logo

英国製自動車がかつてない程の人気、英国自動車リーダーがパリモーターショーに先立ちエッフェル塔に集結

SMMT 2016年09月29日 10時59分
From 共同通信PRワイヤー

英国製自動車がかつてない程の人気、英国自動車リーダーがパリモーターショーに先立ちエッフェル塔に集結

AsiaNet 65940

パリ、2016年9月28日/PRニュースワイヤー/ --

・重要なパリモーターショーに先立ち、英国自動車産業の大手メーカー8社が団結して英国製自動車を宣伝

・2015年に過去最大規模の輸出を記録、2016年最初の8カ月で約90万台の自動車が世界のバイヤーに向けて出荷、英国ブランドの人気は過去最高に

・新モデルを生産し、英国をエンジニアリングの卓越性における中心的存在へと高めるため、過去5年間で100億ポンドの投資

英国の大手自動車ブランド8社が、現在英国で生産されている自動車の多様性と品質を実証すべく重要な国際モーターショー前日の今日、パリのエッフェル塔に集結しました。アストンマーティン、BMW MINI、ホンダ、ジャガー、マクラーレン、日産、トヨタ、ボクスホールを含む英国に拠点を置くメーカーの上級経営幹部に加えて、英国通商産業省政務次官のマーク・ガルニエMP氏が参加し、英国の自動車分野の力を世界の聴衆に宣伝しました。

(ロゴ: リンク )

英国の自動車産業は、優位な景況、無関税貿易、新モデル・施設への多額の投資のおかげで、この数年かつてないほど成長しています。自動車メーカーは、昨年10年間で最大の成長を遂げており、英国製自動車は、120万台が100ヶ国以上に輸出された記録とともに、これまでにない程の人気を博しています。2016年最初の8カ月で既に、輸出台数は、前年同時期を13%上回る約90万台に達しており、昨年の総輸出台数は今年破られることが確実視されています。[1]

英国の最大貿易相手国はEUであり、今年これまでに英国製自動車の57.3%がEU諸国に輸出されています。続いて米国向けが12.1%、中国向けが7.1%を占めています。英国製自動車を購入している個々の国としては米国が1位である一方で、次のEU加盟国6か国が上位10位に入っています:ドイツ、ベルギー、イタリア、フランス、ポルトガル、スペイン。

英国自動車製造販売者協会(SMMT)の最高経営責任者であるマイク・ホーズ氏は次のように述べています。「英国自動車産業は、その豊かな伝統、象徴的ブランド、エンジニアリングの卓越性により世界的に尊敬されています。この5年間で100億ポンド以上が、新施設や新モデルに投資されており、重要な国際モーターショーに先立って、非常に多くの競合ブランドが協力して英国製自動車の力を宣伝しているのを目にして誇らしく思います。この分野での将来的な成功は、世界的な競争力を高めるビジネスと貿易条件を維持する英国の能力次第と言えます。」

多額の資金が、毎年さらにクリーンで燃費の良い安全で進歩した自動車を開発・製造・発売すべく英国に投資されています。特に、英国は超低エミッション車およびプラグインハイブリッド車で実績を持ち、産官が連携した主導のもと10億ポンドが最先端の推進技術開発に投資されています。また、英国の超低エミッション車市場自体は、欧州でスペインに次いで2番目に急成長している市場です。[2]

一方、英国は産官による多額の投資のおかげで、コネクテッドカ―と自律走行車の世界的な開発拠点として既に評判を得ています。英国は数十年前に開催されたウィーン国際会議での条約を批准しなかったため、他の多くの国よりも2年先駆けてこの種の自動車を公道で試験運転することが出来ました。これにより、このような技術の開発と導入は、30万の新雇用創出と毎年25,000件の事故防止と共に、2030年までに年間510億ポンド規模のGDPへの貢献という結果につながりうるため、英国は大きく成長する可能性があります。

英国がこのような機会を得たことは、その適応性、リーダーシップ、革新性における能力を証明しています。初期投資、専門能力、技術的進歩への固有の取り組みのおかげで、英国の自動車は、運転をよりクリーンでスマート、そして安全にするこれらの画期的な技術の最前線にいます。

編集者への注記

1 2016年1月~8月で英国から輸出された自動車は87万7,457台

2 2016年第2四半期のACEA(欧州自動車工業会)データ

高解像度のグラフィック・画像は リンク で入手できます。

SMMTと英国自動車産業について

英国自動車製造販売者協会(SMMT)は、英国で最も影響力を持つ最大規模の事業者団体の1つです。国内外で英国自動車産業の利益を支え、政府・ステークホルダー・メディアに対して団結した立場を促進しています。

自動車産業は、716億ポンド以上の売上高、189億ポンドの付加価値を占め、英国経済において重要な役割を果たしています。製造分野で約16万9,000人、より広範な自動車産業全体で81万4,000人を直接雇用し、英国の全製品輸出の12.0%を占め、毎年250億ポンドを自動車のR&Dに投資しています。30社以上のメーカーが、2,000社以上の部品提供業者および世界で最も熟練したエンジニアの一部によって支えられた英国で70モデル以上を製造しています。

英国の自動車に関する詳細情報はリンク のSMMTが発表した「2016年自動車産業の事実(Motor Industry Facts 2016)」でご覧になれます。

放送局:SMMTはISDNスタジオを備え、専門スポークスマン、事例研究、地域代表者にアクセスしています。

メディア問合せ先:
Lucy Bielby
+44(0)20 7344 1610
lbielby@smmt.co.uk
Eleanor Fricker
+44(0)20-7344-1667
efricker@smmt.co.uk

ソース: SMMT

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事