logo

iPhone7・7 Plus対応ーiPhone・iPad録画機能をリリース、新バージョンDr.Fone for iOSはさらに機能を拡張

株式会社ワンダーシェアーソフトウェア 2016年09月30日 14時47分
From PR TIMES

iPhone・iPad画面をPCにリアルタイム録画を実現

iPhone・iPad録画することによって、口頭で伝えたり文章で説明するには複雑な操作なども、動画にすれば見た目にもわかりやすく、またYouTubeなどの動画共有サイトに投稿することによって世界中の人々とシェアすることができるので、スマートフォンの使い方の幅がより広がります。録画した動画を見せながら解説したり、スマートフォンでプレイできるゲームの攻略法を解説する時に動画を共有することも可能です。iPhone7・iOS10対応。



消費者向けソフトウェア開発・販売を展開する株式会社ワンダーシェアーソフトウェア(日本支社 東京都千代田区 代表 王博)は、9月29日に新バージョン「Dr.Fone for iOS」のリリースに伴い、iPhone・iPad録画機能を提供しました。新バージョンはiPhone・iPadのデータを守るだけではなく、さらにユニークな機能を搭載しました。

【Dr.Fone for iOSの製品ページ】
リンク


Dr.Fone for iOS の「iPhone・iPad録画機能」とは?


[画像: リンク ]

1.無線LAN接続環境下で、AirPlay経由により、iPhone・iPad内のオーディオ・動画などのデータをPCにミラーリングすることが可能です。
2.超高解像度でリアルタイムにミラーリングを実現。iPhoneの音声と使用者の解説を両方録音できます。
3.1-clickでiPhone・iPadで楽しんでいる動画やゲーム実況などをミラーリングしながら録画することができます。
4.録画した動画を、PCのローカルファイルに保存し、各種SNSと簡単に共有することができます。

iPhone・iPad録画機能の活用シーンは?

録画することによって、口頭で伝えたり文章で説明するには複雑な操作なども、動画にすれば見た目にもわかりやすく、またYouTubeなどの動画共有サイトに投稿することによって世界中の人々とシェアすることができるので、スマートフォンの使い方の幅がより広がります。録画した動画を見せながら解説したり、スマートフォンでプレイできるゲームの攻略法を解説する時に動画を共有することも可能です。

ゲーム実況/プレゼンテーション/授業のデモなどさまざまな場面に活用できます。


「Dr.Fone for iOS」製品概要

「Dr.Fone for iOS」はWindowsとMac版があります。
Windows 版製品ページ:リンク
Mac版製品ページ:リンク

【Dr.Fone for iOS】の特徴
iPhone復元ソフトとして、削除された写真、連絡先、SMS、メモなどをiPhone・iPad・iPod Touchから直接復元可能。iTunesとiCloudバックアップからも復元可能。リンゴループ、ブルースクリーンなどの起動障害からiPhoneを復元可能。

「Dr.Fone for iOS」iPhone・iPad録画機能概要

【価格】iPhone・iPad録画機能 永久ライセンス4980円(税込) 原価6980円(税込)
*機能ごとに購入可能、他の機能及び価格については、下記のリンクをご覧ください。
 リンク
【動作環境】対応OS:Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP
【対応機種】iPhone全機種

【株式会社ワンダーシェアーについて】
Wondershareは、ワンダフルを世界中の皆様と共有しています。
2003年の会社設立以来、Wondershareは、あらゆる場面で実用性が高い、革新的なマルチメディアソフトの開発に取り組んで参りました。 Wondershareの社名は「wonderful」(素晴らしい)を「share」(共有)するという自社の志を示しています。その初心の下、「ソフトウェア=知恵」を世界と共有し、人々の人生と仕事をより楽しく、便利に、簡単にすることを目指し活動してまいりました。デジタル写真・デジタルビデオ・オーディオ技術、それらのインターネットとの融合といった分野において、弊社の誇る技術力を駆使した製品群は、現在に至るまで世界中の個人のみならず、法人、政府機関、学術機関でご活用いただいております。

【開発会社概要】
会社名 株式会社ワンダーシェアーソフトウェア
設立 平成23年9月
代表取締役 王博
事業所在地 千代田区神田練塀町73 プロミエ秋葉原10F
事業内容 ソフトウエア・システム・コンテンツならびに付帯サービスの企画・開発・販売。
URL リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。