logo

不要なモノの買取査定金額で支援を行う“モノチア”プロジェクト始動 ~第1弾として、クラシックカーイベント『VecchioBambino(ベッキオバンビーノ)』にて実施決定!~

2016年10月1日(土)・2日(日)/2016年11月26日(土)・27日(日)  於 岡山県内各地 リンク

 ITを活用した古着ファッションの買取や販売を手掛けるベクトルグループ(本社:岡山県岡山市、代表取締役:村川智博、URL:リンク、以下ベクトル)は、買取サービスを利用し、いらなくなったものの査定額を寄付できる“モノチア”プロジェクトを開始いたします。



[画像1: リンク ]

 “モノチア”プロジェクトとは、「新しい支援のカタチ」をコンセプトに、使わなくなった物をお売りいただき、査定額のうちご希望の金額を寄付することで社会貢献するベクトルの新しい取り組みです。これまでに無かった新たな支援として、“モノチア”を提案するとともに、誰もが所有している「モノ」を通じ人と人との架け橋となることを目指します。

 「リユース×チャリティー」の活動を率先して行っていたベクトルは、この“モノチア”プロジェクトを開始することで様々なイベントや団体、企業などとコラボレーションを加速させていきます。

 本プロジェクトの第1弾として、実施が決定した「VecchioBambino(ベッキオバンビーノ)」は、クラシックカーやスーパーカーなど世界の名車の展示やカーラリー等を行うクラシックカーイベントであり、2016年10月1日(土)・2日(日)と11月26日(土)・27日(日)の4日間、岡山県内の各地で開催されます。訪れる地域の方との交流と賑わいの創出、震災復興支援・交通事故遺児への寄付を目的とし、その開催意義に共感したベクトルは2016年春より、特別協賛企業として全面的にサポートしております。

 使わなくなった物をお売りいただき、査定額のうちご希望の金額(10%以上)を“モノチア”プロジェクトを通じ、「VecchioBambino(ベッキオバンビーノ)」へ寄付をいたします。集められた寄付金は、全て東日本大震災の被地復興支援と交通事故遺児就学へと送られます。

 今後も、ベクトルは、チャリティーや“モノチア”など、リユースビジネスを多角的に展開していき社会に貢献して参ります。

■モノチアとは
 使わなくなった「モノ」をお売りいただき、ベクトルが買い取ることで、査定額相当が支援に役立てられる「新しい支援のカタチ」です。査定金額のうち支援者が指定した金額を「支援金」としてベクトルが提携したプロジェクトへ役立てられます。
 何か支援をしたいが「ボランティア活動に一人で参加するのは不安」 「忙しくて時間がない」という人の背中を押し、誰もが所有している「モノ」を通じて人と人の架橋となることを目指します。
 第一弾の「VecchioBambino(ベッキオバンビーノ)」を皮切りに、民間プロジェクト、スポーツチーム等様々な団体と提携し、“モノチア”の輪を広めます。

■VecchioBambino(ベッキオバンビーノ)
[画像2: リンク ]

開 催 日: 1. 平成28年10月 1日(土)・ 2日(日)
        2. 平成28年11月26日(土)・27日(日)

開催場所: 1. 岡山・備前・美作・津山・真庭・赤磐市などを中心に広く岡山県東部エリアをルートして設定。
2. コンベックス岡山 大展示場ほか

参加車両:約90台
(1972年までに製造されたヨーロッパ製のヴィンテージスポーツを中心に実行委員会の認める各年代のスーパーカーを加えた華やかな車種が揃います。)

■株式会社ベクトル
 「ゴミバコのないセカイへ」を企業理念とし、全国に94店舗展開するブランド古着買取店舗「ベクトル」とブランド古着通販サイトの運営をしております。
 オンライン宅配買取サービス「フクウロ」や店舗で仕入れた古着ファッションアイテムを自社運営通販サイト「ベクトルパーク」を始め、楽天やYahoo!オークション等で販売するマルチチャネル販売戦略をとっており、取り扱いアイテム数 は常時50万点以上と日本最大級の品揃えを実現しています。
 また、商品の査定から出品までの効率化を図った物流拠点 「ベクトルグローバルポート」も新設致しました。今後は、他社との積極的な業務連携を図り、リユースビジネスを多⾓的に推進させる、新たな取り組みを行っております。

社 名 :株式会社ベクトル
設 立 :2003年2月
所在地 :岡山県岡山市北区学南町3-2-1岡山放送別棟2F(岡山本社)
       東京都港区芝3-15-13 YODAビル4F(東京本部)
従業員数 :185名 (2016年6月末 時点)
資本金 :2,800万円
代表者 :代表取締役 村川智博
事業内容 :リサイクルショップ運営、ECサイト運営、講演会・イベント事業

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。