logo

OGTが2016年度の販売・財務概要を発表

Oxford Gene Technology (OGT) 2016年11月24日 10時07分
From 共同通信PRワイヤー

OGTが2016年度の販売・財務概要を発表

AsiaNet 66620(1511)

【オックスフォード(英国)2016年11月23日PR Newswire=共同通信JBN】
*高度に統合した分子遺伝学製品のポートフォリオで大幅増収と持続可能な利益

分子遺伝学会社のOxford Gene Technology(OGT)(リンク )は23日、高度に統合した分子遺伝学製品ポートフォリオの好調な販売が続き、持続可能な利益の出る成長をもたらしたと発表した。9月30日までの年度の販売と財務に関する概要(ハイライト)によると、製品売上高は2015年度比29%増の1840万ポンドだった。

(Logo: リンク


*総売上高は15%増の1970万ポンド(2015年度:1710万ポンド)
*製品売上高は29%増の1840万ポンド(2015年度:1430万ポンド)
*高度に統合された製品ポートフォリオが持続可能な利益の伸びを生んでいる

OGTの傑出した業績は、革新的で高成長の分子遺伝学製品を開発する戦略の正しさを証明している。OGTの最高経営責任者(CEO)マイク・エバンス博士は「過去数年間に行った戦略的決断によって、わが社は、分子遺伝学の革新的な製品の開発に特化した効率的な利益を生む事業に取り組む企業に生まれ変わった。分子遺伝学製品の統合ポートフォリオに専念することが、商業活動による強い販売の伸びと利益の大幅増加を促進した」と語った。

販売概要

▽Cytocell(R)
遺伝病とがんに関わる遺伝子再構成を探知する蛍光インサイテュハイブリッド化(FISH)プローブは、市場の拡大を上回って伸びた。
*2桁成長は市場の伸びを上回り、市場シェアが拡大した(市場の伸びは7%)。
*OGTは最も広範なFISHプローブ製品を供給し、市場をリードするFISHプロバイダーの地位を維持している。
*肺がんと神経膠腫のための14種類以上の血液学プローブとCE-IVDマーク病理学プローブが加わり、Cytocell FISHプローブのポートフォリオがさらに拡大した(リンク )。

▽CytoSure(TM)
分子細胞遺伝学とがん、再生医療研究のための広範な製品は大きく成長し、世界で新しく採用する顧客が出てきた。
*最高水準のコピー数多型(CNV)探知で次世代シーケンシング(NGS)を補完する分子配列の開発を含むエクソン重視の戦略の成功により、顧客層が大幅に増加した。
*CytoSure Constitutional v3アレイの市場での採用が引き続き成功している
リンク )。CytoSure Constitutional v3 +LOHアレイを導入した(リンク )。これは発達障害の診断を高める最新のエビデンスベースのコンテンツを取り入れた唯一のアレイである。
*英国がスクリーニングプログラムで 新型出生前診断(NIPT)の採用を承認する見通しのため、CytoSureのNIPTがCEマーキング申請提出に近づいている。

▽SureSeq(TM)
遺伝子変異体を正確に突き止めるNGSライブラリー調製製品のポートフォリオが広がり、販売は増加し、柔軟なカスタマイズが焦点となっている。
*新製品開発への投資は、販売の伸びが高まり、今後も強力な販売が予定されていることの反映である。
*SureSeq myPanel(TM) NGS Custom Cancer Panelsの導入(リンク )は、同社の柔軟なカスタマイズ戦略と重要ながん遺伝子変異体診断の効率化を強化する。
*新しいカスタムパネルコンテンツと疾患パネルによるがんと希少疾患治療用のポートフォリオの拡大に近く着手し、開発を続ける。

エバンス博士は2017年を展望し、「今わが社のビジネスは持続可能な利益の伸びを重視し、将来戦略は分子医療市場のさらなる拡大に狙いを定めている。このアプローチの一環としてわが社は好評なカスタマイズプログラムを引き続き向上させ、広げていく。それはCytocell myProbes(R) (リンク )や SureSeq myPanel (リンク )、カスタマイズ可能なCytoSureアレイのコンテンツ
リンク )であり、それによってわが社は顧客に真に向き合い、OGTは競争相手を引き離す」と付け加えた。

CytoSure(TM) and SureSeq(TM): For Research Use Only; Not for Use in Diagnostic Procedures. Cytocell(R): Some products may not be available in your region.

ソース:Oxford Gene Technology (OGT)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事