logo

地域特化型クラウドファンディング“FAAVO” 株式会社メディアパワーと提携してFAAVO福島をリニューアルオープン。 

株式会社サーチフィールド 2016年09月29日 09時00分
From ValuePress!

株式会社サーチフィールド(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小林 琢磨)は、地域特化型クラウドファンディング「FAAVO」の福島エリアを、株式会社メディアパワー(本社:福島県須賀川市、代表取締役:吉田 有希)に運営委託する事を正式に決定し、9月28日にリニューアル公開を行ったことをご報告させていただきます。


[資料: リンク ]

株式会社メディアパワーは、楽しさこそ最大の集客ツールという価値観のもと、文化のインフラを作る取り組みに励んでいます。地域一番の企画会社を目指す同社は、今回「FAAVO福島」の運営を担うことで、培ってきた企画力とスタイル提案ノウハウを活かし、地域の活動家支援、ベンチャー企業の創出、および中小企業を育成し、地域の発展・振興による豊かな街づくりを目指します。

FAAVO福島:リンク
株式会社メディアパワー:リンク
プロジェクト募集エリア:下記の地域を除く、福島県全域
いわき市
相馬市・南相馬市・新地町・飯舘村
広野町・楢葉町・富岡町・川内村・大熊町・双葉町・浪江町・葛尾村
※上記エリアはFAAVO磐城国(いわき信用組合)が運営


[資料: リンク ]


地元業者との連携で地域活性化!5年間で30回以上の地域イベント開催実績
株式会社メディアパワーは青年会議所、商工会議所青年部、町づくり会社「こぷろ須賀川」などに参加して 地域づくりの活動は長年おこなってきました。青年部のメンバーとして震災以降「地域交流促進プロジェクト」の主幹団体としいて「地域交流館ボタン」の運営を行い、毎月地域の子供たちとの交流促進を目的とした「寺子屋事業」として地域事業者に 協力いただき、もの作りや歴史を学ぶなどの事業を5年間でのべ30回以上開催し参加いたしております。


クラウドファンディングで地域に自由と可能性を広げたい
さまざまな活動をとおして、一番困難だったのが支援金や予算を獲得することであり、また補助金等を活用すると活動や事業に制限がでてしまうなどを体感してきました。もっと個人単位で想いやアイデアを具現化できる環境をFAAVOを通じて発信し 地域の皆様と新しい活動、文化を発信していければと思っております。


第一号案件は福島牛のブランディングで地域活性化!会津地方の民藝「赤べこ」に代表されるように古くから牛との関わりが深い福島を食からアピールします!


[資料: リンク ]


■ 今後の展開
株式会社メディアパワーは9/28に「FAAVO福島」の運営委託を正式に発表し、本格的に運営を開始します。福島県中通りエリアをメインにリリースまでクラウドファンディングの仕組みを活用する環境を整え、その後は「FAAVO」本体を運営する株式会社サーチフィールドと協力し合いながら、会津エリアの展開も視野に活動していく予定です。

■地域特化型クラウドファンディング「FAAVO」サービス概要
2012年6月に開始した地域に特化したクラウドファンディングサービス。現地の事業者、行政、金融機関などと連携し、エリアごとにオーナーを立てて運営している点が最大の特長。2016年9月現在、全国59エリアで展開中。約900の地域のクラウドファンディングプロジェクトをコーディネート、4億円以上の支援金を集めている。
URL: リンク

■株式会社サーチフィールド会社概要
【会社名】 株式会社サーチフィールド
【代表者】 代表取締役社長 小林 琢磨
【所在地】 東京都渋谷区渋谷1-11-8 渋谷パークプラザ5F
【設立】 2008年7月28日
【事業内容】 イラストや漫画に特化した制作代理店業務「ギクタス」
地元応援クラウドファンディングサービス「FAAVO」の開発・運営
マンガレコメンド型カフェ・バー マンガサロン「トリガー」の運営
ウェブサイト:リンク

以上



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事