logo

「Honda NSX - DRIVING DRAWING」公開から約1週間で YouTube 再生回数115万回を突破!

「Honda NSX-DRIVING DRAWING」広報事務局 2016年10月11日 14時30分
From 共同通信PRワイヤー

2016年10月11日

「Honda NSX - DRIVING DRAWING」広報事務局

革新の技術を搭載したHonda NSX が先進技術を結集して挑む、
ダイナミックでエキサイティングなチャレンジをリアルに記録したWeb動画
「Honda NSX - DRIVING DRAWING」
公開から約1週間で YouTube 再生回数115万回を突破!
全長約1km!荒野を疾走して描く地上絵が話題に

 本田技研工業株式会社は、10月9日(日)に三重県の鈴鹿サーキットで開催される「2016 F1日本グランプリ」を前に、クルマに対しての興味・関心を集める一環とともに、Hondaの先進性と技術力のアピールを目的としたWeb動画「Honda NSX - DRIVING DRAWING」を、10月3日よりYouTubeで公開し、約1週間後の10月11日9時の時点で再生回数115万回を突破しました。

タイトル:『Honda NSX - DRIVING DRAWING』 
動画URL:リンク

●軌跡のスケールは実物の約10倍!現代のテクノロジーで古代人類の英知に挑戦
 26年ぶりのフルモデルチェンジを受けた新型「NSX(エヌエスエックス)」が、米国カリフォルニア州にある広大なドライレイク(乾燥湖)を縦横無尽に駆けめぐり、高性能をアピール。ダイナミックなコーナリングから急停止し、砂煙が風で流されたその時……地表に浮かび上がった軌跡は、「ナスカの地上絵」で知られるハチドリの軌跡と一致していたのです。
 ひと筆書きの軌跡で完成させた地上絵は、ペルーにある実物のハチドリの約10倍という壮大なスケールですが、NSXは「オン・ザ・レール感覚」のコーナリング性能と高度な操縦性を実現する最新技術「SPORT HYBRID SH-AWD(Super Handling All-Wheel Drive)」によって、このチャレンジを成功させました。また、ドライバーにリアルタイムで正確なルート指示を与える超高精度GPSやヘッドマウントディスプレイなどのハイテクノロジーも不可欠な要素だったと言えるでしょう。
 本作品を閲覧したユーザーからは「今度の駆動方式はさすがに凄いな!」「日本が誇るスーパースポーツの復活ですね!!」など感嘆の声が寄せられ話題となり、公開約1週間で再生回数115万回を突破。現在も広く注目を集め続けています。




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。