logo

~スケジュール管理手段は “紙派64.3%” “電子機器派35.7%”~

インターワイヤード 2016年11月15日 11時00分
From PR TIMES

インターワイヤード、「スケジュール管理」に関するアンケート結果を発表

インターワイヤード株式会社(東京都品川区、代表:斉藤義弘)は、
自社のネットリサーチサービス『DIMSDRIVE』を利用し、「スケジュール管理」に関するアンケート調査を実施致しました。
調査は2016年8月5日~8月26日にかけて実施し、DIMSDRIVEモニター4,207人から回答を得ています。

スケジュール管理手段は “紙派64.3%” “電子機器派35.7%”という結果となりました。
“紙派”の主な使用理由は「使い続けている/慣れている」。
”電子機器派”の使用理由は「スケジュール変更時に対応しやすい」が最多の回答となりました。

<詳細はこちらをご覧ください>
DIMSDRVIVE 「スケジュール管理」
リンク




<トピックス>
● 男女とも「自分のプライベートの予定」を中心に管理。男性は「仕事」、女性は「家族」も。
● スケジュール管理手段は “紙派64.3%” “電子機器派35.7%”
● 家族の予定の管理 6割超が「紙のカレンダー」を使用
● 「使い続けている/慣れている」最重視・・・紙の手帳・カレンダーなど「紙」を利用している理由
● 「スケジュール変更に対応しやすい」利便性を評価・・・「電子機器」を利用している理由
● 電子機器の不安要素を懸念・・・「紙」を主に利用し、「電子機器」を併用する理由
● 手書きは読みにくい・複数人の予定を合わせるのが大変・・・「電子機器」を主に利用し、「紙」を併用する理由
● 紙のおススメ「カラーペン、付箋の使用」/電子機器のおススメ「アプリ、SNSの使用」
● スケジュール管理は生活の一部・・・・・スケジュール管理にまつわるエピソード
-------------------------------------------------------------
[画像: リンク ]


●●調査概要●●
調査方法 : インターネットを利用した市場調査
調査期間 : 2016年8月5日~8月26日
有効回答数: DIMSDRIVEモニター 4,207人

●●調査項目●●
■スケジュール管理(予定の記録や日程調整)をしている?
■スケジュール管理手段は?
■管理している予定別の「スケジュール管理手段」
■紙の手帳・カレンダーなど「紙」を利用している理由
■スマートフォン・パソコンなどの「電子機器」を利用している理由
■「紙」を主に利用し、「電子機器」を併用している理由
■「電子機器」を主に利用し、「紙」を併用している理由
■スケジュール管理に関する「おススメの使い方」
■スケジュール管理にまつわるエピソード(自由回答)
-------------------------------------------------------------
●ネットリサーチのDIMSDRIVE
インターワイヤード株式会社が運営する『DIMSDRIVE』は、
インターネットリサーチを通じて調査企画・設計から分析・提案までを提供する、
マーケティングのトータルソリューションサービスです。
広告効果測定やライフスタイル分析、従業員満足度調査(ES調査)、
コンプライアンス従業員意識調査など、目的に応じた調査でお客様の戦略立案をサポートしています。
本アンケートは、DIMSDRIVEの公開調査「タイムリーリサーチ」の企画調査です。

◆ストレスチェックサービスを開始致しました。
独自に開発した「集団分析項目」で、組織分析のプロとして、職場のストレスの原因に多角的にアプローチします。
外注をご検討の際は、下記までお気軽にご連絡ください。

<URL>
■インターワイヤードのストレスチェックサービス リンク
■ネットリサーチ DIMSDRIVE リンク
■従業員満足度調査 ES-DIMS リンク
■コンプライアンス従業員意識調査 CP-DIMS リンク

●インターワイヤード株式会社
<所在地> 東京都品川区南大井5-19-8
<TEL> 03-5764-3281
<代表者> 斉藤 義弘
<事業内容> Webマーケティングリサーチサイト「DIMSDRIVE」運営


-------------------------------------
■調査結果に関するお問い合わせ先■
DIMSDRIVE(ディムスドライブ)事務局
TEL : 03-5764-3281
Email : timely@dims.ne.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事