logo

気候変動監視の新マイルストーン:欧州中期気象予報センターがERA5のプレビュー公表

European Centre for Medium-Range Weather Forecasts (ECMWF) 2016年11月04日 14時49分
From 共同通信PRワイヤー

気候変動監視の新マイルストーン:欧州中期気象予報センターがERA5のプレビュー公表

AsiaNet 66409(1413)

【レディング(英国)2016年11月3日PR Newswire=共同通信JBN】パリ協定採択から1年を経て、欧州中期気象予報センター(European Centre for Medium-Range Weather Forecasts、ECMWF)は現時点で最も強力な地球気候監視ツールERA5を発表した。

(Photo: リンク )
(Photo: リンク )

2カ月間を対象とするERA5データ第1弾の公表は、ECMWF気候再解析のマイルストーンである。

EUが出資、ECMWFが運営するコペルニクス気候変動サービスのERAシリーズ最新の進展は、以下の点で以前より改良されている。

*大幅改良された空間分解能
*1時間ごとの大気変数推計
*一貫した不確実性表示
*より多くの衛星観測利用
*入力観測結果全てのアクセス

地球気候の再解析は、気候変動関連プロセスの理解と監視、将来の気候変動シナリオ報告にとって重要なリソースになる。再解析は、過去と現在の気象観測情報を最新予測モデルと結びつけ、当初、数的天気予報のために開発されたデータ同化技術を利用する。

ERA5は最近の気象に関する新しい数値的記述を提供し、各高度の気温、気圧、風速などの大気パラメータ、および雨量、土壌水分量、海洋の波高など地表パラメータの推計を含んでいる。

ECMWFのコペルニクス気候変動サービスで責任者を務めるジャンノエル・サパウト氏は「観測の有効利用と自然現象の説明の改善、かなり高度な空間・時間分解能によって、ERA5は研究、教育、商業応用向けに気候変動を観測する新たな地球規模のデータセットを生成する。ユーザーは初めて、水平解像度31キロ、地表から最大1P(約80キロ)までの137の階層にある大気変数の毎時推定値にアクセスできる」と語った。

ERA5のもう1つの新規性は、全パラメータおよび階層で10の構成要素を組み合わせて気候を復元できることである。この新機能はECMWFが開発したEnsemble of Data Assimilations(EDA)システムに基づいており、観測と予測モデルの誤差を明示する。ユーザーはデータにアクセスすることによって、さまざまな時間、場所の各パラメータ分析の信頼性評価が可能になる。

ERA5はECMWFによる地球気候の大気再解析の第5世代である。ECMWFの気候再解析は1980年代に生まれたFGGE再解析で始まり、ERA-15、ERA-40、さらに最近はERA-Interimが続いた。

ERA-InterimからERA5に移行する第1段階では、2カ月をカバーするERA5データセットの入手が可能であり、ユーザーはERA-Interimの代替として彼らのシステムに適応できる。今回のリリースは、2年間の観測の始まりを意味する重要なマイルストーンであり、ユーザーは徐々に、過去40年の天気を振り返ることができるようになる。

ERA5のデータ製品は全てアクセス自由であり、無料でダウンロードできる。これらはECMWFの主要な気象データ保管所であるMARS(気象記録保存・検索システム)に収められ、ECMWFのウェブAPIを通じて一般公開される。

(編集者注意)

ERA5のデータ製品は公開され無料ダウンロードでき、不確実性に関する情報を含み、3時間ごとに水平解像度62キロの各パラメータが提供される。ERA-Interimと比べて、100メートル風速成分など多数の新パラメータがアウトプットの一部として利用できる。インプット観測全体を含むデータベースは、利用法に関する詳細な情報とともにユーザーに提供される。ERA5製品全体では合わせて約5ペタバイトのデータになる。本日公表されたERA5プレビューデータは暫定的なものであり、ERA5データ最終リリースで取って代わられる可能性があることに留意されたい。

ERA5に関する詳しい情報は以下参照。
リンク

欧州中期気象予報センター(ECMWF)は政府間組織で、グローバルな天気予報を開発、製作し、34の会員・協力国にサポートされている。

ECMWFは欧州委員会(EC)のためにコペルニクス大気監視サービス(リンク)とコペルニクス気候変動サービス(リンク )を運営し、コペルニクス危機管理サービス(リンク )に貢献している。

各国気象サービスなど欧州各地の学術・環境機関がコペルニクスの成功に重要な役割を果たしている。

▽報道関係問い合わせ先
Silke Zollinger
Press and Events Manager
Copernicus Communication
European Centre for Medium-Range Weather Forecasts
Shinfield Park, Reading, RG2 9AX, UK
Email: silke.zollinger@ecmwf.int
Phone: +44 (0)118 9499 778
Mobile: +44 (0) 755 477 3973
Web: ecmwf.int | atmosphere.copernicus.eu | climate.copernicus.eu

ソース:European Centre for Medium-Range Weather Forecasts (ECMWF)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。