logo

ヘッドマウントディスプレイ「HTC Vive」に対応したVR設計レビュー支援システム『バーチャルデザインレビュー』販売開始のお知らせ

サイバネットシステム 2016年11月11日 15時40分
From PR TIMES

VR空間に浮かぶ3次元CADデータ・CAEの結果を全方位から確認。レビュー記録共有、複数人利用で協調型設計レビューを実現!



サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、VR設計レビュー支援システム「バーチャルデザインレビュー」(以下、「本システム」)を2016年11月11日より販売開始したことをお知らせします。

==========================================
既存のVR設計レビューシステム利用者の「困った」から生まれた新システム
==========================================
3次元CADデータやCAEの結果をバーチャルリアリティ(VR)で表現するVR設計レビューシステムは、試作品を作る前に様々な角度から詳細を確認することができ、設計ミスを減らせるなど、「ものづくりにおけるVR活用」として注目を集めています。しかし、これまでのVRシステムは広いスペースや高いコストを含め様々な課題があり、手軽に導入できるものではありませんでした。本システムはこうしたお客様からの声で開発されました。
[画像1: リンク ]

==========================================
VRを使った設計レビュー支援システム「バーチャルデザインレビュー」とは
==========================================
本システムは、設計者同士がVR空間内で同一の情報を共有し、気軽にコミュニケーションを取り合いながら設計レビューを行うための様々な仕組みを提供します。
[画像2: リンク ]
■ 協調作業支援機能
複数の利用者がVR空間上に表示された三次元設計モデルを見ながらコメントや指摘ポイント等を共有し、コミュニケーションを気軽にとることができる、「協調作業」を支援します。自分以外のレビュー参加者はアバターとしてVR空間に登場するので、まるで同じ場所にいるような感覚でコミュニケーションをとることができます。

■ レビュー結果の記録機能
設計レビュー時のレビュワーの声や注意事項をメモで残したり(スマート付箋機能)、レビュワーの動きを記録することができます。また、後でそれらを再生することができます。

■ ダイレクトVR機能
CADソフトウェアやCAEのポスト処理アプリケーション等が画面に出力する3DモデルをダイレクトにVR空間に表示させることができます。そのため、あらかじめVR用にデータ変換をする必要がなく、CAD等で形状等を編集すると即座にその結果をVR空間で確かめることができます。

■ VR装置にはHTC Viveを採用
設計レビューを円滑に進められるよう、HTC Vive(※1)を採用しています。HTC Viveの多彩な入力インターフェイスと、高いヘッドトラッキング能力、広い視野角によって、利用者はVR空間での設計レビューをスムーズに行うことができます。

※1 HTC Vive:HTC社とValve Corporation社により共同開発されたバーチャルリアリティ向けヘッドマウントディスプレイ (VR HMD)。

==========================================
設計、解析担当者向け 紹介セミナー
==========================================
バーチャルデザインレビューの体験ができる紹介セミナーを以下に日程で開催致します。


日時:2016年11月22日(火) 14:00~16:00
会場:サイバネットシステム株式会社 東京本社セミナールーム(秋葉原駅 徒歩3分)
定員:20名
お申込み:リンク



【その他】
※ 一部の機能は開発中で、2016年12月以降にリリース予定です。
※ バーチャルデザインレビューの詳細については、下記Webサイトをご参照ください。
リンク

--------------------------------------------------------------------------
サイバネットについて
--------------------------------------------------------------------------
サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスを展開しており、電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。具体的には、構造解析、射出成形解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、電子回路設計、汎用可視化処理、AR/VR、医用画像処理など多様かつ世界的レベルのソフトウェアを取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。
また、企業が所有するPC/スマートデバイス管理の効率化を実現するIT資産管理ツールをはじめ、個人情報や機密情報などの漏洩・不正アクセスを防止し、企業のセキュリティレベルを向上させるITソリューションをパッケージやサイバネットクラウドで提供しております。

サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。
リンク

※CAE(Computer Aided Engineering)とは、「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術です。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献しております。

-------------------------------------------------------------------------
本件に関するお問い合わせ  サイバネットシステム株式会社
-------------------------------------------------------------------------
■ 内容について
AR/VRソリューション室/荒井
TEL:03-5297-3799 E-MAIL: cnc-info@cybernet.co.jp
■ 報道の方は
広報室/栗山
TEL:03-5297-3066 E-MAIL: irquery@cybernet.co.jp

■■ 報道関係の皆様へ:報道の方向けにも、実際に体験頂ける機会を検討中です。■■
■■      ご希望の方は上記広報室までお問い合わせください。      ■■

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。