logo

2,012名の95.9%が「がんの臨床試験(治験)情報は必要」と回答。がん情報サイト「オンコロ」が「がんの臨床試験(治験)に関する意識調査」のレポート提供を開始。

クロエグループ 2016年11月29日 15時00分
From PR TIMES

~がん患者やその家族、医師・医療者、製薬企業、一般市民他、2,012名に対する意識調査~

株式会社クリニカル・トライアルが運営するがん情報サイト「オンコロ(リンク)」にて、「がんの臨床試験に関する意識調査」のレポート提供を開始いたしました。本レポートは、認定NPO法人キャンサーネットジャパンを主体に実施され、同法人のホームページに掲載されている調査結果に調査対象者分類の詳細化と定性データを新たに追加し、がん情報サイト「オンコロ」が再編集したものとなります。



2016年現在、日本で実施されている臨床試験(治験)は約700~800試験と推定され、そのうちの約250~300試験が「がん患者」を対象とした試験です。これらの臨床試験(治験)は円滑に進まないことも多く、その要因の一つとして被験者不足があげられます。一方でがんの臨床試験(治験)への参加を希望する患者は少なくありません。こうした矛盾の原因は、試験参加条件の複雑化、臨床試験(治験)の啓発不足、治験実施医療機関の受け入れ態勢、関連法規等、様々な要因が推測されます。

本調査は、がんの臨床試験(治験)について医療者、患者・家族及び製薬企業等、それぞれの立場の方がどのような意識を持っているのかを調査することにより、そのギャップを確認し、臨床試験を円滑に進めるための課題を明確化することを目的としています。回答者は、がん患者とその家族、医師・看護師・薬剤師などの医療従事者、製薬企業関連や一般市民など2,012名に上ります。


本調査によると全回答者の多くの方が、がんの臨床試験(治験)の必要性を認識しており、臨床試験(治験)は治療選択肢の一つであると回答しています。また回答者の95.9%が「がんの臨床試験(治験)情報は必要」と回答し、85.9%の方ががんの臨床試験の情報を知りたいとしています。がんに関わる全てのステークホルダーが、がんの臨床試験(治験)情報を求めており、情報取得をできる手段が求められています。詳しい内容はがん情報サイト「オンコロ」よりご覧ください。

【調査レポートダウンロード】
URL:リンク

【調査概要】
実施期間:2016年5月10日~6月9日
対象者:認定NPO法人キャンサーネットジャパンホームページ及びがん情報サイト『オンコロ』にて募集し、回答された方。
総回答数:2,012名
調査方法:インターネットアンケート
実施:株式会社クリニカル・トライアル(がん情報サイト『オンコロ』)、NPO法人キャンサーネットジャパン、西日本がん研究機構(WJOG)、日本臨床腫瘍学会(JSMO14th)、一般社団法人日本臨床試験学会(JSCTR)、中央大学理工学部 生物統計学研究室
報告書作成:株式会社クリニカル・トライアル(がん情報サイト『オンコロ』)

【調査内容】
1.背景:Q2~Q7
2.がんの種類とステージ:Q8,Q9
3.家族歴:Q10
4.がんに関する情報収集:Q11
5.立場別臨床試験(治験)意識:Q12~Q32

【レポートより抜粋】
Q12-2.がんの臨床試験(治験)についてあなたのイメージを教えてください。(N=2,102)
[画像1: リンク ]

臨床試験(治験)は必要なことであると思っていた方は全体で95.9%と非常に高かった。また医療提供側である「医師」(80.6%)「薬剤師」(81.6%)「製薬企業勤務」(86.6%)では「とてもそう思う」という回答率が高かった。


Q12-9.がんの臨床試験(治験)についてあなたのイメージを教えてください。(N=2,102)
[画像2: リンク ]
全体では「とてもそう思う+そう思う」(85.9%)となり、多くの方が臨床試験は治療選択肢の一つであると思っていた。立場別の傾向としては医療提供側である「医師」(41.7%)「薬剤師」(39.5%)「製薬企業勤務」(40.3%)「CRO」(48.8%)「CRC」(41.8%)で「とてもそう思う」という回答が多かった。


Q13.あなたはがんの臨床試験(治験)の情報を欲しいと思いますか。※患者(N=764)
Q15.あなた自身ががんに罹患した場合、臨床試験(治験)の情報を欲しいと思いますか。※患者以外(N=1,290)

[画像3: リンク ]

全体では「とてもそう思う+そう思う」(85.9%)が「そう思わない+全くそう思わない」(2.9%)を大きく上回った。立場別では「がん患者」は「とてもそう思う+そう思う」(82.1%)であった。また「どちらともいえない」は「看護師」(13.1%)「がん患者」(14.3%)「一般」(13.6%)で他の立場と比較して若干高いが、それについてはQ14「そう思う理由を教えてください」の回答から、「今は必要ではないから」といった、がんではない方、経過観察中や完治された方の回答があったためと考えられる。

【調査レポートダウンロード】
URL:リンク


【株式会社クリニカル・トライアルについて】
72万人の会員を有する治験特化型ヘルスケアサイト「生活向上 Web」を運営。このサイトを通じて日本の治験のスピードを向上すべく、被験者募集を支援してきました。さらに、2015年5月からがん情報サイト「オンコロ」を開設。がん分野の医療へ、情報分野から一石を投じるべく、治験情報公開をはじめとした様々な課題にチャレンジしております。グループ会社として、被験者募集特化型のCROである株式会社クロエがあります。詳しくは、株式会社クリニカル・トライアルのホームページをご覧ください。
株式会社クリニカル・トライアル:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事