logo

コンテンツ管理ソリューションのグローバルリーダー SDLは、OMRON AmericasがSDL Webの導入で、オンライン機能を強化したことを発表

オートメーション分野の大手プロバイダ、OMRON Automation Americasが、同社のWebエクスペリエンス管理システムにSDL Webを採用。OMRON AmericasはSDLのソリューション活用規模拡大によって、長期的なWebプレゼンス向上を実現していることを発表しました。

SDL(本社 英国メイデンヘッド、LSE:SDL、リンク)は2016年9月30日(米国・欧州時間2016年9月29日)、オートメーション分野の大手プロバイダ、OMRON Automation Americasが同社のWebエクスペリエンス管理システムにSDL Webを採用し、SDLソリューションの利用規模を拡大によって長期的なWebプレゼンス向上を実現していることを発表しました。

OMRON Americasは北アメリカ大陸および南アメリカ大陸での飛躍的な成長を受け、長期的なビジネス拡大を支えるためにWebプレゼンスの向上を必要としていました。同社経営陣は、それに伴い、より俊敏性を高め、中核事業以外の業務を委託するための手段として、テクノロジスタックにクラウド型ソリューションの導入を検討していました。そこで同社が選択したのが、SDLとその導入パートナーであるContent Bloomです。SDL WebによりOMRON Americasは、現在のWebのニーズに対応するだけでなく、今後見込まれる新ブランドや新製品、新会社の追加に伴う複雑な管理にも対処できる能力を備えることができたと言います。

Content Bloomは現在、クラウド上にあるOMRON Americasの新しいSDL Webプラットフォームに7つのWebサイトを移行する作業の最終段階に入っています。また、SDLのDigital Experience Accelerator(DXA)を活用し、Webサイトの作成と展開の方法を根底から変えました。

「DXAフレームワークでは、すぐに使用できる機能が多数搭載されているため、Content BloomのチームはSDL Web上で管理するWebサイトやモバイルサイトを迅速に作成できます。さらに、SDLのDXAによってクライアントが自社サイトを完全に管理できるようになっただけでなく、テクニカルチームの協力なしに新しいサイトの作成までできるようになりました」と、Content Bloomの主任ソリューションアーキテクト、John Winter氏は語ります。

Forresterは、今後3~5年で大多数のCIOが自社インフラストラクチャの40~50%をクラウド型のサービスに移行するだろうと予測しており、OMRON Americasはこれに乗り遅れないための投資を行っています。 すでにSDLの翻訳サービスを利用していた同社にとって、クラウド型のSDL Webの採用は、あらゆるWeb関連資産を1社のソリューションパートナーを通して管理できるという点で理想的でした。

「サイト関連のインフラストラクチャの心配をすることなく、顧客ベースの拡大や、産業オートメーション分野のリーダーとしてオムロンをポジショニングすることに集中したいと考えています」と、OMRON Automation Americasのデジタルメディアマネージャ、Karina Orozco氏は断言しています。「当社サイトのクラウドへの移行は極めて理にかなったものでした。サイトのインフラストラクチャを自社で管理する場合のリスクやコストを軽減できたうえ、SDL Webを通じて活用できるサービスに完全にアクセスできるためです」

「クラウドへ移行する企業が増加している流れを受け、SDLは俊敏なクラウド型ソリューションを求めるお客様のニーズに応えようと積極的に取り組んでいます」と、SDLのCEO、Adolfo Hernandezは言います。 「成功する組織には、その成長を示す強力なWebプラットフォームが必要です。卓越したWebエクスペリエンスの実現でOMRONとのパートナーシップを強化できることを光栄に思います」


■SDLのニュースリリースページ
リンク

■関連ソリューション
SDL Web:リンク


==================================================

SDLについて

SDL(LSE:SDL)は、グローバルコンテンツ管理およびランゲージソリューションをリードしています。 この分野で20年以上の実績を持つSDLは、収益性の高いデジタルエクスペリエンスの実現を促進することで、企業のグローバル規模の成長を支援しています。 グローバル企業上位100社のうち79社が、SDLとともに、多数のブランドやWebサイトをあらゆる言語やデバイスで提供する際に拡大するコンテンツ管理の複雑性を解消し、 グローバル化を加速しています。 詳しくは、リンク をご覧ください。Twitter、LinkedIn、Facebookでも情報発信しています。

オムロンおよびOMRON Automation Americasについて

オムロン株式会社は、センサーおよび制御に関するコアテクノロジを基盤にした産業オートメーション分野の世界的リーダーです。 事業分野は幅広く、産業オートメーション、電子部品、自動車用電子部品、社会インフラシステム、ヘルスケア、環境関連ソリューションなど多岐にわたります。 1933年に設立され、世界中に約38,000人の従業員を擁し、110か国以上で製品やサービスを提供しています。 OMRON Automation Americasは、産業部品、オートメーションシステム、ロボット工学、複雑な動作に関する製品や安全に関する製品などの分野で使用される製造装置の製作を担当する機械設計者を支援しています。 詳しくは、OMRON AmericasのWebサイトをご覧ください。リンク


【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:SDLジャパン株式会社
担当者名:立花 久美子
TEL:0357202726
Email:ktachibana@sdl.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。