logo

カストリー氏がMECのグローバルCEOに指名される コーティア―氏は辞任

グループエム 2016年11月04日 13時29分
From 共同通信PRワイヤー

カストリー氏がMECのグローバルCEOに指名される コーティア―氏は辞任

AsiaNet 66391(1412)

【ニューヨーク2016年11月3日PR Newswire=共同通信JBN】WPPのメディア投資グループであるグループエム(GroupM)(リンク )は3日、世界をリードするメディアエージェンシーMEC(リンク )の指導者交代を発表した。WPPで約20年、MECを14年間率いたチャールズ・コーティア―(Charles Courtier)氏がグローバルCEOを辞任し、MEC以外の関心事に専念する。同氏の後継にはティム・カストリー(Tim Castree)氏が就任し、93カ国のブルーチップ・クライアント向け広告投資の250億ドル以上を管理するMECの5000人の雇員を率いることになる。コーティア―氏は引き継ぎ期間中MECのCEOを続け今年末に辞任するが、2017年6月末までWPPにとどまる。カストリー氏は2017年7月に新しい役職に就く。

Photo - リンク
Logo - リンク

コーティア―氏は「MECで成し遂げたことを大いに誇りに思っており、極めて特別なエージェンシーでユニークな人々と一緒に仕事ができたことを光栄に思う。しかし、別の仕事に移り第2の人生をスタートするにはちょうどよい時期である」と語った。

グループエムのアーウィン・ゴトリーブ会長は「コーティア―氏はMECの世界拡大に寄与した。同氏はクライアントの成長の実現を重視する確固たる文化と、長期にわたる世界のトップ5エージェンシーでの地位をMECに残してくれた。われわれは彼に感謝し、新しい人生での成功を祈る」と語った。

カストリー氏はニューヨークを本拠として、グループエムのケリー・クラーク・グローバルCEOに直属する。カストリー氏はMECのグローバル首脳部と協力してMECのクライアントサービスの卓越、製品開発、事業拡大に向けた構想と戦略を履行する。同氏は新しい役割に20年以上の経験を注ぎ込み、クリエーティブ、メディアおよびデジタルエージェンシーを拡大する。同氏は北米のVideologyのマネジングディレクターを務め、エージェンシー、クライアント、メディア企業向けの革新的なプログラマティック・ビデオソリューションを開発した。

同氏はVideologyに入社する前、パブリシス・グループのMedeiavestの米国最高執行責任者(COO)で、アメリカ・ホンダモーター、モンデリーズ、コカ・コーラ、マイクロソフト、Sprintなど主要クライアント向けの業務を率いた。それ以前は、Starcom MediaVest Groupのグローバル・マネジングディレクターを務め、70カ国におよぶ世界規模のP&G関連業務を率いた。同氏はオーストラリア・メルボルンのLeo Burnettでキャリアを開始、その後FCB、オグルヴィ、BBHを歴任した。

クラーク氏は、「カストリー氏は実績のあるリーダーであり、MECにビジョンと活力をもたらすだろう。同氏はクライアント、そして彼らが今日の極めて複雑で競争的なマーケットを勝ち抜くのに必要とすることに鋭く集中する。クライアント、エージェンシー、そして多岐にわたる経験はMEDのチームが成長を続けることに寄与するだろう」と述べた。

▽グループエム(GroupM)について
グループエムは世界をリードするメディア投資マネジメント企業で、Mindshare、MEC、MediaCom、Maxus、Essenceをはじめプログラマティック・デジタルメディア・プラットフォームXaxisなどWPPメディアエージェンシーの親会社として事業展開している。これらのエージェンシーはそれぞれが独自に世界展開し、市場をリードする地位を占めている。グループエムの主要目標は、トレーディング、コンテンツ作成、スポーツ、デジタル、ファイナンス、独自ツール開発、その他のビジネスクリティカル機能におけるリーダーおよびコラボレーターとして事業展開することによって、WPPメディアエージェンシーのパフォーマンスを最大化することである。グループエムは、クライアント、株主、人々に他の追随を許さない市場の優位性を提供することに重点を置き、クライアントの利益のためにWPPのデータ投資管理グループのKantarと協力を緊密にしている。グループエムとKantarは両社で、WPPグループの売上高200億ドル余のうちの50%以上を占めている。

グループエムに関する詳細はウェブサイトリンク を参照。
Twitter(@GroupMWorldwide)、LinkedIn(リンク )でグループエムのフォローを。

▽報道関係問い合わせ先
Samantha.Kops@GroupM.com
+1 917.421.3019 (U.S.)

ソース:GroupM

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。