logo

ベライゾン、ThingSpaceを基盤に医療、農業、都市開発の分野における大きな課題を解消する体制を確立

*本プレスノーティスは、ベライゾンが発表したニュースの抄訳版です。
英語原文はこちら(リンク)をご参照ください。


スペイン・バルセロナ発:ベライゾンは、スペインのバルセロナで2月22日~25日に開催されたMobile World Congress(モバイルワールドコングレス)において、昨年10月に発表したIoT(Internet of Things)プラットフォームThingSpaceを基盤としたグローバル戦略に続き、IoTの最新導入事例およびパートナーシップの紹介を行いました。ThingSpaceはベライゾンが提供するIoTプラットフォームで、農業、医療、サステナビリティ、治安、都市開発といった様々な分野で直面する大きな課題に対応できるよう設計されており、あらゆる規模の企業や開発者が、アプリケーションを構築、運用管理、そして利用することができます。
今回新たに発表した進行中の主なプロジェクトは、次のとおりです。

・フランスを拠点とする世界最大級の作物生育モデル企業であるITKと連携し、農業向けにカスタマイズされた堅牢なデータ保護およびデータ分析をベライゾンの農業テクロノジー(AgTech)プラットフォームを活用する事で、農場主やワイン畑所有者、農業生産者に対して栽培計画から収穫、サステナビリティに至るまで必要なインテリジェンスを提供します。

・ベライゾンのインテリジェントビデオソリューションの導入により、公共の安全性を拡大しました。米国ワシントンD.Cにあるジョージタウン大学では、ベライゾンのインテリジェントビデオソリューションを導入して、学生や教職員、構内施設の安全を強化しています。また、カリフォルニア州のナパ・カウンティー空港でもベライゾンの技術を活用して保安レベルを高め、地域全体の安全性確保し、全米最大のイベントである第50回スーパーボウルに訪れたファンや企業パートナーに悪影響を与えかねない潜在的な脅威を、地元の捜査当局が素早く検知し、その危険性を事前に評価できるようにしました。

・米国イリノイ州シカゴ郊外のベッドフォードパークビレッジで、ベライゾンスマートシティ地方自治体イノベーション地区の設立に取り組んでいます。ベッドフォードパークでは、信号システム、公共の安全、交通向けのベライゾンのIoTテクノロジーソリューションを活用し、既存の都市基盤をより発展的なデジタル都市基盤へと変革しようとしています。こうした変革によって、1980年代~2000年代初頭に生まれたミレニアル世代の若者にとって魅力的な社会環境を作り、企業や起業家を地域に呼び込む活動に取り組んでいます。

・医療業界のイノベーションを推進するために設計されたThingSpaceの新たなアプリケーションIntelligent Track & Traceを発表しました。Intelligent Track & Traceはリアルタイムに近い形でサプライチェーンを管理できるプラットフォームです。米国および欧州の一部の国の製薬会社や医療関連企業が、高額資産を中心とした自社製品の出荷状況の確認や追跡、監視を行うことを支援します。現在、グローバル製薬企業にこのソリューションが導入されており、今春、一般提供を開始する予定です。

・非営利団体TED主催で、全米でイノベーションを称える体験やテクノロジーを発表する世界的なイベントTED x Cambridgeとの新たなパートナーシップを通じて「Ideas worth spreading (広める価値のあるアイデア)」を推進します。ベライゾンはマサチューセッツ州ボストンで、企業のCEOから科学者や研究者、政策立案者や行政担当者まで、各界のオピニオンリーダーが集まって開催されるイベントに参加します。またボストンのイノベーションセンターを通じて、IoTに関する画期的な新技術の展示も行います。


ベライゾンのIoTコネクテッドソリューション担当バイスプレジデント、マーク・バートロミオ(Mark Bartolomeo)は次のように述べています。「IoTを極めて初期の発生段階から市場で幅広く普及する段階へと移行させていくための鍵は、ROI(投資対効果)やビジネス成果をしっかりと定義することです。ベライゾンはお客様やパートナー企業と連携した具体的な事例を通じて、一見バラバラに見えるテクノロジーが有効な形で適用され、統合されることによって、農業計画や都市開発、公共の安全などをいかに改善できるかを実感しています。これらが、デジタル経済における次世代の社会イノベーションへとつながっていくのです」
###

ベライゾンについて:
Verizon Communications Inc.(NYSE, NASDAQ:VZ)はニュ-ヨ-クに本社を置き、ブロ-ドバンド、無線・有線通信サービスを消費者、法人、政府組織、ホールセール顧客企業に提供するグローバルリーダーです。ベライゾン ワイヤレスは米国で最も信頼性に優れた無線ネットワ-クを展開し、米国内接続数は1億12007万を上回ります。ベライゾンは統合された通信、情報、エンタ-テイメントのサービスを米国内最先端の光ファイバーネットワ-クで提供し、さらに革新的でシームレスなビジネスソリュ-ションをワールドワイドに提供しています。ダウ工業株30銘柄企業の一社であるベライゾンは、世界中に177,700名以上の社員を擁し、2015年度1,320憶ドルの連結売上を発表しています。詳細については、日本法人サイトwww.verizonenterprise.com/jp、www.verizon.jpおよびVerizon Communications 本社サイト(英語)www.verizon.comをご参照ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事