logo

メンター・グラフィックスの新製品Tessent DefectSim、ミックスシグナル回路のテストカバレッジ測定を自動化

メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社 2016年11月14日 14時03分
From PR TIMES

車載ICの故障カバレッジ測定要件が増加し続けるTier1自動車サプライヤのニーズに応え、アナログ/ミックスシグナル(AMS)回路テストの故障カバレッジを測定し、AMS回路の品質と信頼性を高める新製品、Tessent(R) DefectSim(TM)を発表



[画像: リンク ]

メンター・グラフィックス・コーポレーション(本社: 米国オレゴン州、以下メンター・グラフィックス)は、アナログ/ミックスシグナル(AMS)回路テストの故障カバレッジを測定する新製品、Tessent(R) DefectSim™を発表しました。本製品は、より効果的なテストを選択しAMS回路の品質と信頼性を高めるとともに、どのテストがカバレッジの向上に貢献しないかを提示することにより、テストにかかるコストを削減します。Tessent DefectSimは、車載ICの故障カバレッジ測定要件が増加し続けるTier1自動車サプライヤのニーズに応える製品です。

Tessent DefectSimを、メンター・グラフィックスのEldo(R)やQuesta(R) ADMS™回路シミュレータと組み合わせることで、レイアウト抽出ネットリストまたは回路図ネットリスト内でモデリングしたオープン/ショート/過度なばらつき/ユーザ定義不良の影響を測定できるようになります。Tessent DefectSimには、ネットリストから抽出された平面レイアウト内のすべての故障を等価シミュレーションする場合と比べ、シミュレーション精度の低下やテスト種類を制限することなく、総シミュレーション時間を桁違いに短縮する削減数多くの手法が取り込まれています。これらの手法のうち、「尤度重み付け無作為抽出」と呼ばれる新しい統計メソッドは、シミュレーション対象の故障の数を最小限に抑えつつ、最終的なチップ品質をより高精度に予測します。

「車載ミックスシグナルICにおいて、返されるICで見つかる故障の80%がアナログ回路部分です。今まで、アナログ回路の品質は、故障カバレッジが不明なまま機能テストによって保障されてきましたが、数年ほど前から、アナログテストの故障カバレッジを向上する方法をいくつか確認しました。しかし、これを達成するための自動故障シミュレーションツールが存在しなかったのです。On Semiconductorは、Tessent DefectSimの開発において、広範なエリアにわたってメンター・グラフィックスと協業し、車載ICを使用した十分なツール評価を行い、その優れた自働化機能と柔軟さが、テストとDFT(Design-for-Test)手法の向上を導き、アナログテストの故障カバレッジ測定を向上すると結論付けました。」ON Semiconductor、Director of Test and Product Engineering、Wim Dobbelaere氏は、上記のように語っています。

「Tessent DefectSimを使ってアナログ回路をより簡単かつ高速にテストする方法がないか試したところ、仕様に基づく従来のテストと同等の故障カバレッジを達成することが分かりました。現在は、この新しいテスト方法を量産段階でも適用できるかを検証しています。1回のプロジェクトでTessent DefectSimのコストに見合う効果を得ることができました。」ams AG、Full Service Foundry Division、Test Development Manager、Peter Sarson氏は、上記のように述べています。

Tessent DefectSimは、回路の故障耐性も測定します。故障耐性は、回路に不良が発生しても、許容範囲内の動作を維持できるか、セーフステートに移行できるかという回路の能力を測定するものです。車載アプリケーションの場合、長期的な信頼性に直結するこの指標は非常に重要です。

「アナログテストの自動化を求める声が顧客から聞こえてきており、その必要性を感じていました。Tessent DefectSimのユニークな自動化機能が、自動車市場におけるニーズが急速に高まりつつあるこのタイミングでTessentツールスイートに追加されたことは価値あることです。」メンター・グラフィックス、Product Marketing Director、Steve Paterasは、上記のように述べています。

メンター・グラフィックスについて
メンター・グラフィックス・コーポレーションは、世界中で成功を収めている電子機器メーカー、半導体企業、電子システム構築ベンダのニーズに応える製品をはじめとし、コンサルティングサービス、受賞歴を誇るサポートサービスを提供する、電子ハードウェアおよびソフトウェア設計開発ソリューションのグローバルリーダーです。1981年に設立されたメンター・グラフィックスは、昨年度売上高としておよそ11.8億米ドルを計上しており、本社はアメリカ合衆国オレゴン州ウィルソンヴィルに所在しています。メンター・グラフィックスについての詳しい情報は、www.mentorg.co.jpをご覧ください。

Mentor GraphicsはMentor Graphics Corporationの登録商標です。その他記載されている製品名および会社名は各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。