logo

「難病のこども支援全国ネットワーク」、「難病のこどもとその家族へ夢を」、「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」、「東日本大震災」、「台風10号大雨被害」、「平成28年熊本地震」にチャリティ基金を寄付

~クラウド型メールサービスの売上を寄付。 サイバーソリューションズのCSR活動報告~

サイバーソリューションズ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:秋田健太郎)は、当社のチャリティ基金制度を介し、クラウド型メールサービス「CYBERMAILΣ」(サイバーメールシグマ)の売上の一部を「NPO法人難病のこども支援全国ネットワーク」、「公益社団法人難病のこどもとその家族へ夢を」、「公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」、「東日本大震災」、「台風10号大雨被害」と「平成28年熊本地震」にチャリティ基金として合計700万円を寄付したことを報告いたします。



【 寄付金対象 】

NPO法人難病のこども支援全国ネットワーク(リンク
公益社団法人難病のこどもとその家族へ夢を(リンク
公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(リンク
東日本大震災被災地域:岩手県、宮城県
台風10号大雨被害地域:岩手県岩泉町、岩手県久慈市、北海道空知郡南富良野町
平成28年熊本地震被災地域:熊本県、熊本城、大分県


「多くの子供達に夢や希望を持ってもらいたい。」
当社は多くのお客様やお取引先様、関係者各社様にご支援頂ききながら事業を展開してまいりました。
そしてこの感謝の気持ちを社会貢献で還元したいという想いから、2009年にチャリティ制度を設立いたしました。この制度を通じて、多くの子供たちに少しでも多くの夢と希望を持ってもらえることが出来ればと願っております。なお、被災された皆さまへ心よりお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
サイバーソリューションズ株式会社は、日頃の感謝の念も込めまして売り上げの一部ですが社会貢献に役立つ方法で今後も還元させていただきます。
                                   サイバーソリューションズ株式会社
                                      代表取締役社長 秋田健太郎

■2015年寄付について:リンク
■CYBERMAILΣについて:リンク
■チャリティ基金制度:リンク
-------------------------------------------------
<サイバーソリューションズについて>
[画像: リンク ]

サイバーソリューションズ株式会社は電子メールサーバをはじめ電子メールセキュリティ関連の製品を中心に、企業向けソフトウェアの開発、販売、提供をしています。電子メールソリューションの分野におきましては、国内で約15,000社以上の企業で利用されている高性能WEBメール機能搭載の統合型セキュア・メールサーバシステム「CyberMail」、内部統制・コンプライアンス対策として国内メーカー実績NO.1(※)のメール監査・メールアーカイブシステム「MailBase」、未知のスパムも情報漏洩の脅威からも高い投資対効果でシャットアウトできるアンチスパムシステム「MailGates」を開発、販売しております。平成21年より自社の電子メールシステムの技術をクラウド型の「CYBERMAIL∑」として提供するサービス事業も開始しました。

日本の企業では珍しい独自のメールシステムの技術を有することにより、安全で快適な電子メール環境のトータルソリューションの提供を行っています。(※)富士キメラ総研※「2015ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」より
・会社名: サイバーソリューションズ株式会社
・設立日: 2000年1月
・代表者: 秋田 健太郎 (アキタ ケンタロウ)
・事業内容:ソフトウェアの企画/開発/販売、クラウド/ASP事業、WEBソリューションのコンサルティング及び開発
・HP : リンク
・所在地: 〒108-0073 東京都港区三田3-13-16 三田43MTビル8 階
・連絡先: Tel:03-6809-5858/ Fax:03-6809-5860

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。