logo

フリーター、第二新卒層が面接に受からない理由とは?3人に1人が「受け身姿勢への不安」

 若年層向け正社員就職支援サービス「ハタラクティブ」(運営会社:レバレジーズ株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役:岩槻知秀、URL:リンク)は、2016年8月に面接を受け、お見送りとなった事例122件の理由を調査しました。



[画像1: リンク ]


■ポイント
・今回の対象は、正社員経験0~2年の正社員就職を希望している方
・「経歴不足への不安」は、20人に1人
・3人に1人が、「受け身姿勢への不安」「コミュニケーション力の不安」を理由にお見送り


■概要
 ハタラクティブでは、職種別面接対策会を実施するにあたり、面接のお見送り理由を振り返る調査を行いました。全体では主体的ではなさそうなどの「受け身姿勢への不安」が29.1%、目が合わない、声がか細いなどの「コミュニケーション力の不安」が20.9%と多いことがわかりました。反対に、年齢の割には転職回数が多すぎる、空白期間が長いなどの「経歴への不安」は6.1%と少ないことがわかりました。

 職種別に見てみると、営業職、販売職は35.3%が「受け身姿勢への不安」を理由にお見送りしているのに対し、他職種では多いながらも18~22%程度となっている。接客業ではやはり、43.8%が「コミュニケーション力への不安」を理由にお見送り理由としては多くなっていた。

※ 接客職=サービス提供(ホテル、本屋、小売、雑貨屋、ドラッグストアなど)、販売職=商品提供(携帯、電気、アパレル、コスメ、プロモーションイベント)としています。


[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]


■面接のお見送り理由の例
<受け身姿勢への不安>
・受け身が多い、主体的でなさそう

<コミュニケーション力の不安>
・目が合わない
・声がか細く、表情が硬い
・涙目
・早口で一方的に話し続ける

<発言内容と実際の行動のずれ>
・行動と強みがミスマッチ
・退学の振り返りや反省から、行動に変容がない

<質問と回答のずれ>
・質問と回答がずれている

<経歴不足への不安>
・年齢の割には転職回数が多すぎる
・正社員就職を決意するまでの期間が長すぎる<チームワーク不足への不安>
・自己判断が多そう
・チームプレイが苦手そう

<身だしなみの乱れ>
・服装がだらしない
・髪が乱れている

<その他>
・考え方や雰囲気が社風と合わない
・仕事内容を把握していない
・業界知識が乏しすぎる
・ネガティブな発言


■ハタラクティブとは?
ハタラクティブ(リンク)は、レバレジーズ株式会社が運営する、フリーターや既卒など正社員未経験の方、また経験の浅い第二新卒向けの就職・転職支援サービス。転職エージェントを普段使用しない未経験層にも個別の求人紹介、面接対策などのサポートを提供すべく2012年からサービスを開始し、これまでサポートした数は50,000人に昇ります。


<運営会社概要>
会社名: レバレジーズ株式会社
本社所在地: 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ17F
代表取締役: 岩槻知秀
設立: 2005年4月
事業内容: 自社メディア事業、システムエンジニアリング事業、 メディカル事業、人材紹介事業
URL: リンク




プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事