logo

ソーラーフロンティア、累計出荷量4GWを達成 出荷地域は11ヶ国増加し、計約60ヶ国に


【東京―2016年10月11日】― ソーラーフロンティア株式会社(代表取締役社長:平野敦彦、本社:東京都港区台場2-3-2、以下:ソーラーフロンティア)は、CIS薄膜太陽電池の累計出荷量が4GW(出荷地域で約60ヶ国)となったことをお知らせします。直近の約1年間で出荷した1GWの出荷地域には、北欧のノルウェー、アフリカのソマリア、アジアのモンゴルといった初出荷先の11ヶ国が含まれます。

この成果は、ソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池が誇る、高温や影に強く実際の設置環境下における優れた発電能力や、メイド・イン・ジャパン品質に対する国内外のお客様からの信頼の証です。さらに、保守・管理サービスや、安心の長期保証にも高い評価をいただいています。

また、この出荷を支えてきた国富工場(公称年産能力:900MW) は、2011年に商業生産を開始した後、順調に稼働し、現在では当初の設計を上回る生産を実現しています。同時に、製品の性能向上にも継続して取り組んできましたが、今月より出力175WのCIS薄膜太陽電池を主力商品として生産開始します。

2016年11月にモロッコで行われる第22回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP22)や、パリ協定の発効を控え、世界的な気候変動への取り組みが一層注目されています。ソーラーフロンティアは、CIS薄膜太陽電池を世界各地にお届けすることで、地球温暖化対策に貢献してまいります。


以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事