logo

チェック・ポイント、3回連続NSS Labs「Recommended(推奨)」評価を獲得

2016年 次世代侵入防御システム(NGIPS)テスト セキュリティの実効性と管理機能(総所有コスト)で最高スコアを獲得

ゲートウェイからエンドポイントまでの包括的セキュリティを提供するチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:ピーター・ハレット、以下 チェック・ポイント)は、セキュリティ製品の検証・調査を行う独立研究機関NSS Labsによる2016年の次世代侵入防御システム(NGIPS)テストで「Recommended(推奨)」評価を獲得したことを発表しました。「Recommended」評価の獲得は2016年通年で3回目、2011年以降の通算で13回目です。

チェック・ポイントの「高度な脅威対策」製品は、侵入防御システム(IPS)が核となり、高度なサンドボックス機能とファイル内の脅威につながる可能性を持つコンテンツを削除する機能(ファイルの無害化)を含むSandBlast™ Zero-Day対策ソリューションで構成されています。能動感染型や受動感染型のさまざまなエクスプロイトに対し包括的な保護を提供します。

NSS Labsの2016年次世代IPSレポートに記載されているチェック・ポイントの主な結果は次のとおりです。いずれも、NSS Labsが保有する1,900以上のエクスプロイトのライブラリを用いたチェック・ポイントのIPS製品のテスト結果です。
● 回避の阻止:100%
● Adobe、Apple、IBM、Oracle製品の保護:100%
● アプリケーション制御、検出精度、安定性・信頼性テスト:すべて合格
● 総所有コスト:最高評価

チェック・ポイントは2016年NSS Labsテストのもと、次世代ファイアウォール(NGFW)、次世代IPS(NGIPS)、および今回の「高度な脅威対策」に該当するブリーチ検出システム(BDS)の計3部門で、最高スコア「Recommended」評価を獲得しました。

チェック・ポイントの製品管理・マーケティング担当バイスプレジデントであるガビ・ライシュ(Gabi Reish)は次のように述べています。「企業がセキュリティ・システム構築に投資する主な理由は、ハッカーやマルウェアが社内ネットワークやシステムに侵入するのを防ぐためです。業界最高の阻止率を誇る技術でなければ、真の保護は不可能です。チェック・ポイントはお客様がハッカーなどの脅威に対し常に一歩先の対策を講じられるよう、実効性の高いセキュリティ製品の開発に継続して取り組んでいます。NSS Labsによる最高阻止率の評価は、こうした努力の成果によるものです」

詳しい情報、もしくはチェック・ポイントの次世代IPSテストの結果が記載されたNSS Labsレポートはこちらです。
リンク


■チェック・ポイントについて   ONE STEP AHEAD
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ( www.checkpoint.com )は、あらゆる規模の組織に対応する世界トップクラスのセキュリティ・リーディング・カンパニーです。業界随一の検出率を誇る先進のセキュリティ対策により、お客様のネットワークをマルウェアなどの多岐にわたるサイバー攻撃から保護します。大規模ネットワークからモバイル・デバイスまでを保護する包括的なセキュリティ・アーキテクチャに加え、直感的で使いやすい総合的なセキュリティ管理ソリューションを提供しています。世界の10万以上の組織・企業がチェック・ポイントのセキュリティ製品を利用しています。

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズの全額出資日本法人、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社( リンク )は、1997年10月1日設立、東京都新宿区に拠点を置いています。

(C)2016 Check Point Software Technologies Ltd. All rights reserved

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事