logo

「ついに日本に出現した大容量プラン 先行する韓国の大容量プランとの比較分析~」無料レポートを発表

アジアICT業界のリサーチ・コンサルティングを幅広く展開する国際リーディング企業の株式会社ROA Holdings(本社:東京都新宿区新宿、代表取締役社長:李承勲)は、調査・分析コラム「 ついに日本に出現した大容量プラン~先行する韓国の大容量プランとの比較分析~」と題した無料レポートを発表いたしました。

【 コラムの内容 】

9月13日、ソフトバンクが大容量のデータ通信プラン「ギガモンスター」の提供を開始した。これは、1カ月20GBで6,000円、30GBで8,000円というデータ通信定額プランだった。これまでの標準的なデータ定額サービスの5GB 5,000円から1,000円追加するだけでデータ量が4倍になる。KDDIとドコモはすぐさまソフトバンクに追従し、同様なプランを発表している。

ギガモンスターの先例は、韓国の無制限プランだ。例えば、35GBで音声定額を含めて9,200円と日本よりもかなり安い価格設定である。

本レポートでは韓国の先行事例を分析することによって日本の大容量のデータ通信プランの問題点やその影響を明らかにしたい。



【 目次 】

1 Issue
2 Tariff (1)
3 Tariff (2)
4 Traffic (1)
5 Traffic (2)
6 Network
7 Mobile TV Service
8 ARPU
9 Conclusion


図目次

[図2]各国のモバイルデータ料金比較
[図3]韓国キャリアが大容量データ料金プランを始めた背景
[図4]無制限料金プランとトラフィック量との相関関係
[図5]各国の1人当たりの月間トラフィック量の推移
[図6]韓国の移動通信環境(LTE、スマートフォンの普及率)
[図7]モバイルビデオ配信サービスの比較
[図8]日韓のARPU比較



▼本コラムは、ホームページにてご覧いただけます。
リンク
※会員の方はログイン後、ご覧ください。


▼無料会員登録はこちらから
リンク


▼無料アナリストコラム一覧(バックナンバー)はこちらから
リンク
現在、180トピックスに渡る国内外の通信市場関連のコラムをご覧いただけます。



■会社概要

社名 : 株式会社ROA Holdings
所在地 : 東京都新宿区新宿1-2-9 JF新宿御苑ビル 7F
TEL: 03-3356-0874 FAX: 03-3356-0875
URL :  リンク
Email : research@roaholdings.com
その他支店 : 韓国支社、中国支社、香港支社、台湾支社、シンガポール支社
代表者 : 代表取締役社長 李 承 勲 (Steve Lee)
事業内容 : 受託調査、調査レポート発行、年間サービス
専門研究分野 : アジアを中心とした通信産業及びデジタルコンバージェンス産業



■本プレスリリースについてのお問い合わせ

株式会社ROA Holdings レポート・マーケティングチーム 担当:橋本
TEL: 03-3356-0874 Email: report@roaholdings.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事