logo

JBL コンパクトスピーカーの定番シリーズからBluetooth 対応モデルが新登場!「CONTROL X WIRELESS」新発売



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]



ハーマンインターナショナル株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:仲井一雄)は、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランド「JBL」より、Bluetooth 対応2 ウェイ コンパクトスピーカー「CONTROL X WIRELESS」を11 月25 日(金)より発売いたします。

今回発売となる「CONTROL X WIRELESS(コントロールエックスワイヤレス)」は、1986 年の「CONTROL 1」発売以来、30 年に渡ってロングセールスを続ける「CONTROL シリーズ」で初めてBluetooth に対応し、ハイクオリティサウンドをワイヤレスで手軽にお楽しみいただけるコンパクトスピーカーです。
「CONTROL シリーズ」を通して定評いただいているサウンドは、JBL がプロ用モニタースピーカーのために開発した独自のHDI ホーン技術や、透明感あふれる高音域とダイナミックでパワフルな低音域を実現する2 ウェイ構成など2015 年に発売した「CONTROL X」の優れた音響性能を継承しています。また、Bluetooth 接続に対応した本機は、リチウムイオン充電池も搭載しているのでAC電源に接続せずに最大4 時間のワイヤレス音楽再生が可能です。本体上面部には、音響調整(再生・停止・スキップ・ボリューム調整)などの操作ができるボタンをレイアウトし、操作が簡単におこなえます。さらに、追加で1 セットをワイヤレスで接続できる機能の採用により、同モデルを最大4 台駆動でき、カフェや会議室などの広いスペースでも臨場感のあるサウンドが味わえます。加えて、本体は、防滴構造を採用しているため、屋外の直接雨水のかからないひさしの下などにも設置が可能で、屋内外問わず気軽に音楽をお楽しみいただけます。カラーは、様々な雰囲気の場所・インテリア環境に合わせてお使いいただけるグラファイト、ホワイトをご用意いたしました。インテリアに合わせてお好みのカラーをお選びいただけます。
Bluetooth を搭載し、本格的なサウンドを手軽に楽しめる「CONTROL X WIRELESS」で、快適な音楽空間をお楽しみください。

【特長】
■「CONTROLシリーズ」で初めてBluetooth接続に対応。

[画像4: リンク ]

自宅で簡単にワイヤレス音楽再生を楽しめる Bluetoothワイヤレス接続に対応した本モデルは、リチウムイオン充電池も搭載しているのでAC電源に接続せずに最大4時間の再生が可能です。
さらに、追加で1セットをワイヤレスで接続できる機能を搭載し、同モデルを最大4台まで駆動させることができるため、カフェや会議室などの広範囲へ臨場感のあるサウンドをお届けします。
*リチウムイオン充電池の再生時間は、使用環境により異なります。
*チャンネルを割り当てるステレオ、モノラルモードがあり、スピーカーをモノラルモードに切り替えてより広範囲に音楽を届けるなど、場所と用途によって便利にお使いいただけます。
*追加スピーカーは別売となります。

■スタイリッシュなフォルムは、音響性能に優れたデザインを採用。

[画像5: リンク ]

スタイリッシュなフォルムは、音響性能や操作性を考慮し設計しています。
回折波の最小化と内部定在波を防ぐためにエッジ部を丸めたサイドパネル、ラウンドバッフルや、全面くさび形のキャビネットデザインは、臨場感にあふれ、ワイドなサービスエリアを実現しながら、歪みの少ない自然な音像定位を再現します。
スピーカーの上面部には、音響調節などが可能なボタンをレイアウトしているので、簡単に操作ができます。再生や音量調節、一時停止やスキップなど、アプリやリモコンを使わず手動でコントロールが可能です。
カラーは、様々な雰囲気の場所・インテリア環境に合わせてお使いいただけるグラファイト、ホワイトをご用意いたしました。インテリアに合わせてお好みのカラーをお選びいただけます。

■クリアな音質とバランスのとれた音響を創出する、JBL 独自のHDI(High Definition Imaging)ホーン技術を搭載。

[画像6: リンク ]

JBL Professional Divisionにより、最新プロフェッショナル・モニターのために開発されたHDI(High Definition Imaging)ホーン技術を用いたウェーブガイド・ホーンを高域ユニットに採用。ホーンシステムならではの高感度で多彩なディテール表現と、広く均一な指向特性により、リスニングエリアのどこにいても鮮明なステレオイメージと自然な音質をお楽しみいただけます。

[画像7: リンク ]


■1インチ(25mm)径セラミック・メタル・マトリックス・ダイアフラム・ドーム型ツイーターを採用。
25mm径ドームツイーターに、アルミニウム・ダイアフラムの両表面にセラミック化したアルミナ層を形成させた複合サンドイッチ構造のダイアフラム"CMMD(Ceramic Metal Matrix Diaphram)"を採用。セラミック層の高いヤング率と音速特性、アルミニウム・コアの低密度ダンピング特性が、歪みを適切に抑えながら高い感度を獲得。歪や濁りの無い透明感あふれる高域再生を実現しました。
[画像8: リンク ]


■パワフルサウンドを生み出す、グラファイト強化ポリプロピレンコーン・ウーファーを搭載。

素材に、グラファイトを加え剛性と適度な内部損失を持たせたポリコーンを搭載したことで、CMMDドームを採用したHFユニットとの良好な音色のマッチングと、歪の少ない正確なピストニック・モーションを実現しました。また、滑らかな流線型の形状のスリップストリーム型バスレフポートを背面に装備し、ポートノイズを抑えながら、JBLならではのダイナミックでパワフルな低域再生を可能にします。
[画像9: リンク ]


■防滴構造の採用により、屋外への設置も可能。
防滴構造の採用で全天候型仕様のため、室内だけでなく直接雨水のかからないひさしの下など屋外への設置も可能です。


【主な仕様】
製品名:CONTROL X WIRELESS(コントロールエックスワイヤレス)
タイプ:Bluetooth対応2ウェイ コンパクトスピーカー
カラー:グラファイト、ホワイト
形式:背面バスレフ、Bluetoothワイヤレスブックシェルフ型
使用ユニット:LF:133mm 径 グラファイト強化 ポリプロピレンコーン・ウーファー、HF:25mm 径 セラミック・メタル・マトリックス・ダイアフラム・ドーム型ツイーター + XウェーブガイドHDIホーン
オーディオ入力:Bluetooth、外部音声入力
Bluetooth:バージョン2.1+EDR
対応コーデック:SBC
対応プロファイル:A2DP V1.3、AVRCP V1.5
再生時間:約4時間(充電時間:約2.5時間)※ボリュームレベルや再生内容により異なります
周波数特性:62Hz-20kHz
クロスオーバー周波数:2.3kHz
サイズ(W×H×D):165×235×159(グリル含む)mm
重量:2.95kg
付属品:グリル×2、電源コード(1.7m)×2
価格:オープン価格 ※公式通販サイト販売価格49,880円(税抜)/ペア
発売日:11月25日(金)

<JBLについて>
美しい外観とプロ・サウンドを両立した家庭用スピーカーの開発を目指して設立。以来、世界中のあらゆる音楽が関わるシーンで、プロアマ問わず信頼され、愛用され続けている、世界最大級のオーディオメーカーです。
家庭用超高級スピーカーからイヤホン、ヘッドホン、ホームシアターを展開。また、トヨタを始めとする車載純正オーディオ、マルチメディア用などの民生機器から、世界中の映画館、スタジアム、コンサートホール、そして放送局やレコーディングスタジオなどが対象となる業務用機器を投入しています。JBLは世界中の競技場で音響システムとして採用されており、ブラジルワールドカップでは全競技場の6割がJBLの製品を採用しました。

<ハーマンインターナショナル(米国本社/Harman International Industries, Incorporated)について>
ハーマンインターナショナルは、プレミアム・オーディオ、ビジュアル、コネクテッド・カーと、それらを統合したソリューションを、自動車、消費者、プロフェッショナルの市場に向けて、設計・製造・販売しています。弊社のAKG(R)、Harman Kardon(R)、Infinity(R)、 JBL(R)、 Lexicon(R)、Mark Levinson(R)を含む主要ブランドは、オーディオ愛好家やアーティスト、イベント/コンサート会場などで多く利用され、称賛を受けています。また今日では、弊社のオーディオやインフォテイメント・システムが装備された自動車が世界で2,500万台以上走っており、弊社のソフトウェアサービスは、オフィスや家庭、車やモバイルなどあらゆるプラットフォームにおいて、何十億台ものモバイル端末やシステムが安全な接続や統合を行えるよう、支えています。
ハーマンインターナショナルは全世界に29,000名の社員が在籍、2016年6月末までの12か月で69億米ドルの売上を報告しています。

<先行展示のご案内>
なお、今回の新商品を六本木・HARMAN Store 東京ミッドタウン店にて、11月25日(金)より、展示を行います。リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。