logo

長期不在時や帰宅時の防犯対策などに有効な、遠隔でコントロールすることができるLED電球「スマートライト」を2017年1月上旬より提供開始

イッツコム / iTSCOM 2016年11月15日 14時00分
From PR TIMES

拡張性を備えたスマートホームサービス「イッツコム インテリジェントホーム」に新IoTデバイスを追加

 スマートフォンやタブレットを使って、家の中をコントロールできるイッツコムのスマートホームサービス 「インテリジェントホーム」の新IoTデバイス(機器)として、遠隔操作で点灯、消灯や、調光ができるLED電球「スマートライト」の提供を2017年1月上旬より開始します。



 イッツ・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都世田谷区 社長:高秀憲明 以下、イッツコム)は、スマートフォンやタブレットを使って、家の中をコントロールできるスマートホームサービス 「イッツコム インテリジェントホーム」の新IoTデバイス(機器)として、遠隔操作で点灯、消灯や、調光ができるLED電球「スマートライト」の提供を2017年1月上旬より開始します。
[画像1: リンク ]

 スマートライトは、スマートフォンなどにダウンロードしたインテリジェントホーム専用アプリを使って、外出先から玄関や洗面所などの電気の消し忘れを確認、コントロールが可能なうえ、あらかじめ点灯スケジュールを設定しておくことで、帰宅前や長期不在時の防犯対策としても活用できます。

 また、すでに提供を開始しておりますIPカメラやセンサーなどのIoTデバイスと連動させ、お客さまの目的に合わせて自由にカスタマイズ(ルール・スケジュール設定)することも可能で、使い方次第で、安心・便利が得られるIoTデバイスです。

■カスタマイズの例■
・不在時や夜間の防犯対策に
誰もいない家に帰る前に、遠隔操作で電球を点灯させることや、外出先から点灯・消灯時間を設定することで旅行中も自動で防犯対策ができます。また、IPカメラやセンサーが反応したらスマートライトを点灯させる、という設定をしておくことで、夜間の防犯対策も可能です。

・スマートライトで快適な眠りと目覚めを
寝室や枕元にスマートライトを設置し、徐々に消灯するよう明るさを設定することや、起床時間に徐々に点灯するよう設定しておけば、自然な眠り、自然な目覚めが体感できます。

※電球ソケットの形状によっては、設置できない場合もあります。

「スマートライト(LED電球)」について
●製品
[画像2: リンク ]

●機能
・点灯・消灯・調光、状態確認
・電力消費量をレポート
・点灯スケジュール・ルール設定
[画像3: リンク ]

■料金表 ※価格は全て税抜です。
*ご利用には基本利用料、インテリジェントホームゲートウェイ料(購入の場合:初期費用)、デバイス利用料のほか、イッツコムテレビ・プッシュもセットでご利用の場合はIPボックス料金等(初期費用)のご負担が必要となります。
[画像4: リンク ]

リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。