logo

主婦の8割が「電気の『発電方法』を知りたい」 「選べるならクリーンエネルギーを」が7割以上


【東京-2016年9月28日】-昭和シェル石油の100%子会社で太陽電池メーカー大手のソーラーフロンティア株式会社(代表取締役社長:平野敦彦、本社:東京都港区)は、家庭向けの電力自由化から10月で半年を迎えるのに当たり、全国の20-60代の主婦約1,000名を対象に「電力や発電方法に関する意識調査」を行いました。

2016年4月に開始した家庭向けの電力自由化は、消費者が電力の選び方を意識するきっかけとなりましたが、火力、原子力、太陽光などどのような種類の発電所でつくられた電力かを知らせる『発電方法』については公開が望ましいとされながらも、道半ばです。今回の調査では、多くの主婦たちは食品を買うときに産地を気にするのと同じように、電力の“産地”も気になっており、発電方法が公開されたらクリーンエネルギーを中心に選びたいと思っていることが分かりました。

調査結果サマリー
■電力自由化で今後さらに広がって欲しい選択肢は、1位「料金プラン」、2位「電力会社」に続き、 3位「クリーンエネルギーを使用した電力が選べること」。
■電気の発電方法(どのような種類の発電所でつくられた電力か)を知りたい主婦は約8割。
■発電方法を気にしたことがある主婦は3割強。東日本大震災や電力自由化がきっかけに。
■主婦の約8割は、欧州のように電力会社に発電方法の公開を義務付けて欲しいと思っている。
■もし発電方法が公開されたら選びたい電力は、太陽光、水力、風力などクリーンエネルギーが7割超え。
■太陽光発電で動いたら良いなと思う家電は「冷蔵庫」「エアコン」「照明」家の中のモノが何でも太陽光で動く「太陽光 of things」が理想?!
■タイプ別で見ると、インドア派、iPhone派、Web/SNS派はクリーンエネルギー志向が高い傾向に。

※結果詳細はプレスリリースをご覧下さい。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事