logo

大京グループ2社、『ホームステージング』事業を開始

株式会社大京 2016年11月08日 11時06分
From Digital PR Platform


 大京グループで不動産流通事業を手掛ける株式会社大京穴吹不動産(本社:東京都渋谷区、社長:海瀬和彦、以下「大京穴吹不動産」)と、リフォーム事業を手掛ける株式会社大京リフォーム・デザイン(本社:東京都渋谷区、社長:豊田耕三、以下「大京リフォーム・デザイン」)は、日本ホームステージング協会の法人会員企業となり、大京グループ全体でストック資産価値を高め売却活動を活性化させる「ホームステージング」事業を開始しますので、お知らせいたします。
ホームステージングは片付けや掃除、インテリアを含めたトータルコーディネートで、空き家を含む中古住宅を魅力的に演出し、不動産売買を円滑にするためのサービスとして、米国では30年以上前から一般的に行われています。このたび、大京穴吹不動産と大京リフォーム・デザインが一般社団法人日本ホームステージング協会の会員企業となり、社員約40名が同協会のホームステージャーの認定資格を取得、お客さまへのご提案を開始いたしました。

■背景
政府の住宅政策が新築供給からストックへの有効活用へと転換する中、大京グループでは、10月26日に発表した中期経営計画「Make NEW VALUE 2021~不動産ソリューションによる新・価値創造~」の中で、売買仲介及びリノベーション事業のシェアを拡大し、市場成長率を上回る水準で成長させることを目標としています。そこで大京グループは「ホームステージング」という付加価値サービスにより物件の価値を高めることで、流通事業のシェア拡大を図ります。

■大京グループが手掛けるホームステージングの強み
大京穴吹不動産は年間約7,000件の仲介実績と業界トップクラスのリノベーションマンション販売戸数の実績を持ち、大京リフォーム・デザインは新築マンション内装デザインを手掛けるほか、マンションリフォーム売上で業界3位(リフォーム産業新聞調べ)、年間約7,000件以上のリフォーム実績があり、新築から中古までマンションに精通していることが強みです。
 大京グループではマンション開発、管理、施工まで手掛けるグループ力を活かし、中古物件売却時の「ホームステージング」事業を開始します。売り手にとっては早期売却や希望価格での売却の後押しとなるほか、購入者にとっても暮らしのイメージが湧き、中古物件の検討が進みやすいと考えられます。開始に先立ち、大京穴吹不動産のリノベーションマンションブランド「リノアルファ」でホームステージングを試行したところ、高い効果が確認できました。

大京グループでは「ホームステージング」を通じて中古住宅に対するお客さまのお困りごとを解決し、快適な住空間を提案してまいります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。