logo

IT運用自動化ソリューション 「POLESTAR Automation」を発売開始

株式会社ワイドテック 2016年10月03日 10時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年10月3日

株式会社ワイドテック

IT運用自動化ソリューション「POLESTAR Automation」を発売開始
~ 運用最前線の課題解決のための、エンタープライズ向け自動化製品 ~

株式会社ワイドテック(本社・東京都江東区、代表取締役・李光一郎)では、ITサービス運用自動化ソリューション「POLESTAR Automation」(ポールスター・オートメーション)を開発し、本日より受注を開始します。

ITシステム・サービス運用の最前線においては、規模の拡大に加え、仮想化、クラウドとオンプレミスの混在といった多様化が進んだ結果、運用管理は複雑を極め、ヒューマンエラーなどによるトラブル発生の余地も増大しており、根本的な対策が求められています。
こうした課題の解決を図るための手段として、近年、運用自動化製品の需要が高まり、市場規模も急速に拡大しています。2015年度は前年度比22.3%増の36億6,900万円で、2016年度も同21.9%増、2015~2020年度の年平均成長率(CAGR)は16.9%の見込みと、高い伸び率が予想されています。*

* 株式会社アイ・ティ・アール調べ(2016年8月23日発表)
リンク

POLESTAR Automationは、創業以来16年にわたりネットワーク監視ソリューションを手掛けてきたシステム運用のエキスパートであるワイドテックが、満を持して投入するIT運用自動化製品です。

【本ソリューションの概要・特徴】
1. 導入してすぐに運用業務の自動化を実現
200種類超のジョブテンプレートを標準で提供し、導入時に自動化ジョブを一から作成することなく、運用業務の自動化を手軽に実現できます。
また、Linux/UNIXシェルやWindowsバッチファイル、PowerShell、Expect、Perlなどで作成された既存の運用スクリプトを、そのままPOLESTAR Automationの自動化ジョブに組み込んで活用することも可能です。

2. Web GUIによる簡単な操作と管理
ウィザードによる自動化ジョブ作成、ドラッグ&ドロップによるジョブ操作など、基本操作の大半を、Webブラウザで呼び出せる管理クライアントのGUI上で実現しています。

3. マルチプラットフォーム環境でも運用を一元的に自動化
高度な自動化操作の実現のために必要なサーバー用エージェントは、WindowsとLinuxはもちろん、IBM AIX、Solaris、HP-UXなどの商用UNIXもカバー。複数種のOSで構成されるエンタープライズシステムにおいても、一元的な自動化を実現します。

4. 必要な機能を選択して導入できるライセンス体系
豊富な機能を個別にモジュール化し、必要なモジュールだけを選んで導入できる、フルチョイス型ライセンス体系を採用。手頃な初期費用でスモールスタートが可能です。初期導入時点では選択しなかった機能を、後から追加することもできます。

【「ITpro EXPO 2016」に出展します】
2016年10月19日から21日までの3日間、東京ビッグサイトにて開催されるIT展示会「ITpro EXPO 2016」(主催・日経BP社)に、POLESTAR Automationを出展し(ブース番号: 1225)、実機によるデモンストレーションを実施します。

ワイドテックではこのたびのPOLESTAR Automationの営業開始を機に、運用管理製品・ソリューション事業を引き続き拡大し、自動化をはじめとするIT運用業務への新たな価値の提供に努めて行きます。

以 上

■製品に関するお問い合わせ先
株式会社ワイドテック
プロダクト事業部 POLESTAR営業担当
電話:03-5628-6450 FAX:03-5628-6451
E-mail: polestar@widetec.com mailto:polestar@widetec.com
Webサイト: リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。