logo

【DAC】IoTプラットフォームサービスのエブリセンス社の「情報交換市場サービス EverySense」に参画し新たなターゲティング広告商品を開発

このたび、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長COO:島田雅也、以下 DAC)とエブリセンスジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:北田正己、以下 エブリセンス)は、エブリセンスが開発した「情報交換市場サービス EverySense」とDACが開発・提供するDMP「AudienceOne(R)」とを接続し、新サービスの実現を目指します。DACが保有する生活者のオンライン行動データに「情報交換市場サービス EverySense」から提供されるデータを掛け合わせることで、新たなターゲティング広告商品やマーケティングソリューションを開発します。



[画像: リンク ]


■背景
 近年、IoT(Internet of Things)は大きな経済価値を生み出すとされ、産官学連携の「IoT推進コンソーシアム」が立ち上げられる等、IoTに関する先進的なヒ゛シ゛ネスの創出を目指す動きが本格化しています。また、内閣に設置されたIT総合戦略本部のもとで「データ流通環境整備検討会」が開催され、AI、IoT時代におけるデータの流通・利活用に関する検討が開始されています。
 このような環境下において、データ保有者と当該データの利活用希望者とを仲介し、蓄積・解析した各種データの取引を可能とする「テ゛ータ取引市場」の仕組みか゛、ビッグデータを扱うさまざまな企業から注目を集めています。

■エブリセンスが提供する「情報交換市場サービス EverySense」について
 「情報交換市場サービス EverySense」では、生活者、あるいは生活者からデータの提供を受けている企業から、センサーやウェアラブルデバイス、アプリ等を通じて生活者の許諾済みデータを収集しています。データの利活用を希望する企業は、このプラットフォームを介して、位置情報や購買情報、温度・湿度情報等のデータを匿名化された状態で取得することができます。

■本取り組みについて
 DACは「情報交換市場サービス EverySense」に参画することにより、IoT(センサー等)から取得される位置情報・稼働状況・制御情報等のデータを「AudienceOne(R)」に新たに付加し、DACのデータサイエンティストが解析することで、新たなターゲティング広告商品やマーケティングソリューションの開発を行います。(※)
 なお、本取り組みは、個人情報の取扱いやテ゛ータ所有権の問題なと゛に関し、政府等の動向を注視しながら進めてまいります。

 DACとエブリセンスは、今後も広告主企業と生活者が円滑なコミュニケーションを実施できる環境を整えるべく、ビッグデータを活用したソリューション開発・強化に積極的に取り組んでまいります。


(※) DACは「情報交換市場サービス EverySense」にデータを収集する立場として参画し、DACからはデータの提供は行いません。


■ デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
代表者  :代表取締役社長COO 島田 雅也
本社所在地:東京都渋谷区恵比寿4-20-3 YGPタワー33F
設 立  :1996年12月
事業内容 :メディアサービス事業、DAS事業、オペレーション事業
※DACは、 D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社の100%子会社です。

■ D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社
代表者  :代表取締役社長 矢嶋 弘毅
所在地  :東京都渋谷区恵比寿4-20-3 YGPタワー33F
設 立  :2016年10月
上場市場 :東京証券取引所市場第二部(証券コード:6534)


本件についてのお問い合わせ先
 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
 担当: 戦略統括本部広報担当 TEL: 03-5449-6320 e-mail: ir_inf@dac.co.jp

当社コーポレートサイト掲載先
 リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事