logo

学生映像コンテンツ・デジタルコンテンツアワー「INTERNATIONAL STUDENTS CREATIVE AWARD」でThe Lab賞受賞 -- 金沢工業大学

金沢工業大学 2016年11月19日 08時05分
From Digital PR Platform


11月9日から10日に開催された「INTERNATIONAL STUDENTS CREATIVE AWARD」(主催:一般社団法人ナレッジキャピタル)において、メディア情報学科4年の松下俊介さんと大学院工学研究科建築学専攻博士前期課程2年の浦口昂久さん、メディア情報学科2015年度卒業生の加藤進之介さん、加藤大久さんが連名で応募した「月見ラリー『銀河の旅』:灯り巡りへの誘い」が、特別賞であるThe Lab賞を受賞した。


 「月見ラリー『銀河の旅』:灯り巡りへの誘い」はデジタルコンテンツ部門において、多数の応募作品の中から実際に会場で展示・審査される10作品にノミネートされた。そして9日に会場での審査を経て、最優秀賞、優秀賞に次ぐThe Lab賞を受賞した。

 この作品は、COCプロジェクトの一環として、メディア情報学科と建築デザイン学科の学生が共同で作り上げた学科横断的な取り組み。システム構築および映像表現を加藤進之介さん、加藤大久さん、松下さんが手がけ、ディスプレイ装置のデザインを浦口さんが担当した。

*COCはCenter Of Community

■「月見ラリー『銀河の旅』:灯り巡りへの誘い」の概要
 「月見ラリー『銀河の旅』:灯り巡りへの誘い」は、金沢の夜の街の回遊性向上を目的として制作されたもので、昨年度の「金澤月見光路2015」にて実証実験を行った。
 ラリーの体験は、NFCタグ付き提灯を持って灯り巡り「銀河の旅」に出かけ、チェックポイントを巡り最終ステーションを目指す。チェックポイントには重層構造ディスプレイを設置し、そこに提灯を近づけると立体的な銀河の光のイメージが浮かび上がる。光のイメージは、チェックポイント毎、時間毎に異なるため、参加者は立ち寄ったチェックポイントで出会った光のイメージの記録を提灯に刻んでいく。最終ステーションに参加者の提灯を近づけると、銀河の旅の途中で出会った光のイメージがタワー内に浮かび上がる。

▼本件に関する問い合わせ先
 金沢工業大学 広報課
 石川県野々市市扇が丘7-1
 TEL: 076-246-4784
 E-Mail: koho@kanazawa-it.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。