logo

11月6日、大阪電気通信大学で「OECU杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト 2016」を開催

大阪電気通信大学 2016年11月01日 08時05分
From Digital PR Platform


総合情報学部情報学科の升谷保博教授が委員長を務めるヒト型レスキューロボットコンテスト実行委員会は、11月6日(日)に駅前キャンパスにおいて「OECU杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト 2016」を開催する。


 ヒト型レスキューロボットコンテストは、ヒト型ロボットによる災害救助をテーマにしたロボットコンテスト。ヒト型ロボットを遠隔操縦して、約4m×2mのフィールド内で「トンネルくぐり」「段差乗り越え」「ガレキ除去」「要救助者搬送」の四つのタスクを順に実行し、成功したタスクの数や、かかった時間の短さを競う。また、各タスクに対する審査員による評価も重視される。競技は、目視で操縦する「目視部門」と、搭載カメラの映像のみで操縦する「搭載カメラ部門」の2部門。

 このコンテストの基になっている「レスキューロボットコンテスト」は2000年から毎年開催されており、ロボット競技を通じてものづくりの楽しさを伝えるとともに、防災や減災の大切さや難しさを考える機会を提供している。本コンテストもこの考えを継承し、さらに多くの人々に輪を広げることを目的として開催される。

 コンテストの見どころは、ヒト型ロボットの多彩な動き。観覧は無料で、USTREAMで中継も予定されている。また当日、会場の大阪電気通信大学では大学祭とテクノフェアも開催される。

◆「OECU杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト2016」
・日 時: 2016年11月6日(日)12:00~17:00
・場 所: 大阪電気通信大学 駅前キャンパス 1階 101号室
       (大阪府寝屋川市早子町12-16、京阪寝屋川市駅から徒歩3分)
・主 催: ヒト型レスキューロボットコンテスト実行委員会
・共 催: 一般社団法人日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門、
       大阪電気通信大学 自由工房、一般社団法人R×Rコミュニティー
・観覧料: 無料
・問い合わせ: humanoid-resconあgooglegroups.com
         (「あ」を「@」に置き換えてください)

●公式webサイト
 リンク

●公式Facebookページ:
 リンク

●公式USTREAMページ
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
<大学>
 学校法人 大阪電気通信大学 広報部広報課
 大阪府寝屋川市初町18番8号
 TEL: 072-824-3325
 E-mail: kouhou@mc2.osakac.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。