logo

重力発電の発明への物理的証拠

Universe Architecture 2016年09月29日 11時08分
From 共同通信PRワイヤー

重力発電の発明への物理的証拠

AsiaNet 65944

アムステルダム、2016年9月29日/PRニュースワイヤー/ --

オランダの建築家と科学者が、「重力からエネルギーを得ることは可能か」という質問とともに始まった事柄について原理証明を届けます

この発明は、持続可能な家庭用発電機につながる可能性があります。

この6か月間、建築家のJanjaap Ruijssenaars氏(アムステルダムのUniverse Architecture)とヘンゲロー(オランダ)のVIROからの科学者は、物理的証拠に取り組んできました。先の計算に基づいて期待されたように、重力は機械的不安定性と組み合わさると、機械的圧力を電気、いわゆる圧電気に変える技術効率性を大幅に改善しました。この効率性改善は、新しいタイプのエネルギー発生機への道を開きます。

(写真: リンク )

ロイターとのビデオインタビューで、Ruijssenaars氏は「私は、どうすれば重力をある瞬間に存在させ、次の瞬間にはそこに存在させないことが可能かを考えようとしました。なぜなら、変化は電気を作り出すことが出来るからです。」と述べています。各国際テレビ局でのロイターニュースの放送は、エネルギー発明家たちの注目を集めました。この特許発明に使用許可を与える、オランダに本社を置くGravity Energyの株式のうち10%は、既にエンジェル・インベスターのJeroen van den Hamer氏が取得しています。同氏は、「風力タービンやソーラー・パネルのような既存の持続可能な方法と比べて、この高い効率性が我々の興味を引きました。これはゲーム・チェンジャーとなり得ます。」と述べています。

アイデアは以下の通りです:質量をアンバランスにすることで、重力エネルギーは圧電発生機への追加投入として利用可能になります。発電にはそよ風程度で十分です。ピエゾスプリングに貯蔵された残りのエネルギーは、質量を不安定な平衡位置に戻すために使用できます。これがサイクルあたり80%の理想的なエネルギー効率が可能なアイデアの本質です。

Ruijssenaars氏は、今や証明された発明とその高効率に興奮して、常に投入エネルギーが必要な永久運動の概念を断固として拒否しています。この発明の原理は、大小の規模に関係なく適用可能なため、同氏は、既存のエネルギー発生システムを改善する可能性もあると考えています。

重力エネルギーに関する説明動画をご覧下さい:
リンク

2015年末、発明理論に関する初出版:
リンク

情報:
リンク

追加情報:
ロイターニュース:
リンク

テレビ放送:
リンク
リンク
リンク

情報源:Universe Architecture

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。