logo

『EVANGELION × Full Graphic Kimono』制作プロジェクト始動!全世界のファンの声をもとに6つのデザインから商品化を決定

Tokyo Otaku Mode Inc. 日本支店 2016年10月14日 10時00分
From PR TIMES

あなたが選ぶデザインは? 10月14日10時よりアンケート実施

Tokyo Otaku Mode Inc.は、『エヴァンゲリオン新劇場版:Q』のキャラクターを振袖にデザインしたフルグラフィックによる着物の商品化プロジェクトをスタートします。



[画像1: リンク ]


Tokyo Otaku Mode Inc.(米国デラウェア州 代表 亀井智英、CEO 小高奈皇光、以下TOM)は、『エヴァンゲリオン新劇場版:Q』のキャラクターを振袖にデザインしたフルグラフィックによる着物の商品化プロジェクトをスタートします。本プロジェクトはファン参加型のプロジェクトで、エヴァンゲリオンの各キャラクターのイメージカラーや印象深いシーンを盛り込んだ6種類のデザインを用意し、このデザインについてのアンケートを全世界のファンを対象に実施します。このアンケートを通じて寄せられたファンの意見をもとにデザインを決定します。商品は100枚限定生産となり全世界向けに販売する予定です。アンケートは特設サイト(リンク)を通じて行われ、実施期間は10月14日10時~10月31日23時59分、結果発表は11月上旬を予定しています。

ファン参加型の商品化プロジェクト
TOMは2013年から日本のコンテンツに関する商品を中心とした、海外のファン向けの通販事業を行ってきましたが、今年から商品開発プロジェクト『Project』を発足し、独自の商品開発を開始しました。このたび、日本を代表するアニメの一つである”エヴァンゲリオン”と日本の伝統的な衣装である振袖を融合した全く新しい商品を企画しました。また今回は、「ファン参加型の商品企画」というコンセプトのもと、全世界のファンに向けアンケートを実施し、ファンの意見をもとにデザインを決定いたします。用意したデザインは6種類。エヴァンゲリオンの各キャラクターのイメージカラーや『エヴァンゲリオン新劇場版:Q』の印象深いシーンを盛り込んだデザインとなっています。

EVA関連商品初!伝統とテクノロジーを融合した全く新しいフルグラフィック振袖
このフルグラフィックによる着物は、デジタル捺染という染色方法を採用し製作します。古くから使用されている捺染の技術に、現在のテクノロジーを合わせたのが、デジタル捺染という染色方法です。染色工程をデジタル化することで、デザインのままの繊細な色使いや鮮やかな発色を再現した仕上がりを実現します。また、デザインの段階から着物屋が監修に入っているので、生地の切り替え部や縫製部に至るまで、すべてのイラストが崩れることなくしっかりと揃い、デザインが綺麗にまとまっている点が特徴です。製造も日本国内の生地染め屋と仕立屋がひとつひとつ丁寧に仕上げるMade In Japan製品となっています。エヴァンゲリオンの関連商品で振袖の着物は初めての商品となります。

限定100枚!「飾る」「着る」どちらの場面においてもその存在感が際立つデザイン
今回、制作予定のフルグラフィック着物は、100枚限定での生産を予定しています。また、この商品は、部屋に飾ることも考慮したデザインになっており、ハンガーにかけて吊るすと縦幅がおよそ165cm、横幅がおよそ136cmと、ポスターサイズB0よりも大きく迫力のあるデザインを着用時のみならず飾っても楽しめる商品となっています。

【アンケートについて】
特設サイト:リンク
実施期間:10月14日10時~10月31日23時59分(日本時間)
対象:全世界

【デザイン候補一覧】
[画像2: リンク ]



【商品について】
織物の産地、新潟県十日町にて高品質のデジタル捺染プリントにて染めをおこないます。染める際にプリンターを使用する工程以外は、着物を染める技法と同じラインで加工をおこいます。仕立ては、広島県福山市で創業70年以上の伝統と歴史をもつ和服の総合加工を行う仕立屋にて、100%国内縫製にて仕立てます。

【エヴァンゲリオンについて】
『エヴァンゲリオン』は、1995年のTVシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』の放送から始まった、世界的に人気の高いアニメーションです。未曾有の大災害「セカンドインパクト」後の世界を舞台に、人型決戦兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットとなった14歳の少年少女と、次々に襲来する謎の敵「使徒」との戦いを描いています。2007年からは映画新シリーズ『エヴァンゲリオン新劇場版』がスタートし、若者を中心に幅広い年代の男女に受け入れられています。これまでに3作が公開されました。

【Tokyo Otaku Mode商品開発プロジェクト『Project』について】
2013年から海外向けの通販事業を展開してきたTokyo Otaku Modeは、今年からコンテンツやクリエイターの方々とのコラボレーションによるオリジナル商品開発プロジェクト『Project』を始動いたしました。Tokyo Otaku Modeだからこそ実現できる商品を一つでも多く全世界のファンの方々にお届けできますよう努めてまいります。商品のラインナップを拡充するとともに、ファンの方々とも商品を一緒に開発していくことも検討しておりますので、今後の展開についてもぜひともご注目ください。

Tokyo Otaku Mode Inc.について:
Tokyo Otaku Modeは、2011年3月24日に世界最大級のSNS Facebook上で、日本のアニメや漫画などの最新ニュースやイベントレポート、関連グッズなど、日本のポップカルチャーコンテンツを紹介するFacebookページ(リンク)を開設。ページ開設からわずか22カ月で、Like!数(ファン数)が1,000万を突破しました。2016年10月現在1,900万Like!を得ており、Facebookページのブランド別のカテゴリでは、世界有数のブランドがひしめく中でベスト50内の位置につけています※。2013年には、海外向けEコマースサイト「Tokyo Otaku Mode Premium Shop」をオープンしました。TOMがセレクトする日本のアニメや漫画などに関連するグッズを正規メーカーから直接仕入れ、海外に向けて販売しています。また、TOMに参加する国内外のクリエイターの協力のもとに商品化したTOMオリジナルグッズも販売しており、すでに世界120カ国以上のお客様に商品をお届けしています。2014年9月には株式会社海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)から投資を受けました。「オタク文化で世界をハッピーに」をビジョンに掲げ、世界中の日本のポップカルチャーファンの皆さんの生活をより充実したものとすべく、世界のエンタテインメント市場に新しい価値を提供していきます。* Social Bakers (リンク)調べ

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事