logo

2016年「ハロウィン」関連キーワード速報 検索ワード「USJ」が上昇!

株式会社ヴァリューズ 2016年10月14日 11時00分
From PR TIMES

<テーマパークで過ごす><手頃な飾り付け>に注目

◆今年は「USJ」が検索ランキング上位に躍進!検索後の人気サイトは、「ディズニー・ハロウィーン」や「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」。テーマパークで過ごすハロウィンが定着。
◆「手作り」「無料」「ダイソー」など手軽にハロウィンを楽しみたいワードも上位に。



 ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、「ハロウィン」について、2015年と比較し2016年の動向を分析しました。

【調査・分析概要】

 ネット行動ログとユーザー属性情報を用いた検索キーワード分析サービス「【eMark+】Keyword Finder」を使用し、2015年9月と2016年9月における検索キーワード「ハロウィン」に注目し、その動向を分析した。
※キーワード検索者数やサイト訪問者数はPCからのアクセスを集計し、VALUES保有モニタでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。
※対象キーワードは一般的に定着している「ハロウィン」の表記とした。

【結果サマリー】

◆ 昨年同様、9月から「ハロウィン」検索者数が上昇。

 季節イベントとして、国内でもすっかり定着した様子の「ハロウィン」。10月末に向けて仮装イベントや関連グッズなども盛り上がりをみせています。今年の動向は昨年とどのような違いがあるのでしょうか。

 まず、2015年8月~10月の「ハロウィン」の月別検索者数と、2016年8月~9月の月別検索者数を比較してみました。昨年と同様に今年も9月から検索者数が急上昇しているものの、今年は昨年よりも検索者数が若干減少していることがわかります。残暑の影響などにより、今年は検索数の伸びが10月に後ろ倒しになっている可能性が考えられます。10月の動向に注目したいところです。

2015年8月~10月「ハロウィン」検索者数推移
[画像1: リンク ]

2016年8月~9月「ハロウィン」検索者数推移

[画像2: リンク ]


◆ 今年は「USJ」が検索ランキング上位に浮上!
「手作り」「ダイソー」など手頃にハロウィンを楽しむワードも。

 次に、昨年と今年で9月の「ハロウィン」関連(「ハロウィン」と同時に検索されている語句)の検索キーワードを比較してみました。「2015」や「2016」などの年、「仮装」「ディズニー」は共通で上位を占めるものの、今年9月では、「USJ」の検索順位が上昇。開業15周年を迎え、2016年上半期(4~9月)の入場者数が過去最高を更新したUSJでは、ハロウィンイベントにも高い注目が集まっていることがわかります。

 また、「手作り」「無料」「ダイソー」についても、今年の方がランキングが上位に。仮装やコスプレだけでなく、飾りつけなど、ハロウィンの雰囲気を手頃に楽しみたい傾向がうかがえます。

[画像3: リンク ]


◆ 今年9月の検索後の人気サイトは「ディズニー・ハロウィーン」や「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」。テーマパークで過ごすハロウィンが定着。

 続いて、「ハロウィン」を含むキーワードを検索した後の流入サイトについて訪問者数を集計し、2016年9月度でランキングを作成しました。

 基礎知識がわかる「Wikipediaハロウィン」が1位に。また、2位には東京ディズニーリゾートの「ディズニー・ハロウィーン」、5位にUSJの「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」がランクインしました。USJは「やり過ぎハロウィーン」イベントを開催しており、東京ディズニーシーもUSJと同様、今年で開園15周年。ここ数年のハロウィンイベントの盛り上がりにさらに拍車をかけ、テーマパークで過ごすハロウィンが定着してきていると考えられます。

 その他、楽天市場やAmazon、ドン・キホーテのハロウィン特集や、ダイソーや100均のハロウィングッズまとめなども上位に。2015年の動向から、衣装やグッズのサイトは10月にさらに人気を集めることが予想されます。

[画像4: リンク ]



■検索数・関連語・流入サイトが丸ごとわかる!【eMark+】Keyword Finder について

 本サービスで用いたデータは、当社サービス「【eMark+】Keyword Finder」を使用して、集計・分析を行いました。【eMark+】Keyword Finderは、特定キーワードの指定で、検索数ランキングと流入サイトランキングを表示。人気のランディングページや、検索曜日・時間帯のトレンドも把握できるので、SEO・リスティングのキーワード対策だけでなく、LPOやコンテンツの改善にも役立ちます。アカウントをお申込み頂ければ、簡単にレポーティングができるWEBサービスです。

※【eMark+】は一般的なアクセス解析ツールとはキーワードの取得方法が異なるため、Google検索やYahoo!検索など検索のSSL化の影響を受けることなく、キーワード分析が可能です。

■『【eMark+】Keyword Finder』ご利用方法

 アカウント発行後、すぐにご利用が可能です。※サイトへのタグ埋め込み等、一切不要でご利用できます。
1アカウントにつき、初期費用:10万円(税抜)、月額利用料:10万円(税抜)となっております。

▼『【eMark+】Keyword Finder』アカウントお申込み
リンク

■【登録無料】色々なサイトのユーザーがわかる!「【VALUES eMark+】Free」について

 「VALUES eMark+」には<無料トライアル版>である「【eMark+】Free」もございます。「【eMark+】Free」では、業界別にサイトの訪問者数ランキングや、見たいサイトを指定して、過去からの訪問者数の推移、ユーザー属性(性別、年代など)を確認できます。ご登録・ご利用は無料です。

▼「【eMark+】Free」のお申込みはこちら
リンク


■株式会社ヴァリューズについて

 株式会社ヴァリューズは、マーケティングノウハウとIT先端技術を活用して、新たな市場価値の創造をサポートする、事業成長支援企業です。行動ログとデモグラフィック(属性)情報を活用した次世代マーケティング手法「VALUES eMark+」サービス提供のほか、経営課題のコンサルティングから、課題解決、販売促進の支援まで、独自のノウハウとソリューションで多くの企業を支援しています。

株式会社ヴァリューズ
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事