logo

実証!目もとを温めることが心身のリラックスに効果的なワケ

ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao 2016年10月26日 17時33分
From Digital PR Platform


「ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao」は、公式サイト『ウェルラボ』(リンク)にて、新たなコンテンツを発表しています。以下にご紹介いたします。
―――――――――――――――――――――――――

ストレスの多い現代……「目もとを温めること」は、簡単で即効性のあるリラックス法です。ここでは、その理由とポイントをみていきましょう。

■目もとを温めるとリラックスできるワケ
―――――――――――――――――――――――――
目もとには、自律神経の働きを切り替えるスイッチがあるため、目もとを温めると、三叉(さんさ)神経(感覚神経)が刺激され、交感神経が優位な状態から、副交感神経が優位な状態に変わり、リラックスできるのです。

■目もとを温めると気分スッキリ!
―――――――――――――――――――――――――
40℃の蒸気による目もと温めを体験した人にアンケートを取ったところ、「頭のスッキリ感」「爽快感」などの感想があり、「全体的な疲労感」は目もと温めの前後で減少しています(グラフ(1))。目もとを温めることはリラックスに大いに有効です。

■目もとの温め方、2つのポイント
―――――――――――――――――――――――――
目もとを温めるときのポイントは次の2つです。

➀40℃で温める
人間の皮膚には、心地よい温度を感じるセンサーが備わっています。このセンサーを調べることで、身体が心地よさを感じる“快適温度”は約40℃であることがわかりました。この温度で温めると、副交感神経が優位になり、リラックスできます。これより温度が低くても高くても、心地よさが低減してしまいます。また、温度が高すぎると、交感神経が優位になってしまい、リラックスには逆効果です。

(2)蒸気で温める
蒸気を含んだ熱のほうが乾いた熱よりも、身体に深く広く伝わるため、高いリラックス効果が期待できます。蒸しタオルやホットアイマスクを使って、目もとをじんわり温めましょう。

>>目もと・首もとを温めると快眠できるワケ
リンク

>>蒸気(スチーム)で身体を温めるコツ
リンク

■実証!蒸気の目もと温めのリラックス効果
―――――――――――――――――――――――――
実際に40℃の蒸気で目もとを10分間温めてみたところ、心と身体に2つの変化が起こりました。

(1) リラックスして瞳孔が縮む
目に光を当てると、反射的に瞳孔が縮まります。この現象を「縮瞳(しゅくどう)」といいます。縮瞳には、自律神経の働きが影響しています。副交感神経が優位な場合(つまり、リラックスしているとき)は、瞳孔がより小さく縮まります。逆に、緊張状態のときは交感神経が優位なので、瞳孔の大きさはあまり変わりません。
目もとを温める前と比べ、40℃の蒸気で、たった10分間温めただけで、縮瞳率が増加しました。このことから、温める前と比べて、副交感神経の働きが優位になり、リラックスできたことがわかります。(グラフ(2))

縮瞳の様子は次の画像で確認することができます。
【蒸気で目もとを温めてリラックスすると瞳孔が縮む!】

(2) リラックスして手足がポカポカ
目もとを温めると副交感神経が優位になるため、手足の血管が広がり、身体の末梢まで血液が充分にいきわたります。サーモカメラでみると、目もとを温める前と比べ、温めた後は目のまわりだけでなく、指先まで温まっていることがわかります(図➀)。
人差し指の温度が約1.6℃上昇しました。これは、交感神経の働きを抑えたことで、副交感神経が優位になったためと考えられます。
身体が疲れたり、だるかったりするときはもちろん、ちょっぴりイライラ、どんよりしているときも、手軽に使えてすぐに効果が実感できる目もと温めを取り入れてみてはいかがでしょう。

>>冬のストレスに要注意!“くよくよモード”を断ち切る自律神経の整え方
リンク

>>あなたの「ストレス度」をチェック!すぐに試したい3つのリラックス法
リンク

>>ポイントは「目もと」と「呼吸」!ストレスによる自律神経の乱れを整える方法
リンク

>>今、注目の「マインドフルネス」。目もとを温めながらトライ!
リンク

>>ストレスが身体の不調を引き起こすワケ
リンク

監修:長谷川洋介先生
写真:PIXTA

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。