logo

じぶんの地盤アプリAR版を10月7日よりプレリリース開始(Android対応)現在地から周辺地域の地盤安心スコアを360度視覚化することが可能です

地盤ネットホールディングス株式会社 2016年10月03日 18時21分
From PR TIMES

“生活者の不利益解消”という正義を貫き、安心で豊かな暮らしの創造を目指す地盤ネットホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:山本 強、以下地盤ネットHD)は、子会社の地盤ネット総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役:山本 強)が開発した、現在地の地盤リスクの目安をタイムリーに知ることができるスマートフォン端末対応のウェブサービス「じぶんの地盤アプリ」のAR版を開発し、Android対応版を10月7日よりプレリリース致します。



「じぶんの地盤アプリ」は、現在地の地盤安全性の目安を点数でリアルタイムに調べることができ、2016年8月1日リリース後、2ヶ月で利用ユーザーが5万人を突破するなど急増しています。

今回、先進的なAR(Augmented Reality)技術を使い、現在地からさらにスマートフォンに搭載されているカメラ映像に合わせて、周辺地域の地盤安心スコアを表示する機能を搭載しました。この機能により、利用者がスマートフォンをかざすことで、現在地から最大300m先の地盤情報が可視化され、地盤リスクに応じた安心・安全な土地探しや土地選び、自然災害に備えたより安全な地盤エリアを事前探索するなどの活用が可能となります。これにより利用者は、点から面へ地盤リスクをよりダイナミックに体感できます。
[画像1: リンク ]

1) アプリを起動すると、今いる場所の地盤安心スコアを表示します。
2) モバイル端末を起こすと自動的にカメラが起動し、映像の中に地盤安心スコアが現れます。
3) モバイル端末の傾きに応じて、100m先、300m先の情報が表示されます。
4) カメラの向きを左右に変えると、その方位の100m先、300先の情報へ切り替わります。
5) カメラを下に向けると今いる場所の地盤安心スコアの表示に戻ります。

<利用制限について>
今回のプレリリースは、Android端末限定となります。iPhone、iPadなどのiOS端末につきましては、専用アプリ開発を進めておりますので、近日中にリリースのご案内を致します。また、ご利用は従来通り無料ですが、AR版をご利用いただくにはユーザー登録が必要となります。

[画像2: リンク ]

<サービス概要>
・サービス名:じぶんの地盤アプリ Ver2.0
[画像3: リンク ]



・利用料:無料
・対応機種:PC、Mac、タブレット端末、スマートフォン(iPhone、Android)
※AR版については2016年10月7日現在Android端末のみ対応
・詳細ページ:リンク


<「じぶんの地盤アプリ」の紹介事例>
・現在地の地盤の安全性を確認できる「じぶんの地盤アプリ」
出典:準天頂衛星システム(内閣府より受託)に記事掲載(2016年8月27日)
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。