logo

ET/IoT Technology AWARD 2016 で 「優秀賞」を受賞  超高速IoT環境をつくるミドルウェア「SALTYSTER5.0」発売

株式会社ジービーエー 2016年11月14日 13時00分
From PR TIMES

株式会社ジービーエー(以下、GBA)は、IoT(Internet of Things)環境において、データの超高速なリアルタイム処理と通信コスト及びクラウドリソースの削減を実現する、エッジコンピューティング向けミドルウェア「SALTYSTER(ソルティスター)5.0」を11月16日より発売します。




「SALTYSTER」は、センサーによって計測・収集したデータを、エッジ/ゲートウェイにおいて超高速に登録・分析するデータベースと、データをクラウドへ自動的にアップロードするデータ送信機能、及びクラウド側のサーバー連携機能を組み合わせたオールインワンのミドルウェアです。
エッジ/ゲートウェイでのデータの登録・検索・クラウド送信が、他社競合製品との比較で最速値(当社調べ)を実現しました。
クラウドからの制御ではなく、数ミリ秒単位での超高速なデバイス制御が求められるエッジコンピューティングにおいて非常に有効な製品です。
[画像1: リンク ]


【IoT Technology 優秀賞を受賞】
ET/IoT Technology AWARD 2016にて、SALTYSTER5.0は、IoT Technology 優秀賞を受賞しました。


[画像2: リンク ]

~ET/IoT Technology AWARD 2016審査委員会より~

非定型な“もの”からのデータを考慮したデータベース管理システム、送信データ量を低減する一次分析ソフト、クラウドシステムとの連携ソフトから成るエッジコンピューティング向けミドルウエア。審査委員会は、エッジコンピューティングの利用シーンをよく理解したソリューションである点、リアルタイム性を担保しており産業分野のIOT用途での応用を期待できる点を評価し、IoT Technology優秀賞とした。

2016年11月16日(水)~18日(金)にパシフィコ横浜で開催される「IoT Technology 2016/IoT総合技術展」で、「SALTYSTER」を展示します。(IoT D-23-1)

【SALTYSTER 5.0 の特長】
1. 高速なDB処理
データ登録試験において、他社競合製品との比較で最速値(※)を実現しました。1秒間に6万件弱のデータを登録することができます。
また、トランザクション機能により、電源の遮断があっても自動復旧されるので、安心です。
[画像3: リンク ]


2. データ監視と一次分析処理
高速での異常値検知、データフィルタリング、統計処理が可能です。データの登録との並列処理により、他社競合製品の約3~7倍の高速性(※)を実現しました。また、異常値の抽出を設定しておくことで、異常があった際、従来より高速にアラートをあげ、対応することができます。
[画像4: リンク ]


3. 高速性+低通信コスト
クラウドへのデータ転送についても、処理プロトコル/データ圧縮を最適化して送信するため、他社競合製品と比較して約1/10~1/20の通信パケット量(※)となりコスト削減を実現します。
通信パケット量が削減されるためリアルタイム性を損ねない高速なデータ送信が可能です。他社競合製品との比較で最短時間(※)での送信を実現しました。
[画像5: リンク ]


4. 各種クラウドシステムとの連携が可能
通常、DBメーカーはDB構造の異なる他社DBとの連携(KVS-RDBMSなど)はしませんが、SALTYSTERは、クラウド側の各種DBや既存システム(RDBMSやKVS型のDB)と連携することができます。それにより既存システムを活用したシステム構築が可能です。
・サポート済:PostgresSQL(RDBMS)、MongoDB(KVS)
・JSON/CSV形式でのデータファイル連携

※当社調べ

【SALTYSTER 5.0 製品概要】
対応機種 : 各種ゲートウェイ機器
対応OS : Linux,Windows,WindowsCE
ライセンス形態 :
  開発ライセンス  開発に必要なincludeファイルなどを提供
  実行(利用)ライセンス  組込み用のライブラリを提供 (ハードバンドル式、システム組込み式)
「SALTYSTER」製品サイト : リンク
導入に関するお問合せ先 : 株式会社ジービーエー TEL 0263-51-9296/ MAIL info@saltyster.com

【今後の展開】
GBAは、100%自社開発による長年の研究技術開発の集約製品である、エッジコンピューティング向け「SALTYSTER」を、IoTプラットフォーム提供企業やFAメーカー、計測器メーカー、自動車メーカーなどに広く提供し、IoTサービスの性能向上に貢献してまいります。
また、分析機能の強化、MQTT対応インターフェース、KVS構造対応SQLインターフェースなどを開発し、「SALTYSTER」に実装していく予定です。

【会社紹介と社名変更のお知らせ】
12月5日をもって、株式会社ジービーエーは、株式会社ソルティスターへ社名を変更いたします。今後も、長野県塩尻市を拠点に、「新時代IoTを創造するSALTYSTER」として、IoTをリードしていきます。

GBAの技術者は、25年にわたり組込みデータベースの開発、実装、サポートを行っており、GBAは蓄積されたデータベース技術と経験をもとに製品の研究開発や提供、技術コンサルティングを行っている純国産のデータベース専門メーカーです。
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のIoT推進のための「超低消費電力データ収集システムの研究開発」にも参画し、「インテリジェントデータベース技術の研究開発」を行うことが決定しています。

主な製品採用実績
[画像6: リンク ]


【会社概要】
社     名 : 株式会社ジービーエー (新社名:株式会社ソルティスター)
所  在  地 : 〒399-0737 長野県塩尻市大門八番町1番2号 塩尻インキュベーションプラザ107号室(SIP)
代表取締役 : 岩井昇一
設     立 : 2008年5月30日
事 業 内 容 : IoT向けデータベースソフトウェアの研究開発および販売
データベースシステムコンサルティングおよびシステム開発
サイトURL  : リンク (新URL リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。