logo

事業拡大を目的としてニューホライズンキャピタル株式会社への株式譲渡を決定

株式会社SnSnap(エスエヌスナップ) 2016年12月01日 11時31分
From PR TIMES

集客やプロモーションに効果的なSNSフォトプリントサービス「#SnSnap」をはじめ、様々なO2Oマーケティングサービスを提供する株式会社SnSnap(本社:東京都渋谷区、共同創業者兼代表取締役 CEO:西垣 雄太、以下「SnSnap」)は、ニューホライズンキャピタル株式会社(本社 東京都港区、取締役会長兼社長 安東泰志、以下「NHC」)が管理運営するニューホライズン2 号投資事業有限責任組合(NH-2)からの投資の実行に向け、株式譲渡契約を平成28年11月18日に締結致しましたことを報告いたします。



 本件は、NHCの豊富な経営ノウハウを生かした支援を受けることで、急成長を遂げているSnSnapの事業拡大を目的としたものです。エンジニアの採用による開発チームの強化、経験豊富なビジネス人材獲得によるビジネス領域の拡大等の取り組みに投資いたします。

■SnSnapの主なサービス
~「リアル×デジタルで新たな体験とマーケティングを創出する」~

1. SNSフォトプリントサービス「#SnSnap(エスエヌスナップ)」
 店舗への来店者やイベントの来場者が会場での模様をスマートフォンで撮影し、指定の#(ハッシュタグ)をつけてSNS(facebook、twitter、Instagram、Google+) へ投稿すると、設置された機械によりオリジナルデザインのカードやステッカーに写真をプリントし記念としてお持ち帰りいただけるサービスです。
2015年7月のサービスローンチから約1年半で350件以上のイベントや店舗施策へ導入していただきました。
[画像1: リンク ]



2. オリジナル写真・動画を撮影できる「#MirrorSnap(ミラースナップ)」
 店舗やイベント会場に設置された機械でオリジナルスタンプやフレーム付きの写真や動画の撮影ができ、メールアドレスや電話番号リアルタイムで撮影データを送ることができるサービスです。


[画像2: リンク ]


3. 広告サービス「#REALAD(リアラド)」
 オフラインで獲得した顧客(過去、「#SnSnap」を使用したことがある人)に対して、SNS上でリターゲティング広告を配信できるサービスです。
[画像3: リンク ]


■NHCについて
 一方、NHCは企業支援のプロを多数擁する独立系プライベート・エクイティファンドで、 02年2月に創業した前身のフェニックス・キャピタル時代から06年10月の会社分割を経て通算13年超の実績(独立系ファンドとしては最大規模の累積運用資産総額2,500億円超)があります。その実績を背景に、NHCの会長兼社長である安東泰志氏をはじめとするNHC のチームメンバーは、エクイティー投資先全体で90 社以上という日本随一の投資先企業支援の実績を有しています。

 SnSnapは、NHCの経営ノウハウと資本のサポートによって、事業の更なる成長と経営理念の実現へと邁進してまいります。

【株式会社SnSnap】
所在地:東京都渋谷区渋谷2-17-3 渋谷アイビスビル 303号
代表者:共同創業者兼代表取締役 CEO 西垣雄太
業務内容:O2Oマーケティングサービス、デジタルサイネージ、広告事業、サイト開発
本件に関するお問い合わせ先:pr@snsnap.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。