logo

ZEP社が太陽光発電のソーラールーフタイル製品開発でステラ社に先行

ZEP B.V. 2016年11月04日 13時53分
From 共同通信PRワイヤー

ZEP社が太陽光発電のソーラールーフタイル製品開発でステラ社に先行

AsiaNet 66396(1415)

【ウルク(オランダ)2016年11月3日PR Newswire=共同通信JBN】
*ZEPはソーラールーフタイルを初めて開発、テスラ(Tesla)にかなり先行している

テスラ(Tesla)のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、最近行ったソーラールーフタイルのプレゼンテーションで世界の注目を浴びたが、オランダの企業ZEPはすでに、昨年にソーラールーフタイルを発明していた。マスク氏はそのソーラールーフ・ソリューションが来年からSolarCityを通じて提供されると発表したが、ZEPは事業を開始しており、すでにオランダ、ドイツ、英国、スカンジナビアのハウスオーナー、販売業者、建設会社に供給している。

今日、ソーラーセルを統合したオランダの特許取得済みのセラミック製ルーフは、太陽光発電を生むエネルギー出力を持ち、すべての設置済み家庭用蓄電池に対応する。さらに、ZEPのルーフタイルは、ソーラールーフタイルの下に残存する暖気から抽出する特許取得済み統合テクノロジーを内蔵しており、暖気はボイラーに直接保存される。この開発によってハウスオーナーは、家庭にエネルギーを供給する事業者に対するニーズを最低限に抑えることができるので、ZEPは2歩も3歩も先を行くことになる。

ZEPはマスク氏が生み出した世界の耳目を集めたパブリシティーを歓迎して、ZEPのヨースト・デグラーフ氏は「当社ウェブサイトへのビジターは1日当たり数千人単位で増えており、彼らはすべて当社の一体化したソーラールーフタイル・ソリューションに関心を示している。われわれは、太陽光発電(PV)が将来そのものであり、PVタイルによってハウスオーナーが多様なエネルギー用途向けの太陽光発電をできるようにしなければならないというマスク氏のビジョンあふれる識見を共有している。要するに、われわれは等しく理想主義的ミッションを持っている」と語った。

ZEPのソーラールーフタイルは、1個1個のルーフを太陽光で発電するのに適したものにする。しかし、昨年黒色のタイル盤を提供した後、ZEPは最近これを自然の赤色のソーラールーフタイルを提案した。現在、都市景観保護地区にある大きなアイコン的建築物でも、発電に太陽エネルギーを利用し、同時にボイラーを加熱することができる。

ZEPは外部からの資金供給を得て、投資家の関心を集めている。ZEPは追加した資金調達を企業の拡大と生産開発に割り当て、国際市場で高まる需要をさらに喚起し、サポートしていく。特にハウスオーナーが赤色のソーラールーフタイルを欲しがるスカンジナビアを念頭に置いている。ZEPのデグラーフ氏は「この追加的な資金調達は、信頼できる投資家が当社の国際的に成長する可能性があると信頼していることの証明である」と語った。

(編集者注)
詳しい情報はZEP BVのヨースト・デグラーフ(Joost de Graaf )に問い合わせを。
Cell: +31-6-13152337
E-mail: joost@zepbv.nl

ソース:ZEP B.V.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事