logo

LGBTに関する企業の取り組みに対し、日本で初めて策定された評価指標 「PRIDE指標」にてプラップジャパンがPR 会社では唯一「ゴールド」を受賞、当社ダイバーシティ宣言は「ベストプラクティス」に選定


 広報・PR 活動の支援・コンサルティングを手がける総合PR 会社・株式会社プラップジャパン〔本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木勇夫〕は、LGBTに関する企業の取り組みを評価する「PRIDE 指標」にて、PR 会社では唯一「ゴールド」を受賞しました。
さらに、全企業の取り組み内容の中から、指標運営委員会が特に優れていると判断した取り組みに対して贈られる「ベストプラクティス(Policy:行動宣言部門)」に、当社の「ダイバーシティ宣言」が選出されました。

 「PRIDE 指標」とは、日本で初めてとなる、企業のLGBT などの性的マイノリティ(以下、「LGBT」)に関する取り組みの評価指標で、日本アイ・ビー・エム、国際NGO ヒューマン・ライツ・ウォッチなどが共同で運営している任意団体「work with Pride」によって策定されました。10 月26 日(水)に東京都内で行われたwork with Pride 主催のセミナーでは、「PRIDE 指標」受賞企業の発表および表彰が行われ、53 社がゴールドを受賞しました。

 今回の「ゴールド」受賞は、当社のLGBTに関する社内制度や労働環境、採用活動の大幅な改変、およびPRの専門性を活かした社外に対する取り組み「虹色PRパートナー」の活動が高く評価されたものです。また、ベストプラクティス(Policy:行動宣言部門)の受賞に関しては、当社の「ダイバーシティ宣言」では、互いの多様性(=ダイバーシティ)を尊重し、お互いを受容(=インクルージョン)することが、社員一人ひとりの能力を最大限に発揮することにつながることを理解し、明記していることが評価されました。

 プラップジャパンは、今後も更に社内制度、環境の整備を推進するとともに、様々な企業・団体が抱える、LGBT に関するコミュニケーション上の課題解決に貢献できるよう、積極的な取り組みを行って参ります。

<この件に関するお問い合わせ先>
株式会社プラップジャパン 広報・IR 室 清宮
TEL:03-4580-9125


【受賞にあたり評価された当社の活動】
■ 社内に向けたLGBT に関する取り組み
【社員に対する取り組み】
・全社員に向けた社内研修の実施
・社内規定の運用ルール変更
 同性パートナーを配偶者と同等として、慶弔金、慶弔休暇等の取得対象枠を拡大
・ビジネスネームの使用を承認
・上記を踏まえ、コンプライアンスマニュアルの当該部分を変更
【採用活動における取り組み】
・エントリーシートから「性別欄」を削除
・面接時の服装自由化

■ 社外に向けたLGBT に関する取り組み 「虹色PR パートナー」
特定非営利法人虹色ダイバーシティとの共同プロジェクト「虹色PR パートナー」を発足
様々な企業や団体の、LGBT に関連するコミュニケーション上の課題解決のサポートや、プラップジャパンが運営するプレスリリース配信プラットフォーム「Digital PR Platform」を活用し、LGBT に関する取り組みやサービス等の情報配信を行っています。

■ ベストプラクティスに選出された プラップジャパンのダイバーシティ宣言
「LGBT 等の性的マイノリティを含む、さまざまな価値観やバックグラウンドを持つ人材が、それぞれの働き方やライフスタイルのもとに、互いの多様性(=ダイバーシティ)を尊重し、お互いを受容(=インクルージョン)できる職場づくりを推進すること」を明記した「ダイバーシティ宣言」を行っています。
また、グループの行動規範をまとめたコンプライアンスマニュアルにおいて、「出生、国籍、人種、民族、性別、年齢、各種障害、学歴、宗教、LGBT(性的少数者)、個人的価値観などに基づくいかなる差別も行いません」と明記し、ホームページでも公開しています。

▼プラップジャパンのダイバーシティ宣言
リンク

■ プラップジャパンについて
プラップジャパンは、広報・PR の支援・コンサルティングを手がける総合PR 会社です。各業界、専門分野に精通した数多くのPR スペシャリストを有し、企業・団体の広報コンサルティングおよびマスメディアとの強力なネットワークによるメディアリレーションを中核に、業界トップクラスの実績をもつメディアトレーニング、戦略PR、ソーシャルメディア対応、PR イベント、PR ポータル・サービスなど、総合的なコミュニケーションサービスを提供しています。
URL:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。