logo

【ジェイテクト】第28回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2016)に出展

株式会社ジェイテクト 2016年11月09日 18時00分
From PR TIMES



[画像: リンク ]

株式会社ジェイテクトは、11月17日~22日に東京ビックサイトで開催される、「第28回
日本国際工作機械見本市(JIMTOF2016)に出展致します。
ジェイテクト創立10周年キャンペーンのコンセプトである『歴史ある若い会社』と連動した、これまでにない、先進性のある革新的な展示となっております。詳細につきましては、弊社ホームページ『JIMTOF2016 特設サイト』(URL:リンク)をご覧ください。


【ブース詳細(東ホール)】

1.歴史ある若い会社
「トヨダ・ジャンドルン円筒研削盤」と「GE4i-PRO」を展示し、技術の進化をご紹介。

2.コア・テクノロジー
TOYODAブランドが誇る6つのコア・テクノロジーをご紹介。
1. 「つながるソリューション(TOYOPUC-Plus」
2. 「バリューソリューション(TOYOPUC-AAA)」
3. 「TOYODA STAT BEARING(流体軸受)」
4. 「CBNといしによる高品位加工」
5. 「リアルタイム熱変位補正技術」
6. 「JTEKT SMART Cutting(加工条件最適化システム)」

3.商品ラインナップ
メインステージ両サイドの大型LEDスクリーンで、TOYODAブランドの円筒研削盤、ギヤスカイビングセンタ、マシニングセンタを等身大サイズの3D画像や動画でご紹介。

【ご紹介機種例】
小型汎用円筒研削盤「GE3iシリーズ」、小型生産型円筒研削盤「e500G」、
大型ギヤスカイビングセンタ「GS700H」、カムシャフト複合研削盤「GC20Ri」、
横形マシニングセンタ「FH800SX-i」など

4.IoEソリューション
メインステージの8面LEDスクリーンにて、プレゼンテーション形式でジェイテクトが
提案する「人が主役のスマートファクトリー」とIoEソリューションを、実際の導入事例
(阪部工業様、双葉工業様、ジェイテクト香川工場)とあわせてご紹介。

5.ブース番号

■東ホール E3013

■西ホール W2048
※「スマートファクトリー」を支える要素技術をはじめ、軸受・グループ商品を出展

以上

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。