


■トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社 概要
本社所在地 :東京都中央区築地5-6-4 浜離宮三井ビルディング
会社設立 :1964年10月10日
代表取締役 :土居健人
URL :リンク

■Inagora株式会社 概要
本社所在地 :東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ16F
会社設立 :2014年12月15日
代表取締役 : 翁 永飆
URL :リンク

Inagora株式会社は、キングソフト株式会社 代表取締役 翁永飆と、美容家でありMNC New York株式会社 代表 山本未奈子により、2014年12月に設立されました。「ショッピングに国境はない。」という考えのもと、良質な日本製商品をライフスタイル情報とともに提供できる、中国向け越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を構築しております。「情報の越境」「物流の越境」「決済の越境」という3つの課題全てを解決できるワンストッププラットフォームを通じて、ブランドストーリーや口コミによるユーザー評価、商品の使い方やライフスタイル提案等の「情報」とともに「モノ」を越境させ、中国人ユーザーに良質な日本製商品を提供し続けて参ります。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事