logo

ジェナ、IBM Watsonを活用したチャットボットサービス「hitTO(ヒット)」の提供を開始

学習データを用意するだけで簡単かつ迅速にチャットボットサービスの構築が可能に



法人を対象とした、スマートフォン・タブレット・ロボット向けアプリケーション開発を展開する株式会社ジェナ(以下 ジェナ)は、日本アイ・ビー・エム株式会社(以下 日本IBM)とソフトバンク株式会社(以下 ソフトバンク)が提供するコグニティブ・コンピューティング・システムのIBM Watson日本語版(以下 Watson)を活用したチャットボットサービス「hitTO (ヒット) 」(以下 本サービス)の提供を11月1日より開始します。また、ジェナは、ソフトバンクのWatsonエコシステムパートナーとして、Watsonを活用したサービスを提供します。

ジェナでは、法人向けのスマートデバイス事業にスマートフォン・タブレット黎明期より取り組み、国内では最大規模のアプリケーション開発実績を有しており、優れたUI/UXを搭載するスマートデバイス向けのアプリケーション開発やソリューション提供において、深い知見と豊富な経験が高く評価されています。

既に国内におけるWatsonを活用したアプリケーションの開発実績も複数有しており、代表的な事例としてソフトバンクが法人営業向けに導入した「SoftBank Brain」の開発にも携わっています。ジェナではWatsonを活用したアプリケーションのUI/UX設計やアプリケーション開発で多くの先端的な実績を創出しております。

今回のWatsonを活用したチャットボットサービスを提供することにより、チャット形式の対話型インターフェースによる営業支援システムや特定業務の機械化といった社内向けシステムはもちろん、ウェブサイトにおけるオンライン接客、よくあるお問い合わせへの対応、その他さまざまな顧客向けアプリケーションとの連携といった社外向けのサービスを、チャットボットを用いて簡単かつ迅速に提供できるようになります。

また、お客様の社内システムとの連携や、ソフトバンクロボティクス株式会社の人型ロボット「Pepper」向けアプリケーションとの連携など、他システム・デバイスとの連携やシステムインテグレーションなど、お客様のご要望にあわせた柔軟なカスタマイズも可能です。

■本サービス「hitTO (ヒット)」について
本サービスはユーザーと自然な会話で対話できるWatsonを活用したチャットボットを、迅速かつ簡単にウェブサイトやアプリケーションに組み込めるソリューションです。
使い込めば使い込むほど学習して成長し、ユーザーの特性にあわせた最適な提案をしてくれる、ユーザーの良き相棒となるチャットボットサービスです。
また、学習データの作成方法により社内向け、社外向けの様々な用途に対応したチャットボットの導入が可能です。利用するインターフェースもPC向けのウェブサイト、スマートフォンやタブレット向けのアプリケーション、Pepper向けアプリケーションなど用途に合わせた最適なインターフェースを柔軟に選択できます。

[サービスロゴ]
[画像1: リンク ]

■活用シーンについて
本サービスは以下のようなビジネスシーンで活用が可能です。
【社内向け】
[画像2: リンク ]


【社外向け】
[画像3: リンク ]


■システム構成について
本サービスのシステム構成は以下をご参照ください。
[画像4: リンク ]


■画面イメージ
本サービスの画面イメージは以下をご参照ください。

[PC]
[画像5: リンク ]



[画像6: リンク ]



[画像7: リンク ]


[スマートフォン]
[画像8: リンク ]


[画像9: リンク ]



■導入費用について
[トライアルパック] 75万円(税別)
・オンサイトでのコーパス(学習データ)作成コンサル(日本全国対応可能/1回)
・コンサル実施から本番運用開始までのQA対応(平日9:30~18:30/メールにて)
・2ヶ月間の試行(作成するコーパスは1個まで)
[本番運用(月額)] 50万円(税別)より
・トライアルパックで構築した環境を継続利用
・作成出来るコーパス(学習データ)の総数は4個まで
[オプション]
・コーパス(学習データ)作成コンサル(日本全国対応可能)
・Watsonトレーニング支援(リモートで週1回のWatsonトレーニングを実施)
・個別システムインテグレーション対応(自社システム、独自アプリ、その他連携)
※オプションなどの詳細な導入費用については別途お問い合わせください。

■エンドースメント
本プレスリリースにあたり、ソフトバンク株式会社様より以下のエンドースメントをいただいております。
==============================================================

ソフトバンク株式会社は、株式会社ジェナによるIBM Watson日本語版を活用した新しいソリューションであるチャットボットサービス「hitTO (ヒット)」の提供開始を心よりお喜び申し上げます。
弊社では、この「hitTO (ヒット)」の販売を、2016年11月1日から開始します。今後も弊社は、IBM Watson日本語版を活用した新しいソリューションにおいて株式会社ジェナとの協業体制をより一層強化していきます。

ソフトバンク株式会社
法人事業戦略本部 新規事業戦略統括部
Watsonビジネス推進部 部長 立田雅人

==============================================================

■IBM Watsonについて
IBM Watsonは、コグニティブ・コンピューティングを実現するためのプラットフォームです。クラウド上で提供されるWatsonは、大規模なデータを分析し、自然言語で投げ掛けられた複雑な質問を解釈して、根拠に基づいた回答を提示します。Watsonの詳細は、日本IBM公式サイト(リンク)をご覧ください。

■株式会社ジェナについて
設立 :2006年3月
代表者 :手塚 康夫
資本金 :1億7,330万円
事業内容:スマートデバイス向けアプリ&ウェブ開発を中心とした受託開発業務
     スマートデバイス向けアプリ&ウェブ開発向けのクリエイティブ業務
     スマートデバイス活用プラットフォーム「seap」の開発・提供
    Beacon管理プラットフォーム「Beacapp」の開発・提供
     Pepperを中心としたロボット向けのアプリ開発
     Watsonを中心としたコグニティブ・テクノロジーを活用したアプリ開発

■本リリースに関するお問い合わせ
株式会社ジェナ 広報担当
TEL : 03-5524-1888 FAX : 03-5524-1889
E-Mail : info@jena.ne.jp URL: リンク
〒104-0031 東京都中央区京橋2-5-18 京橋創生館 11F

※IBM Watsonは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。
※その他、この報道発表資料に記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。