logo

ファナック、NVIDIAのAIプラットフォームで未来の工場づくりへ

NVIDIA 2016年10月05日 11時40分
From PR TIMES

ファクトリーオートメーションのリーダーとAIコンピューティングのリーダーがロボティクス・マニュファクチャリングへ向けて提携



[画像: リンク ]

2016年10月5日 – 日本・東京、GTC Japan 2016 –NVIDIAは、ファナック株式会社(以下ファナック)と、世界中の自動化工場において生産性の向上と新しい可能性を提供する「FANUC Intelligent Edge Link and Drive system(以下FIELD System)」でのAIの実装において協業を行うことに合意しました。

AIをFIELD Systemに実装することで、ロボットが自分自身でタスクを迅速かつ効率的に行う学習をすることが可能になります。この学習により、かつては1台のロボットで8時間かかっていた作業が、ロボット8台で1時間以内に終了することができるようになりました。

NVIDIA創業者 兼 CEO のジェンスン・ファンは次のように述べています。「AIの時代がついに到来しました。GPUのディープラーニングによって、ソフトウェアが自ら学び、機械が自ら判断するというコンピューティングの新しい波が一気に加速したのです。その中でも、周囲の環境を理解し、人と対話ができる高知能ロボットが特に画期的な発明となるでしょう。産業用ロボットの世界的リーダーであるファナックと提携し、高度な機械が人類の進歩を加速させる未来を築くことを楽しみにしています。」

未来の工場づくりの影響は幅広く、International Federation of Roboticsによると、世界中の産業ロボットの導入台数は2015年は100万台ですが、2019年には約260万台に上ると予測しています。
これらのロボットは、自動車から携帯電話にいたる全ての製品のためのグローバルな製造工程の中心となります。

ファナック 取締役専務執行役員 兼 ロボット事業本部長の稲葉清典氏は次のように述べています。「人工知能の発達により、ロボットは見て学ぶ作業領域が広がり、さらに学習能力も向上します。
また、ディープラーニングにより、長時間に渡ることもあるロボット行動のプログラミング時間が大幅に縮小します。
ロボットの活用によって私たちの生活はより便利に、より快適になるでしょう。ロボティクス革命をNVIDIAと共に切り拓くことを大変喜ばしく思います。」

AIマニュファクチュアリングを実現するために、GPUにより加速されたディープラーニングは不可欠です。ファナックはNVIDIAの様々なGPUとディープラーニングソフトウェアをクラウド、データセンター、そして機器の中の組込システムに活用します。

次世代のFIELD Systemには以下のものが含まれます。
·NVIDIA GPUで構築したディープラーニングによるロボット学習
·NVIDIA GPUが搭載されたファナックのFOG機器によるAIエッジコンピューティングの実現
·将来的にエッジ側のロボットにAIを実装

- FIELD systemとは
お客さまとアプリケーション開発者が高度な機械学習を活用することによって、製造業での更なる生産性向上と効率化をもたらすことができるプラットフォーム。人工知能とエッジコンピューティング技術を組み合わせることで分散型機械学習 (Distributed Machine Learning) などを可能にします。これにより、機械から収集されたデータを、エッジヘビーにリアルタイム処理することで、機械がお互いに柔軟にかつ賢く協調するなど、今までにない高度な製造業を実現します。

NVIDIAについての最新情報:
公式ブログNVIDIA blog、 Facebook、 Google+、 Twitter、LinkedIn、Instagram、NVIDIAに関する動画YouTube、 画像Flickr。

NVIDIAについて
1993年以来、NVIDIA(NASDAQ: NVDA)は、ビジュアル・コンピューティングという芸術的な科学の世界をリードしてきました。ゲーミング、自動車、データセンターおよびプロフェショナル・ビジュアリゼーションの分野で特化したプラットフォームを提供し続けています。NVIDIAの製品は仮想現実、人工知能、自律走行車の開発においても最新の技術を提供しています。詳しい情報は、リンクをご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。