logo

【FRONTIERゲーマーズ】ドラゴンズドグマ オンライン推奨認定取得 GeForce GTX 1050Ti搭載パソコン 新発売

インバースネット株式会社 2016年11月04日 13時00分
From PR TIMES

インバースネット株式会社(本社:神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25、代表取締役:山本 慶次郎)(以下、当社)は、2016年11月4日(金)より、株式会社カプコンが運営を行うオンラインオープンワールドアクション「ドラゴンズドグマ オンライン シーズン2 精霊竜の王」の推奨認定を取得したゲーミングパソコンの販売を開始します。



■製品の概要

このたび発表する新製品は、株式会社カプコンが運営を行うオンラインオープンワールドアクション「ドラゴンズドグマ オンライン シーズン2 精霊竜の王」の推奨認定を取得したゲーミングパソコンです。
NVIDIA GeForce GTX1050Tiグラフィックチップを搭載したASUS独自デザインのDUALファンモデル「DUAL-GTX1050TI-4G」をはじめ、H170チップセットをベースに、Core i7-6700、8GBメモリ、1TB HDDの構成でご用意しています。排熱効率や静音性を向上するCPUクーラー、パソコンの高速化を実現するSSDなど、お好みのカスタマイズをお楽しみください。

[画像: リンク ]



■製品の特長

<ASUS製グラフィックスカード「DUAL-GTX1050TI-4G」を標準搭載>
ASUS独自デザインのDUALファンモデルで、通常モデルよりエアーフロー性能が2倍、静音性が3倍向上し、より快適なゲーム環境を実現します。業界初の100%自動化された製造工程のAUTO-EXTREME Technologyを採用し、人の手では実現できない高い製造精度で高い品質を実現しています。
さらにASUSが独自にカスタマイズを行った高性能高耐久部品Super Alloy Power IIパーツの採用により、最高の品質と信頼性を誇ります。補助電源不要モデルで、マザーボード電源のみで簡単にグラフィックスパワーを上げることが可能です。

<品質・信頼性の高い日本製コンデンサ採用>
80PLUS認証を取得した電源を標準搭載しております。消費電力や排熱が少ないので、電源の長寿命化などが期待できます。また、恒常的に温度が上がりやすい電源ユニットに、日本製コンデンサを採用することで、安定した直流電源の出力を実現しています。


■『ドラゴンズドグマ オンライン』紹介
竜は覚者を選び、覚者はいずれ竜となる世界。竜となった覚者は力の限り、大地の守護者として人を育む。それを人は“守界の理(しゅかいのことわり)”と呼んだが・・・
本作の物語は、永遠に続くかと思われた“守界の理”が、黄金竜の出現によって打ち破られたことから始まる。激闘の末、白竜は黄金竜に勝利するが、自身も深手を負ってしまう。これにより魔物の活動が活発化し、世界に暗闇が広がり始めた。白竜はわずかな力を振り絞り、多数の覚者を生み出す。こうして覚者たちはレスタニア大陸の守護者・白竜を守るべく、魔物との戦いへ旅立つのだった。
(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.


尚、こちらの製品は、FRONTIERダイレクトストア(リンク)にて、2016年11月4日(金)より販売開始します。

▼ドラゴンズドグマ オンライン 推奨パソコンはこちら
リンク


●インバースネット株式会社 概要
■本社所在地 : 神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25 テクノウェイブ100ビル 8階
■設立 : 昭和26年12月14日
■資本金 : 1億2245万円
■代表者 : 山本 慶次郎(代表取締役)
■事業内容 : 自社製パーソナル・コンピュータの開発・製造および販売、リユースパソコンの販売
■取扱商品 : 自社製パーソナル・コンピュータ(FRONTIERシリーズ)、パーソナル・コンピュータ用周辺機器、リユースパソコン(ノート、デスク、一体型、液晶セット、パーツ、その他)、各種情報機器

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。