logo

シーメンスのNX、コンバージェント・モデリングで製品設計に次なるブレークスルーをもたらす

- 3Dプリンティング用に最適化された部品の設計を支援する最新テクノロジーを搭載
- データ変換を不要にして設計期間の短縮を実現
- スキャンしたモデルのリバース・エンジニアリングを簡素化するユニークな機能を装備

シーメンスのNXの最新バージョンのNX 11は、時間のかかるデータ変換を不要にし、
ファセット、サーフェス、ソリッドの組み合わせからなるジオメトリ操作を大幅
に簡素化するまったく新しいモデリング・パラダイムである「コンバージェント
(集約型)モデリング」を実現して、デジタル製品開発に次なるビッグ・ブレー
クスルーをもたらします。これまでにないまったく新しいモデリング・テクノロジー
である「コンバージェント・モデリング」は、3Dプリンティング用に最適化された
部品の設計、設計プロセス全体のスピードアップ、製品設計におけるリバース・
エンジニアリングの頻繁な適用と効率化を推進します。さらにNX 11は、次世代
の3D CAEとして先ごろ発表した新しいSimcenter 3Dソリューションをはじめ、
CAMの生産性を向上させるロボット・マシニングやハイブリッドアディティブ・
マニュファクチャリングのためのツールなど、統合CAD/CAM/CAEソリューション
として随所に機能強化が図られています。

シーメンスPLMソフトウェアの製品エンジニアリング・ソフトウェア担当バイス
プレジデントのJoe Bohmanは、「シーメンスは、コンバージェント・モデリング
などの革新的な機能を提供するために主力製品への投資を続けています。これら
の機能はデジタル製品設計の在り方を一変させるものと確信しています。特に
コンバージェント・モデリングは、ファセット・ジオメトリの効率的な操作に
絶対欠かせないツールになると予想しています。この独自の最新テクノロジーは、
スキャンしたジオメトリの操作につきものの修正作業のミスを撲滅するなど、
時間の短縮とコストの節約を劇的に実現します。さらに、3Dプリンティング用
に部品を最適化しようとする場合、従来のCADモデリングで直面する限界を取り
払います。NX 11は、設計プロセスを簡素化し、ますます進化する付加製造を
サポートして、製品開発に別次元の新しいクリエイティビティをもたらします」
と述べています。

これまでの製品設計は、いわば一般的に利用可能な材料と製造方法に基づいています。
しかし、付加製造などの新しいテクノロジーは、より高いパフォーマンスを発揮
できるフォルムと形状の設計を創造する扉を開きます。従来のCADテクノロジー
は製造方法をサポートするように設計されていますが、いざ付加製造用に設計を
最適化しようとすると限界に突き当たります。コンバージェント・モデリングは、
付加製造で利用可能な材料とテクノロジーを使って最適で新しい形状を迅速に
作成できる柔軟性を提供して、こうした限界を取り払います。

同様に、コンバージェント・モデリングは、スキャンしたデータの作業プロセス
を簡素化します。医療器具、自動車、家電などの多くの業界では、スキャンした
3Dデータを設計プロセスの一部として活用する動きが強まっています。従来、
こうした既存設計のリバース・エンジニアリングは時間とコストばかり要する
面倒なプロセスでした。スキャンしたデータのファセット・ジオメトリをサーフェス
やソリッドの形式に長時間掛けて手動で変換しなければ、モデリングに利用でき
ません。特に不規則な形状を3Dプリンティングや金型設計、解析などに使用でき
るようにするには、膨大な修正作業が必要で、リバース・エンジニアリングの完成
までに何日も何週間も要します。コンバージェント・モデリングは、スキャンした
データをNX 11で直接操作できるファセットとして取り込むことで、この修正作業
のほとんどを不要にします。サーフェスのマッピング、ソリッドの作成、その他
手動による形状作成の操作が要りません。

コンバージェント・モデリングは、スキャンしたデータをすぐに活用して、形状
に基づく金型の作成、アセンブリへの取り込み、解析、その他一般的なCAD操作を
可能にします。このリバース・エンジニアリング機能と、NX 11に追加された新しい
3D プリント機能を組み合わせれば、NXからダイレクトに3Dプリントを実行できるため、
付加製造プロセスを大幅に簡素化することができます。新しいブレークスルーを巻き
起こすこのスキャン、編集、プリントのワークフローは、Microsoftの新しい3Dプリント
機能を利用するほか、広範な互換性を保持するために3MFフォーマットをサポートします。

NX 11にはその他にも大きな機能拡張が随所に図られています。製品パフォーマンス
の予測に必要なすべてのシミュレーション機能を提供するSimcenter 3DがNXで利用
できるようになり、さらにパワーアップされました。Simcenter 3Dはスタンドアロン・
アプリケーションとしても使用可能ですが、NXで使用すると、設計タスクとシミュレー
ション・タスクをシームレスに連携させることができます。クラス最高のジオメトリ
編集機能、連想性を保持したシミュレーション・モデリング機能、業界の専門知識を
組み込んだ複合領域ソリューションが統合されているため、シミュレーション・
プロセスを加速させることができます。また高速かつ正確なソルバーが、構造解析、
音響解析、流体解析、熱解析、モーション解析、コンポジット解析のほか、最適化や
マルチフィジックス・シミュレーションも強力にサポートします。Simcenter 3Dでは、
NX 11用に回転機器の新しいモデリング機能とシミュレーション機能、内部・外部音響
解析用の新しい環境、機能強化された複合構造体の損傷解析などが導入されています。

NX 11の製造用の高度なテクノロジーは、マシニングの柔軟性と精度の向上、プログラ
ミング時間の短縮、部品品質の向上を可能にします。NX CAMの新しいロボット・プログ
ラミング機能は、製造現場におけるマシニング・アプリケーションの適用範囲を拡張し、
6軸以上のロボットを使った大型で複雑な部品の精密なマシニングを支援します。ロボット・
マシニングは、研磨やバリ取りなどの手動操作を自動化し、繰り返し精度を向上させて
高品質な部品の製造を可能にします。さらに、フィーチャー認識機能の拡張により、
多孔部品のNCプログラミングを自動化して、プログラミング時間を最大60%削減します。
さらに、NC CMM Inspection Programmingに、CMMの直線軸ではなくヘッドのみを移動
させて測定できる新しい高速サイクル機能が追加されています。この新しいヘッド・
タッチ法は精度を向上させ、検査サイクルを最大3倍高速化します。

詳細については リンク
をご覧ください。

シーメンスPLMソフトウェアについて
シーメンスPLMソフトウェアは、シーメンスデジタルファクトリー事業本部のビジネス
ユニットで、PLM(製品ライフサイクル管理)とMOM(製造オペレーション管理)の
ソフトウェア、システムおよび関連サービスにおいて世界をリードするグローバル・
プロバイダーです。これまで世界140,000社以上のお客さまにサービスを提供し、
1,500万ライセンス以上のソフトウェアの販売実績を上げています。米国テキサス州
プラノを本拠地とし、数多くのお客様と協働して各種産業向けソフトウェア・
ソリューションを提供しています。これによりお客様がイノベーションを実現し、
世界中で競争優位性を常に確保できるよう支援しています。シーメンスPLMソフト
ウェアの製品やサービスに関する詳細は www.siemens.com/plm にてご覧いただけます。

シーメンスAG について
シーメンスAG(本社:ベルリンおよびミュンヘン)は、165年以上もの間、卓越した
エンジニアリングとイノベーション、品質と信頼性、そして国際性を象徴するグローバル
なテクノロジー企業であり続けています。電化、自動化、デジタル化の分野を中心に世界
200カ国以上で事業を展開しています。シーメンスはエネルギー効率に優れた省資源技術
を世界でもっとも多く提供している企業のひとつであり、海洋風力発電の建造では世界一、
コンバインドサイクル発電では主要サプライヤー、送電ソリューションでは大手プロバイダー、
そしてインフラストラクチャー・ソリューションならびに産業向け自動化ソリューションと
ソフトウェア・ソリューションのパイオニアです。さらにシーメンスは、コンピューター
断層撮影や磁気共鳴画像診断システムなどの医用画像診断装置の大手サプライヤーでもあり、
また臨床診断および臨床情報技術のリーダーでもあります。2015年9月30日を期末とする
2015年度における売上は756億ユーロ、営業利益は74億ユーロでした。2015年9月末現在の
全世界の社員数は348,000人です。シーメンスに関する詳細は www.siemens.com にて
ご覧いただけます。

注意:SiemensおよびSiemensのロゴはSiemens AGの登録商標です。NXおよびSimcenerは、
米国およびその他の国におけるSiemens Product Lifecycle Management Software Inc.
またはその子会社の商標または登録商標です。MicrosoftはMicrosoft Corporationの
登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事