logo

MT4専用EAプレゼントキャンペーン【ミラートレーダーの取引がある方限定】

FXトレード・フィナンシャル【FXTF】 2016年10月06日 17時23分
From PR TIMES



[画像: リンク ]



FXTF(株式会社FXトレード・フィナンシャル 本社:東京都港区、代表取締役社長:鶴 泰治)では、「FXTF ミラートレーダー」(11月26日を以ってサービス終了)をご利用頂いておりますお客様限定で、MT4で自動売買をお試し頂けるキャンペーンをご用意致しました。

キャンペーン詳細:リンク

プレゼント賞品は、某大手ミラートレーダー取扱い会社で2015年大賞受賞に輝いた優秀ストラテジーを、MT4上で利用可能にした自動売買ソフト「Beatrice 07EUR/USD」(収益率247%を記録※)です。

※fx-on社データより
~キャンペーン内容~

【対象】
キャンペーン期間中にキャンペーン専用申込フォームよりお申し込み頂いた方

【キャンペーン期間】
2016年9月14日(水)AM05:55 ~ 2016年11月26日(土)AM06:50

【条件】
下記条件を全て満たす方が対象となります。
・2016年9月13日までにミラートレーダーを一度でも取引したことがある方
・キャンペーン期間中にキャンペーン専用申込フォームよりお申し込み頂いた方
・上記キャンペーン期間中に「FXTF ミラートレーダー」または「FXTF MT4」で新規建て20万通貨を
 お取引された方

※マニュアル取引、自動売買の両方が対象です。
※決済取引は対象外です。
※ZARJPY、TRYJPY、USDTRYは対象外 です。

【プレゼント時期】
月次で集計し、条件達成の翌月にメールでご連絡致します。
※月次で3回(9月分、10月分、11月分)の集計をしますが、条件達成の通貨量はキャンペーン期間中の
累計です。

例:
(A) 9月に200,000通貨の新規取引
→ 10月に条件達成&プレゼントのご連絡

(B) 9月に100,000通貨の新規取引、10月に100,000通貨の新規取引で合計200,000通貨
→ 11月に条件達成&プレゼントのご連絡

【プレゼントEA 「Beatrice 07 EUR/USD」の特徴】
・某大手ミラートレーダー取扱い会社で2015年大賞受賞に輝いた優秀ストラテジー
・ハイリターン狙いでありながら最大損失を抑えた設計
・両建てを行う複数ロジック内臓
・エントリータイミングを分散しつつトレンドの始まりを押さえて利益最大化


※EA(エキスパートアドバイザー MT4で自動売買を稼動させるプログラム)

「FXTF ミラートレーダー」のサービス終了ではご迷惑をおかけ致しますが、世界中で広く利用されている自動売買プラットフォームである「FXTF MT4」もお試し頂き、引き続き弊社をご愛顧頂ければ幸いです。

■□■会社概要
商号:株式会社FXトレード・フィナンシャル
(略称:FXTF、英語名称:FXTrade Financial Co., Ltd.)
所在地:〒108-0073 東京都港区三田2-11-15 三田川崎ビル4F
代表者:代表取締役社長 鶴 泰治
資本金:3億5千万円(2016年3月末現在)
設立:2006年6月14日
金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第258号
加入団体:一般社団法人 金融先物取引業協会 会員番号 第1570号、一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 012-02639

▼ソーシャルメディア
FXTF公式Twitter:リンク
FXTF公式Facebook:リンク
FXTF YouTube公式チャンネル:リンク
FXTF公式ブログ:リンク


【リスク警告】
外 国為替証拠金取引においては、お客様が当社に預託した証拠金を担保として、実際には証拠金と比較して多額の通貨を取引します。したがって、外国為替相場 の変動がお客様の損益に与える影響は、証拠金と取引額の倍率に従って大きく増幅されます。外国為替証拠金取引はハイリスク・ハイリターンな取引であり、元 本保証はありません。外国為替証拠金取引においては、取引対象である通貨の価格の変動により損失が発生することがあり、取引金額がその取引についてお客様 が預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回ることがあります。取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが 受取りから支払いに転じることもあります。相場状況の急変により、ビッド価格(お客様の売付価格)とオファー価格(お客様の買付価格)のスプレッド幅が広くなったり、意図した取引ができない可能性があります。取引システムまたは金融商品取引業者及びお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、注文の発注、執行、確認、取消しなどが行えない可能性があります。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事