logo

「情熱大陸」出演で話題!!人気絵本作家・のぶみが明かす制作の舞台裏の特別インタビュー「otoCoto」にて掲載

ブックリスタ 2016年11月14日 13時00分
From PR TIMES



[画像1: リンク ]


電子書籍関連事業を展開する株式会社ブックリスタ(東京都港区)は、新刊『いのちのはな』(KADOKAWA 刊)の発売を記念し、絵本作家・のぶみ氏の単独のインタビューを、本日11月14日(月)に、ブックリスタが運営するweb メディア「otoCoto」にて公開いたしました。

新刊の制作過程や「情熱大陸」の裏話など、”ここでしか読めない”単独インタビューを掲載!
ベストセラーの絵本『ママがおばけになっちゃった!』(講談社 刊)の著者・のぶみ氏に9ヶ月間密着したドキュメンタリーが、11月13日に、TV番組「情熱大陸」にて放送されました。放送直後から大きな話題となった、人気絵本作家・のぶみ氏。webメディア「otoCoto」では、のぶみ氏自身の半生をモチーフに生まれた新刊『いのちのはな』の制作過程、「情熱大陸」の取材中にのぶみ氏が母に明かした想いやその裏話に関して、じっくりと語っていただきました。

■インタビュー(一部抜粋)

[画像2: リンク ]

――本作が生まれたきっかけから教えてください。

もともとのきっかけは、「情熱大陸」で取材をしていただくことになって、番組の中で、何か1冊絵本を描いてくださいと言われたんです。「情熱大陸」って、本人の過去を振り返るじゃないですか。僕の人生は、小学校の時にいじめられて、高校の時に悪くなって池袋連合のリーダーをやったりして、波乱万丈だったので、自分自身をモチーフに絵本にしてみようと思ったんです。

絵本に限らないことですが、子どもに対して「人生って結構大変だよ、だからこそおもしろいし価値があるんだよ」って言う人は、あまりいないじゃないですか。でも誰もずっと順風満帆で生きてる人なんていないし、ほかの人からみたら、悩む必要のないようなことだとしても、自分にとっては世界最大の問題だったりするじゃないですか。生きていると、そんな大変なことが何度も起きるじゃないですか、人生って。そんな中でも、目線をそらさずに生きて行くと、何かが起こるかもしれない。そういうことだと思うんです。

※続きは「otoCoto」にて掲載中。
リンク

■のぶみ プロフィール
1978年、東京生まれ。のぶみは本名で「信実」と書き、「信じることで実っていく」という意味を持つ。しかし、この名前が原因で小学校の時にひどいいじめに遭い、不登校になり、二度自殺しようとする。高校時代には、池袋連合というチーマーの総長になるが、その後保育士の専門学校に通い、絵本好きな女の子の気を引くために、「絵本を描いている」という嘘をついてしまい、その嘘がきっかけで、その日から20年間、毎日絵本を描きつづけている。そしてその女の子はいまの奥さんになる。『ぼく、仮面ライダーになる』シリーズ(講談社)や、『しんかんくん』シリーズ(あかね書房)、『おひめさまようちえん』シリーズ(えほんの杜)、『うんこちゃん』(ひかりのくに)など、170冊以上の絵本を発表。『ママがおばけになっちゃった!』は、40万部を超えるベストセラーに。

■『いのちのはな』詳細

[画像3: リンク ]

タイトル:いのちのはな
著者:のぶみ
出版社:KADOKAWA
発売日:2016年11月9日

おかあさんからチューリップの球根をもらった、かんたろう。プ―と名前を付けて可愛がっていたけれど、かんたろうは翌日から病気で寝込んでしまいます。 水がもらえないプーは、花を咲かせることができるのでしょうか? 著者であるのぶみ自身の半生とすべての思いが詰まった渾身の一冊であり、「あきらめない心」を育てる魔法の絵本。

■「いのちのはな原画展」開催!
『いのちのはな』刊行記念として、11月21日(月)~11月27日まで、三省堂池袋店にて「いのちのはな原画展」とのぶみさんのサイン会(11月23日)を開催予定。詳しくは、三省堂池袋店ウエブサイトまで。
リンク

otoCotoについて
映画、音楽、アニメなどのエンタテインメント分野や、アートやグルメといったカルチャー分野を対象に、読者の方々が幅広く楽しめるような、大人のための記事展開を行って参ります。
リンク

株式会社ブックリスタについて
株式会社ブックリスタは、コンテンツ制作や取次、プラットフォーム提供、ストア運営支援、プロモーション企画など、電子書籍に関連する様々な事業を展開する企業です。多くの皆さまに対してライフスタイルに合わせた電子出版物との出会いの場を提供して参ります。
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。