logo

駒澤大学とバリアンメディカルシステムズが放射線治療人材育成センターを設立 -- 11月28日に産学連携事業に関する調印式を挙行

駒澤大学 2016年11月16日 08時05分
From Digital PR Platform


学校法人駒澤大学(東京都世田谷区/理事長:須川法昭、学長:廣瀬良弘)と株式会社バリアンメディカルシステムズ(東京都中央区/日本法人代表取締役:ミッチェル シロング)はこのたび、同大学内に新規に高度な放射線治療人材教育センターを設立することとなった。それに伴い、11月28日(月)に、両者は産学連携事業を確認する契約書の調印式を開催する。なお、産学が連携して放射線治療の教育センターを設立するのは日本初の試み。


 学校法人駒澤大学と株式会社バリアンメディカルシステムズは、癌治療の3つの柱の一つである放射線治療の専門技術者の人材育成のため、駒澤大学駒沢キャンパス内に、共同で人材教育センターを設立。都心に近い好立地を得た同センターは、癌治療のための高度な放射線治療の実施を支援する医療従事者と学生のための教育コースを提供する。

 同センターでは、バリアン社のリニアック(医療用直線加速器)であるTrueBeam(TM)と、放射線治療計画システムEclipse(TM)、放射線治療データ管理システムARIA(R)の実機を利用した教育コースを実現。
 医療従事者に対して、バリアン社の製品を用いた放射線治療技術に関する知識やスキルの向上のみならず、駒澤大学における医療健康科学部、大学院医療健康科学研究科の学生・大学院生等の、放射線治療技術教育の高水準化を確かなものとすることを目的としている。

 日本国内における癌罹患者数の増加に鑑みると、放射線治療を高い水準で実施できる熟練した医療従事者の数を増やすことは重要である。このたびの放射線治療人材教育センターにおけるバリアン社とのコラボレーションにより、癌との闘いのために、放射線治療専門技術者という人材をより多く育て、重要な技術の有効性を高める機会を持つことができる。

 これに伴い、11月28日(月)には駒澤大学とバリアンメディカルシステムズによる、産学連携事業を確認する契約書の調印式を開催。当日は、連携事業に関する契約書の調印を行い、事業内容について説明を行う。概要は下記の通り。

◆調印式概要
【日 時】 11月28日(月) 12:00~12:30 (受付開始11:30)
【場 所】 駒澤大学 深沢キャンパス アカデミーホール内講義室(東京都世田谷区深沢6-8-18)
【内 容】
・調印式
・駒澤大学による概要説明
・バリアンメディカルシステムズによる概要説明
・フォトセッション

<報道関係者の皆様へ>
※取材をご希望の際には、事前申込をお願いしております。添付書類をご確認ください。

(参考)
・バリアン社 リニアック(医療用直線加速器)について
 放射線治療や外科的放射線治療における機能的に同期した画像取得、患者位置決め、モーションマネージメント、照射技術など数々の一貫した技術革新を搭載。

●駒澤大学
 リンク

●Varian Medical Systems
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 駒澤大学 総務部広報課
 〒154-8525 東京都世田谷区駒沢1丁目23番1号
 TEL: 03-3418-9828
 FAX: 03-3418-9017
 Email: koho@komazawa-u.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事