logo

[住まいサーフィン] 売主別住み心地満足度ランキングを公表

スタイルアクト株式会社 2016年11月08日 11時37分
From PR TIMES

~1位は同点で住友不動産と野村不動産の2社~

不動産ビッグデータでビジネス展開するスタイルアクト株式会社(東京都中央区・代表取締役:沖有人)は、自社が運営する「住まいサーフィン( リンク )」にて、売主別マンションの住み心地満足度ランキングを公表しました。本調査は2009年から実施しており、今回で8年目となります。調査項目は昨年同様に、(1)個別の具体的な項目に対する満足度、(2)知り合いに薦めたいか(推奨度)、(3)購入マンションの全体的な満足度の3つに分け、(1)はどの項目を重視するかをもとに加重配点し、満足度を算出。「住み心地満足度」は、(1)~(3)の平均値の順番で算出しています。
「住まいサーフィン」は、マンション購入・売却に本気な方のためのセカンドオピニオンサイトです。



[画像1: リンク ]
■実施時期  :2016/7/11~7/22(Web調査)
■調査対象者:住まいサーフィン会員、ネットリサーチ会社のパネル、一部管理会社の顧客
■有効回答数:1766(サンプル数20件以上の売主のみがランキング対象)

●住み心地満足度ランキング:
1位は同点(79.9点)で住友不動産と野村不動産、3位は三井不動産レジデンシャル(79.2点)、4位は三菱地所レジデンス(76.1点)、5位は東急不動産(76.0点)となりました。住友不動産は「住戸環境」「住戸設計」の得点が高かったことが、野村不動産は「住戸環境」と「推奨度」の得点が高かったことが、総合満足度でトップとなった要因です。2位の三井不動産レジデンシャルと1位の2社との差は、0.7ポイントと僅差でした。同社は特に「推奨度」で高い得点となりました。三菱地所レジデンスと東急不動産は「立地」の評価は高かったものの、「推奨度」で上位の3社と得点差があったため、総合満足度で差がつきました。
[画像2: リンク ]


●入居者が重視するポイント
今回調査した住み心地に関わる6項目(住戸設計、住戸環境、設備水準、耐震性、共用部、立地)のうち、重視する順に3つ選択してもらい、そのスコアを加重得点化すると、居住者が最も重視しているのは「住戸環境」、2番目に重視しているのは「立地」、3番目は「住戸設計」となりました。
[画像3: リンク ]



より詳細な企業別の項目ごとの結果は、
住まいサーフィン( リンク )および
スタイルアクトのサイト( リンク )でも公表します。

【住まいサーフィンについて】
スタイルアクトが運営するマンションの無料会員制セカンドオピニオンサイト。マンションの査定価格・相場情報と会員の物件評価・デベロッパー評価などの豊富なコンテンツを持つ。マンション査定191万戸、新築マンション価格表10万戸、最近2年の全新築物件の価格予想を掲載。会員数は約19万人。
サイトURL  リンク

【スタイルアクト株式会社について】
業界最大級の不動産ビッグデータカンパニーとして、年間1億件を超える不動産情報を調査・分析しています。分譲住宅市場動向や住宅着工予測、マンション価格を統計的に解析した「沖式時価」や「沖式儲かる確率」など、論理的かつ明快に、個人客や企業の不動産投資コンサルティングを実施。また、「タワーマンション節税(R)」( リンク )を始め、不動産投資と節税を組み合わせる手法においては、ビッグデータを活用した最適物件の抽出・紹介からキャッシュフローマネジメントまで、不動産に関する一貫したサービスを提供しています。

《会社概要》
■会社名:スタイルアクト株式会社
■住所:〒104-0061 東京都中央区銀座六丁目2番1号 Daiwa銀座ビル7階
■代表取締役:沖 有人(おき ゆうじん)
■オフィシャルサイト:リンク
■住まいサーフィン: リンク



プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事