logo

開催中のセガグループ初の共同イベント「セガフェス」 セガなま「セガフェス」出張版で『龍が如く』関連最新情報発表!!その模様をリポート

株式会社セガゲームス 2016年11月21日 11時12分
From PR TIMES

セガグループ初の共同イベント「セガフェス」が11月19日(土)20日(日)に行われました。
「セガフェス」では、「最新のセガは、これを見れば分かる!」とのコンセプトのもと、セガゲームス コンシューマ・オンライン カンパニーおよびセガネットワークス カンパニー、セガ・インタラクティブなどグループ各社の主要コンテンツの魅力をお伝えするステージ企画が実施されます。豪華ゲストの登場や注目作の新情報、趣向を凝らした各種企画など、見どころ満載のステージが11月19日(土)20日(日)の2日間に渡って、ベルサール秋葉原で行われます。昨日5時からセガなま ~セガゲームクリエイター名越稔洋の生でカンパイ~「セガフェス」出張版が行われました。番組MCはおなじみの名越稔洋氏(『龍が如く』シリーズ総合監督)、椿姫 彩菜さん(タレント)です。その模様をリポートします。



[画像1: リンク ]

毎月放送されていセガのゲーム情報バラエティ番組「セガなま ~セガゲームクリエイター名越稔洋の生でカンパイ~」が今回は「セガフェス」出張版としてメインステージで行われます。毎回様々なゲストを迎えて情報発信しているこの番組。今回の最初のゲスト『龍が如く6 命の詩。』ディレクターの阪本寛之氏です、
[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

<阪本ディレクターの『龍が如く6 命の詩。』尾道でのプレイでサブストーリーを紹介>
いままであまり実機プレイで紹介していないという「尾道仁涯町」でのプレイを披露していただきました。
町の再現率が高くてファンの方から「同じすぎてビックリ」とのコメントもいただいているそうです。
『龍が如く』シリーズのサブストーリーの充実度の高さは広く知られていますが、本作ではほぼ「フルボイス」で作ったとの事。まず最初に披露するサブストーリーは(架空の)尾道のゆるキャラ「小野ミチオくん」にまつわる話です。なんと「ミチオくん」に扮するのは主人公の桐生です!場内も爆笑です。
ストーリーの結末は実際にプレイして確かめて下さいね。

<2つ目のサブストーリーは「草野球」>
次に披露されたのは「草野球」です。桐生がタクシーを拾って行き先を野球場にするとイベント発生!
かなり本格的なシュミレーションゲームになってます。チャンスになると実際にバットを振ってボールを打てますよ!他にも本作から桐生が持っているスマホを使っての「自撮り」も披露されました。
「作り込みの濃度を感じて欲しい」(名越氏)

<『龍が如く6 命の詩。』お試し版発表!>
楽しい実機プレイの後に新情報『龍が如く6 命の詩。』お試し版が11月29日から配信されます。
お試し版でプレイしたデータは製品版に引き継ぎ可能です。嬉しいですね。
「『龍が如く6 命の詩。』のお試し版は製品版の序盤と全く同じ様に楽しめます。旧作をプレイした方も、初めて『龍が如く』をプレイする方も製品版の発売まで楽しんでいただきたい」(阪本氏)
ここで阪本氏が退席して二人目のゲストをお迎えします。
[画像6: リンク ]

<噂の配信ドラマ、タイトルは『龍が如く 魂の詩』監督は江口カン氏>
二人目のゲストは映画監督の江口カン氏です。初公開のトレーラーも上映されました。ゲームに負けない迫力ある映像に観客も見入っています。ストーリーも紹介されました。ドラマの舞台は「尾道」と「神室町」。ドラマには「桐生一馬」は出てこないが「桐生一馬」の名前は出てくる?気になりますね。10日後の配信が待ち遠しい!
[画像7: リンク ]

[画像8: リンク ]

[画像9: リンク ]

左から、名越氏、江口監督

<なんと実写版のキャストもゲストに登場!>
さらにここで実写版のドラマの主要キャストがドラマの雰囲気そのままの衣装で登壇、葉山奨之さん、
矢本悠馬さん。福山翔大さん、手塚真生さんの4人です。撮影現場から直行でイベント終了後は撮影に戻るとか?熱いですね!!
[画像10: リンク ]

左から、福山さん、葉山さん、矢本さん、手塚さん
[画像11: リンク ]


<実写版の主題歌は「湘南の風」の「HORIZON」>
続いて主題歌を担当した「湘南の風」のRED RICEさんSHOCK EYEさんの二人からビデオメッセージが製作に当たっては名越氏自らが直接依頼したそうです。スピード感溢れる曲が映像にピッタリでした。
[画像12: リンク ]

[画像13: リンク ]

<ドラマ公開に向けてそれぞれのメッセージ>
「公開が楽しみなのは皆さんも私も一緒です撮影もまだ残っていますが頑張ります」(手塚さん)
「若いキャストだからこそ出来るエネルギーを感じ取って欲しい」(福山さん)
「作品が新しいジャンル『任侠プラス青春』になった。何かを感じていただけると思います。」(矢本さん)
「カッコいいだけじゃなく感動すもし笑えるし泣ける作品になりました」(葉山さん)
「スタッフ一同タイトルにある通り『魂』込めて作ってます。男泣きせられると思います!」(谷口監督)
「配信作品という事で今迄の表現の限界を超えていろいろな要素がパズルが出来る様に一つになったシビれる作品になっている。是非配信で観ていただきたい」(名越氏)
ゲオチャンネルでの配信は11月30日からです。お楽しみに!!

<ドラマスタッフでフォトセッション>
[画像14: リンク ]

フォトセッションはガッツポーズで決まりました!。
<名越氏の作品タイトルへの思い>
「ゲーム『龍が如く6 命の詩。』とドラマ『龍が如く 魂の詩』を似たようなタイトルにしているのは両作品の舞台が『『尾道』を共有している事も関係してる』「これは私的な考えなんだけど『命』は人の数だあるけど『魂』っていうのは人間の本質的な物で一つなんじゃないかなと考えてる。尾道の三人組が三者三様の命を持ちながら『魂』は一ついうところのドラマ…本当に泣けると思います」とても印象に残るコメントでした。次回の「セガなま」は12月20日20:55からです。皆さんお楽しみに!

【 商 品 概 要 】
商品名    : 龍が如く6 命の詩。(読み:いのちのうた)
対応機種   : PlayStation(R)4
発売日    : 2016 年12 月8 日(木)
価 格    : 8,190 円(税別)
ジャンル   : アクションアドベンチャー
プレイ人数  : 1 人
発売・販売  : 株式会社セガゲームス
CERO 表 記 : D (17 歳以上対象)
出 演    : 黒田崇矢
       藤原竜也・小栗旬・真木よう子・宮迫博之
       /大森南朋/ビートたけし
楽曲提供   : 山下達郎
著作権表記  : (C)SEGA
公式サイト  : リンク
[画像15: リンク ]

■ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。