logo

「おいで~な 滋賀マルシェin 東京国立博物館」を開催!

滋賀県 2016年09月28日 13時35分
From 共同通信PRワイヤー

2016年9月28日

滋賀県 農政水産部食のブランド推進課

特別展「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺(らくやじ)の大観音とみほとけたち」との連動企画
「おいで~な 滋賀マルシェin 東京国立博物館」を開催!
~館内レストランにて特別展限定メニューの提供、住職による記念講演会も~

 滋賀県は、上野にある東京国立博物館で開催中の滋賀ゆかりの特別展「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺(らくやじ)の大観音とみほとけたち」(9/13~12/11)にあわせて、特産品の販売や観光PRをおこなうイベント「おいで~な 滋賀マルシェin東京国立博物館」を、平成28年10月1日(土)と2日(日)の両日にわたり、博物館内にある本館前広場にて開催します。

 「おいで~な 滋賀マルシェ」は、長浜市、近江八幡市、甲賀市、滋賀県の観光物産PRブースや特産品・県産農畜水産物・加工品等の生産者による直売ブースが多数出店されます。比叡ゆばや赤こんにゃく、お茶をつかった“スイーツ”などの産品、新鮮な地場野菜や獲れたての新米など、キッチンカーでは近江牛の“焼きしゃぶ”やセタシジミの“しじみ汁”、小鮎の“天ぷら”など、滋賀県ならではのメニューを「キャッフィー」や「みずかがみん」といったゆるキャラたちと一緒に販売します。
 また、10月2日は、櫟野寺の三浦住職による「近江の仏教文化と櫟野寺」と題した記念講演会を実施するほか、特別展の開催期間中は館内にあるホテルオークラレストラン「ゆりの木」において、滋賀県の食材をふんだんに使った特別展限定メニュー「滋賀御膳」が提供されます。

<「おいで~な 滋賀マルシェin東京国立博物館」の開催概要>
【開催時期】平成 28 年10月1 日(土)11:00~17:00、 2日(日)10:00~17:00
【開催場所】東京国立博物館内 本館前広場(東京都台東区上野公園13-9)
      ※来場いただくには、博物館への入場料が必要です。
【内 容】
1.長浜市、近江八幡市、甲賀市、滋賀県による観光物産PRブース
2.マルシェ(特産品や県産農畜水産物、加工品の販売)
販売商品:近江の茶、近江米、湖魚、近江牛、青果、お菓子など
販売者:県内の生産者団体、ゆめぷらざ滋賀(滋賀県東京観光物産情報センター)など 8事業者
販売ブース:テント6張り(11 ブース)、キッチンカー2台
※マルシェでお買い物頂いた方を対象にアンケートを行い、お答えいただいた方には、滋賀の特産品が当たる抽選会を行います。
※「キャッフィ―」や「みずかがみん」などのゆるキャラも登場。

●講演会「近江の仏教文化と櫟野寺」概要
日時:平成 28 年10月2 日(日)13:30~(当日受付)
場所:東京国立博物館平成館大講堂
講師:櫟野寺・住職・三浦密照師、
   滋賀県教育委員会文化財保護課・主幹・井上優氏
 
●特別展限定メニュー「滋賀御膳」~ホテルオークラレストラン「ゆりの木」概要
びわます、小鮎、とよ坊かぼちゃん、日野菜漬、赤こんにゃくと滋賀の食材を生かした御膳をご用意いたしました。
期間:平成 28 年9月22 日(木)~特別展会期中(予定)
場所:レストラン「ゆりの木」東京国立博物館東洋館内
料金:数量限定1900円(税込2052円)

<特別展「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」の概要>
本展は、甲賀市にある天台宗の古刹、櫟野寺(らくやじ)に安置されている重要文化財、平安時代の仏像20体すべてを寺外で展示する初めての機会となります。本尊の十一面観音菩薩坐像は像高が3mもある圧巻の作品で、普段は大きく重い扉に閉ざされる秘仏です。櫟野寺に伝わる平安彫刻の傑作を一時にご覧いただける貴重な展覧会です。
会期:平成28年9月13日(火)~12月11日(日)
   *月曜日休館 ※ただし、10月10日(月・祝)は開館、10月11日(火)は休館
問合せ:03-5777-8600(ハローダイヤル) リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。