logo

接触型クレジット処理端末の最新EMVレベル2カーネル実装から認証サービスを開始

ポジティブワンは、2016年9月28日、接触型クレジット処理端末の最新EMVレベル2カーネル実装からType Approvalをどこよりも早くできるワンソリューションサービスをご提案いたします。

ポジティブワンは、接触型EMVリーダのEMVCo仕様に対応したレベル2カーネル実装からType Approvalまでのワンストップソリューションをご提案いたします。JCB、MasterCard、VISA、American Express、Union Pay、Discoverのすべてのブランドをカバーすることが可能です。

接触型EMVリーダのEMVCo仕様に対応したレベル2カーネル実装において、認証の準備ができた「ターンキー」のソフトウェアソリューションを提供します。このソリューションは、完全に厳密なANSI Cで書かれており、階層化アプローチによって設計されています。

EMVレベル2カーネルの特徴と実装
EMVカーネルは、ターミナルアプリケーションに渡って不変である支払システムの一部を含んでいます。EMVカーネルライブラリは、EMV取引処理インテリジェンスと、カーネルがTLVデータ構造を扱い、メモリを管理し、そして暗号操作を実行するために必要な低レベルの機能の両方を実装します。EMVカーネルライブラリは、EMV取引フローを実装し、ターミナルによってサポートされるアプリケーションのリスト、スキーム公開鍵、発行者CRL等のようなデータを検索することにより、ターミナルアプリケーションとハードウェア抽象化レイヤ(HAL: Hardware Abstraction Layer)とやり取りをします。カーネルは設定可能で、EMVCo によって公開されるすべての特性をサポートします。

共通カーネルモジュールの実装
共通カーネルモジュールは、ターミナルアプリケーションとカーネルライブラリの実装によって使用される関数のセットを含んでいます。ユーティリティライブラリの機能がいくつかのデータオブジェクトの扱いを簡略化し、異なるフォーマットのデータ(例えば、APDUヘッダやTLVデータオブジェクト)を操作するための簡単なインタフェースを提供し、異なるフォーマットのデータを渡します。ユーティリティライブラリの機能は、あるフォーマットから他のフォーマットへデータを変換するための機能の提供もします。

認証前のデバッグはEMVCoで認定されたツールを利用
EMVレベル2カーネル、共通カーネルモジュールの実装時、EMVCoから認証されたツールでデバッグを行います。

認証サービス
EMV Contact Level1の認証を受けた場合、ボードに有効なEMV Contact Terminal Level 1 LoAがあれば、提携先ラボのデバッグセクションからType Approvalまでワンソリューションを完全にサポートいたします。また、スピードをあげるために、特急のサービスもご用意させていただきます。

その他、オプション
・ EMV Contact Level1ソフトウエア実装のデバッグセクションやType Approvalセクションを行うことも可能です。
・ JCB、MasterCard、VISA、American Express、Union Pay、DiscoverのすべてのブランドをカバーしたEMV Contact Leve2のテストデバッグを行うことも可能です。
・ EMV Contactless Level1およびEMV Contactless Level2については、別途お問合せください。

【NFCやEMVCOに関連するソリューション】
リンク

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
URL リンク

ポジティブワン株式会社は、最先端技術と時代を先読みしたエンベデッドソリューションをご提供します。そのために海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できるOEMハードウェアや世界標準ISO等に準拠する品質向上のためのツールをご提供します。さらに、システムコンサルティング、エンベデッドからPC、スマートフォン、サーバーを含んだハードウェアからソフトウェアまでのシステム受託開発など、皆様のプロジェクト成功のためのご支援をいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
TEL:03-3256-3933 FAX:03-4360-5301

このプレスリリースの付帯情報

EMV conact level2のソフトウエア開発

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。