logo

コンカーが中国でビジネスを拡大

Concur 2016年12月02日 10時33分
From 共同通信PRワイヤー

コンカーが中国でビジネスを拡大

AsiaNet 66666(1528)

【北京2016年12月1日PR Newswire=共同通信JBN】
*China DataCom Corporationと連携したコンカーの中国での拡大は、出張・経費(T&E)プロセスのローカライゼーションとグローバリゼーション、デジタル・トランスフォーメーションで企業を支援する

SAP(NYSE: SAP)傘下の企業で、総合的な出張・経費管理ソリューションで世界をリードするコンカー(Concur、リンク )は、中国で多国籍企業をサポートできる唯一の総合的な出張・経費管理プロバイダーである。中国市場に関わり続ける方針の一環としてコンカーは、China DataCom Corporation Limited(CDC)との戦略的提携を発表した。CDCは中国の通信会社China Communications Services Corporation LimitedとSAPの合弁会社である。コンカーが進める中国拡張計画は中国企業への国内外経費管理ソリューションの提供を重視しており、今回の提携はこの計画を後押しする。提携は企業の出張・経費管理を改善するだけでなく、完全な出張の策定を可能にし、急速に成長する中国のビジネス旅行市場でイノベーションの新時代を開く。

Photo - リンク
Logo - リンク

今日、中国は世界最大のビジネス旅行市場である。グローバルビジネストラベル協会(GBTA)の調査によると、その市場規模は2015年に2912億ドルに達した。前年比で11.4%伸び、米国市場の2898億ドル(注1)を上回った。さらにクラウドコンピューティングやビッグデータ、モバイルテクノロジーなど新技術の採用・拡大は、組織的成長や買収による拡大を続ける中国企業に事業のデジタル化を促している。

コンカーは中国のマーケットプレースに取り組むため、多くの中国企業に役立てるサーバーを設置する。中国拡張計画への投資は、急成長する中国の多国籍企業の多くに総合的な出張・経費管理サービスを提供しようという同社の意気込みの表れである。その柱となるのは、

*ローカライゼーション:中国ビジネス向けに仕立てたコンカーの経費管理サービスは、付加価値税(VAT)フォーム要件などの規制を含む中国の財務管理方針への準拠を確かなものにする。コンカーはCtrip(リンク )やDiDi Chuxingといった革新的な中国企業とも提携しており、特に中国でのビジネス旅行に特化した総合的な出張・経費管理ソリューションを提供する。

*グローバリゼーション:コンカーは20年以上のグローバルな実績があり、それによって中国企業に貴重な知識を与えている。国際的あるいは国内の法制度にかかわるこの実績によって、中国企業は国際的に成長する中でコンプライアンス(法令順守)と効率的な経費管理が達成できる。コンカーは多くのさまざまな国際企業パートナーとも連携し、海外に旅行する従業員の注意義務の確保や海外からのVAT払い戻しの回収の支援など、海外の経費管理事務の軽減において企業を支援する。

*デジタル・トランスフォーメーション:コンカーによって中国企業は多くの財務処理をデジタル化できる。デジタル化で企業は人為的ミスを減らし、効率を高める効果が期待できる。コンカーは従業員の支出を集め、幹部や会計チームにいつでも、どこでも有益なリポートを送る。こうしたリポートは出張の承認や旅行予約、従業員の経費、クレジットカード利用データを、単一の統合システムに取り込む。その結果従業員の支出が総合的に把握できるようになり、企業は適切な経費管理方法の実行が可能になる。コンカーはさらに、クラウドコンピューティングやビッグデータ、モバイルテクノロジーの革新的な技術を企業の財務管理に取り入れ、財務刷新の加速に貢献する。

コンカーのグローバル・プレジデントであるマイク・エバーハード氏は「中国は巨大な市場チャンスそのもの。われわれは中国の多国籍企業へのサービスをさらに広げていきたい。China DataCom Corporationによって当社は、中国企業にクラウドで最高の出張・経費管理サービスを提供できる。これは始まりにすぎず、コンカーは今後もローカライゼーションとグローバリゼーション、デジタル・トランスフォーメーションへの投資を続け、CDCやほかのパートナーとも協力して中国企業を国内外でサポートしていく」と語った。

China DataCom Corporationのゼネラルマネジャーであるチェン・シャオミン氏は「SAPとChina Communications Services Co., Ltd.の合弁会社であるCDCは、安全で標準化され効率的なクラウドサービス・システムを動かす中国で重要なクラウド・サービス・プロバイダーである。今回の提携を通してわが社は、コンカーのクラウドベースの製品がより多くの中国企業に対して、世界で先進的なアプリケーションと一流のローカル版サービスを届けることを実現する」と述べた。

▽コンカー(Concur)について
SAP傘下企業のコンカーは、世界が機能すべき方法をイメージし、出張・経費の管理を容易にするクラウドベース・サービスを提供する。コンカーはデータ、アプリケーション、人々をつなぐことによって、苦労を伴わない体験に加え、いつでもどこでも発生した出費に対する完全な透明性を提供する。コンカーのサービスは個別の従業員の好みに適応し、小規模から大規模までの企業のニーズを満たすように調整する。このため、企業は業務にとって最も重要なことに注力することが可能となる。コンカーに関する詳細情報はwww.concur.cn を参照。

(注1)GBTA BTI Outlook - China 2016H2, GBTA Foundation, October 2016

▽問い合わせ先
concur@edelman.com

ソース:Concur

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。